草むしりや落ち葉拾いの蚊の対策

草むしりや落ち葉拾いをするときに、蚊に刺されないようにする方法に興味がありませんか。

私は草むしりや落ち葉拾いを何回も経験していますが、作業で苦しむ大きな原因の一つは蚊であり、蚊から逃げながら作業をすることは不快で効率も悪くなります。しかし、何回も草むしりや落ち葉拾いをしているので、蚊の対策も知っています。

この記事では、私が草むしりや落ち葉拾いでする蚊の対策を紹介します。

 

 

草むしりや落ち葉拾いでの蚊の対策

蚊に刺されにくい服装をする

草むしりや落ち葉拾いをするときの作業服には長袖と長ズボンが必要です。長ズボンについては生地が厚いものをおすすめします。生地がある程度厚い服を着ていると蚊に刺されることを防ぐことができるので、私は夏などの暑い時期であっても、ポリエステル100%で冬用のズボンを履いて作業をすることにしています。もし気温があまり高くない場合には、下着のシャツも長袖のものにするといいでしょう。首は服で覆うことができないので、襟がついた服を着るか防虫スプレーを使うしかありません。

服の色に関しては、蚊に刺されにくいものもあるかもしれませんが、私は服の色が蚊の対策になるとは思いません。それよりは生地が厚い服を着たほうがいいでしょう。

草むしりのときだけでなく落ち葉拾いのときでも、蚊の対策として手袋が必要です。顔の周りに近寄ってくる蚊に関しては、音が聞こえるのでこちらも気づくことができますが、手を狙う蚊まではわかりません。

靴下の中にズボンを入れると蚊に対する対策になるでしょうが、格好が少し悪くなりますので、私はやっていません。

 

防虫スプレーや殺虫スプレーを使用する

蚊に有効な防虫スプレーを使うという選択肢もあります。肌が弱い人は肌にスプレーをかけるのではなく、服の一部にかけたりするだけでも効果があるかもしれません。草むしりをしていると長袖と長ズボンを履いていますが、顔と首だけは露出しています。この場合は、帽子や首の周りの服に防虫スプレーをかけるといいでしょう。

草むしりや落ち葉拾いに殺虫スプレーを持っていくこともできます。蚊が多くいても無限にいるわけではないですから、ある程度の数を処理できれば快適に作業することができます。もし殺虫スプレーを持っていくなら、大きめのものをおすすめします。量が多ければ遠慮なく使うことができますし、携帯用の殺虫スプレーは量の割に値段が高いように感じます。

防虫スプレー以外の選択肢としては蚊取り線香がありますが、野外で火を使うことは危ないですし、風がふいていると効果を期待することはできません。また、蚊取り線香は家の玄関や窓などの特定のエリアに蚊が入らないようにするだけであり、草むしりや落ち葉拾いのように作業場所を頻繁に変えるときには役に立たないでしょう。

あまり草むしりや外出をしない方は防虫スプレーを持っていないかもしれませんが、蚊に刺されてかゆい思いをするのはつらいですし、かゆみ止めを買うよりは防虫スプレーを使うことをおすすめします。

 

雨の日の翌日は作業をしない

雨の日の翌日は蚊が多く発生するので、翌日に作業をしないことが蚊の対策になります。雨の日の翌日には土が雨で柔らかくなるので草むしりをすることが簡単になりますが、蚊も多くなります。私なら蚊の対策のほうを優先するので、雨の日の翌日は草むしりや落ち葉拾いをしません。

なお落ち葉拾いに関しては、雨の翌日の日にするべき理由はありません。落ち葉が湿っていると集めることが難しくなります。秋などの季節になって台風が通過した後は、落ち葉を掃除したり草むしりもしたくなりますが、数日待ってから作業をすることをおすすめします。

 

おわりに

草むしりや落ち葉拾いのときに、蚊が多少いるのは仕方ありませんが、あまりにも蚊が多いと作業どころではなくなります。私は多くの草むしりや落ち葉拾いを経験していますが、あるときは蚊が多すぎて蚊から逃げ回りながら作業をしたので、満足な作業はできませんでした。蚊の対策をしっかりしてから作業することをおすすめします。

蚊が少ない時間帯に作業することも選択肢の一つですが、草が生えているところは蚊の住処のようなものであり、そこで作業をするならどの時間帯でも蚊がいるでしょうから、この記事で紹介した対策も併用してください。

2018年の夏は猛暑であり、気温が高すぎて蚊が少ないとされていましたが、秋には平年よりも蚊が多くなっているように感じます。夏に発生するはずだった蚊が秋に発生しているのかもしれません。2018年だけでなく、猛暑の年には秋に蚊が多くいるでしょうから、草むしりや落ち葉拾いの際には蚊の対策を忘れないでください。

2018年の夏は蚊が少ないけど、秋に発生するかも?

草むしりを早く効率的に行う方法

落ち葉の掃除を楽しく効率的にする方法


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です