老眼で読書が辛い人にはAudibleがおすすめ

老眼の人は読書をすることが辛くて悩んでいませんか。小さい字を見続けることは目が疲れますし、肩が凝ったり頭痛の原因になることがあります。本を読んで読書するのではなく、文章の朗読を聞いて読書をするオーディオブックなら、快適に読書をすることができるかもしれません。

オーディオブックは文章を目で読むのではなく、俳優や声優などが朗読した文章を聞いて読書をするもので、紙の本にはない利点があります。本を持たないので腕や肩が疲れることもありませんし、目も疲れません。聞くことはどんな姿勢でもできるので、同じ姿勢を長時間続ける必要はなく、体力が低下した方や高齢者にもおすすめのものです。

この記事では、老眼で読書に悩んでいる方に向けて、オーディオブックを販売するAudibleを紹介します。快適な読書をすることに役に立つとうれしいです。

 

1.老眼の人にAudibleがおすすめの理由

老眼の人にとって読書が辛い理由は、小さい字を読むことが辛いこと、本を持ったり同じ姿勢を維持することが辛いことなどでしょう。Audibleはこれらを解決することができるかもしません。

1-1.目が疲れない

Audibleでは、文字を読むことで読書するのではなく、朗読を聞くことで読書をするので、目が疲れたり老眼が問題になることはありません。

高齢化社会が進むにしたがって老眼の人が増えていますが、紙で出版される本には老眼の人に向けて文字が大きく印刷されたものは少ないですし、あっても価格が通常のものよりも高いことがあります。これらの本を探すよりは、Audibleを試すことをおすすめします。

 

1-2.肩がこらない

若い人でも長時間、本を持ち続けたり同じ姿勢をとることは辛いですが、老眼の人はさらに苦しいでしょう。30代の私でも少し重めの本を持ち続けることは辛いです。

朗読を聞いて読書をするAudibleでは本を持つ必要はありませんし、同じ姿勢を取り続けることもありません。長時間、本を読むときは寝転がって読むでしょうが、体重を腕で支えると肩がこります。Audibleなら横になっても仰向けになっても朗読を聞くことができるので、肩が凝りません。

 

1-3.耳に刺激を入れることができる

多くの人はそうですが、人間は目で見て物事を把握したり理解することが多く、耳を十分に使っていないように思います。耳で朗読を聞くAudibleなら、新しい刺激になるかもしれません。

 

2.Audibleでおすすめのコンテンツ

Audibleで利用するコンテンツに関しては、紙の本で好きなジャンルと同じものを選ぶべきで、紙の本で好きではないジャンルはオーディオブックで聞いても好きになりません。

どの本を読む場合でも、俳優や声優などプロが朗読しているコンテンツを選ぶことをおすすめします。プロの朗読を聞くことは心地いいものです。

 

3.おわりに

読書をすることは楽しいですし、老眼で読書をしなくなるのはもったいないことでもあります。Audibleなら老眼になっていても、体力が低下していても読書をすることができるのでおすすめです。日本では朗読を聞いて読書をするサービスはあまり普及していませんが、新しい習慣としてAudibleを始めていかがですか。

Audibleでは無料体験をすることができますので、無料で朗読を体験してみて、気に入らなければやめるといいでしょう。無料体験期間中に解約すると、料金が請求されることもありません。

Audibleを聞く際にはパソコンではなくタブレットを使うことをおすすめします。パソコンの前に長時間座ってAudibleを聞くことは疲れますが、タブレットならどこにでも持ち運ぶことができます。また、タブレットは画面が大きいので、スマートフォンよりも使いやすこともポイントです。
Audibleの再生に関しては、ボタンがいくつかあるだけで操作は簡単です。パソコンに詳しくなくても大丈夫でしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です