落ち葉の掃除を楽しく効率的にする方法

秋の季節や台風が通過した後は、落ち葉の掃除をする必要があります。落ち葉の掃除や落ち葉拾いは面倒な作業に見えますが、効率的な方法を知っていると作業効率がよくなり、楽しくすることもできます。

この記事では、落ち葉の掃除を効率的に行う方法を紹介します。

1.晴れた日が続いたときに落ち葉を掃除する

台風が通過したり雨が降った後の落ち葉は水分を吸収して、動かすことが難しくなります。乾燥した落ち葉が掃除に適しているので、晴れた日が続いた後に落ち葉の掃除をすることをおすすめします。秋の終わりのほうで冬に近くなると雨も多くなるので、秋の早い段階で行うのがいいでしょう。

 

2.適切な道具を使う

落ち葉を掃除するときには竹ぼうきを使うことをおすすめします。家の掃除に使う普通のほうきでもすることはできますが、竹ぼうきを使ったほうが効率が良くなります。

ほうきがない場合は手で落ち葉をすくいあげて掃除することになるでしょうが、手でした場合と竹ぼうきを使った場合では作業効率に数倍の差があります。落ち葉の掃除をする土地の広さによりますが、ある程度の広さがある場合には竹ぼうきを買うことをおすすめします。作業時間が短くなるので購入費用の分の価値があります。竹ほうきはホームセンターで売っていてそれほど高くありません。

 

3.長時間の作業をすると疲れて効率が悪くなる

落ち葉の掃除は土から根を引き抜く作業である草むしりほど疲れるものではありませんが、2時間も作業をすれば腰も疲れて集中力も低下します。例えば、1人が作業を4時間する場合と2人が作業を2時間する場合には作業時間の合計は同じになりますが、2人でしたほうが疲労による作業効率の低下がないために、より多くの作業量をすることができます。1人で作業をする場合には、1度に長時間するのではなく、短い時間の作業を数日間で行うといいでしょう。

 

4.目に見える範囲の掃除を優先する

落ち葉の掃除をしても葉は落ち続けますし、全ての落ち葉を取り除くことは現実的ではありません。時間に余裕がある場合を除いて、玄関などの外見にかかわるところを優先的にするといいでしょう。また玉石が敷き詰められているところも、石の色と落ち葉の色の組み合わせで落ち葉が目立つので優先するべきところです。

落ち葉の掃除全体にいえることですが、家や庭に少しの量の落ち葉があっても十分にきれいに見えます。時々、全体を見ながら目立つところの落ち葉の掃除をすることをおすすめします。

 

おわりに

落ち葉の掃除は誰にでもできる簡単なことですが、適切な方法を知っていると作業効率が高まりますし、効率がいいと楽しい作業になります。

草むしりにも共通することですが、家や庭の見た目のことを考えると、一度でまとめて落ち葉を掃除するよりも短い時間でこまめに掃除をしたほうがいいでしょう。疲労による作業効率の低下を防ぐだけでなく、1回目の掃除で気づかなかったことも2回目の掃除の際に気づくことがあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です