主婦や母親が料理の時間や手間を節約する方法。料理しないご飯

家庭の主婦や母親は、料理や食事にかかる時間や手間を減らす方法に興味がありませんか。食事の内容を工夫するだけで、無理なく楽や時短をすることができます。

私の家では何年も前から、自分の朝食は自分で用意するようにしています。子供でもできる簡単な朝食ですが、十分な栄養をとることができるものですし、飽きないように工夫がされています。

この記事では、家庭の主婦や母親が料理にかかる時間や手間を減らす方法を紹介します。

 

 

料理の時間や手間を減らす方法

ポイントは家族が自分の食事を自分で用意することができるようにすることと、そもそも料理をしないことです。食事をしないという方法もありますが、子供や配偶者がいる家庭では現実的ではないでしょう。

 

朝食の具体例

主食:食パンやグラノーラ、シリアル
おかず:ウィンナーやベーコンを電子レンジで温めたもの
スープ:インスタントのコーンスープやみそ汁
その他:ヨーグルトか果物

これは私の家で実際に食べている朝食の例です。食パンにはマーガリンとジャムを塗りますが、ジャムにはイチゴやマーマレード、チョコレート、ピーナッツを用意してあるので、食パンを毎日食べても飽きることがありません。
グラノーラやシリアルを食べることもありますが、1種類ではなく3種類くらい置いておくと飽きません。複数のグラノーラを開封すると賞味期限が心配になるかもしれませんが、冷蔵庫に入れておくと十分に長持ちします。
ウィンナーやハムは電子レンジで温めるだけでよいので自分で用意することができます。小学生の子供が電子レンジを使う場合でも、親の目の前で使うなら危険はありません。

私はこの朝食を何年か続けていますが飽きませんし、ホテルの朝食みたいで気に入っています。
オレンジジュースがあると完璧なんですが(^^)。子供はジャムを塗った甘いパンやグラノーラ、シリアルが好きでしょうから、この食事を気に入るでしょう。シリアルにはビタミンなどの栄養成分が添加されているものもあり、下手にご飯を食べるよりは栄養の点で優れているかもしれません。

この朝食の内容なら、子供や配偶者でも自分で食べるものを自分で用意することができるので、主婦や母親の手間を減らすことができます。朝からみそ汁や卵焼きなどを作る必要はありません。たとえ一品だけでも料理をすると時間や手間がかかりますが、この方法では全く料理をしません。

夕食の具体例

主食:ご飯、レトルトのカレー
スープ:コーンスープやみそ汁
その他:ヨーグルトやチーズなど

レトルトカレーを使うと料理をする手間がかかりません。スーパーなどで販売されているレトルトカレーは同じような物でありすぐに飽きてしまうでしょうが、無印良品などには20種類くらいのレトルトカレーが置いてあるので飽きないでしょう。私はカレーが好きでよく食べますが、今でも食べたことがないカレーが無印良品には販売されています。子供はカレーが好きなので試してみてください。なお、無印良品には他の珍しいレトルト食品が販売されているので、試してみるといいでしょう。Amazonにも多くの珍しいカレーが販売されています。

この方法は毎日の夕食で使えるものではありませんが、1か月に数回なら使えるのではないでしょうか。カレーだけでなく他のレトルト食品と組み合わせると、主婦や母親が1週間に一度は夕食の料理をしなくていい日を作れるはずです。

ハンバーガーなどの方法もありますが、ハンバーガーよりはカレーのほうが健康的だとおもいます。また、レトルトカレーはハンバーガーより安いです。

 

おわりに

主婦や母親は料理や食事の世話をする必要があると考えているでしょうが、実際には必要ないか、大幅にその量を減らすことができるかもしれません。食事の内容を工夫すると、主婦や母親は楽をすることができまし、家族は普段と違う食事を楽しむことができます。

この記事では紹介しませんでしたが、ドイツの夕食では火を使った料理をしないそうです。これを参考にすると、料理をしない夕食のレパートリーが広がるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です