足に合う靴が見つからないときの対策。自分の足にあう靴を見つける方法

自分の足に合う靴を見つけることができなくて困っていませんか?合わない靴を履いていると靴擦れや足の痛みにつながりますので、自分の足にあった靴を探す方法が必要です。

自分の足にあった靴が見つからない人は、普段履いている靴と違うものを試すことがおすすめです。違った靴を試すと、自分の足に合った靴を見つけることができるかもしれません。

この記事では、自分の足に合う靴を見つける方法を紹介します。自分の足に合う靴を見つけることができない人は参考にしてみてください。

足に合う靴を見つける方法

1.男性物の靴を履いてみる(女性限定)

これは女性だけに使える方法ですが、女性で足に合う靴を見つけることができない場合には、男性物の靴を試してみてください。

男性と女性は足の幅などの骨格が違うので、男性物の靴は女性物の靴と違った形をしています。女性物の靴が合わない女性は、男性物の靴なら合うかもしれません。

男性物の靴でも条件があえば、女性も履くことができます。
例えば、ランニングシューズやウォーキングシューズでは男性物と女性物でデザインに差はありませんし、白色や赤色の靴なら女性でも履くことができます。

 

2.海外ブランドや外国人用の靴を履いてみる

日本人と外国人の足の骨格は違いますから、日本人向けの靴が合わない人は外国人向けの靴を試してみてください。外国のブランドには多くありますが、アメリカ人の骨格は日本人のものより大きいですから、アメリカのブランドの靴を試すといいでしょう。品ぞろえも豊富です。

例えば、ランニングシューズのメーカーであるミズノは日本の会社ですし、Adidasはドイツの会社ですから、それぞれの靴の形は微妙に違います。どちらの靴を履くかは個人の好みですが、どちらか一方の靴だけが合う人もいます。

日本人の足のタイプはいくつかにわかれていて、海外のブランドのランニングシューズが合う人もいますし、日本のブランドのランニングシューズが合う人もいます。どちらが合うかは試してみないとわかりません。

 

3.ブランドを変えてみる

日本のブランドにこだわる人もいるでしょう。その場合には、日本のブランドで別のメーカーの靴を履いてみてください。メーカーによって靴の作りが違うので、メーカーを変えるだけでいい靴が見つかるかもしれません。

 

4.ランニングシューズを履いてみる

ランニングでは足が靴にぶつかりますから、靴の素材には足への負担が小さいものが使われていますし、靴の幅も広めに設計されているものがあります。自分の足に合う靴を見つけることができない人は、ランニングシューズを探してみてください。

ウォーキングシューズでもいいと思うかもしれませんが、ランニングシューズはウォーキングシューズより足の負担が小さくなるように設計されています。ランニングはウォーキングより足の負担が大きいからです。

例えば、ランニングシューズに使われているクッションは普通の靴より高性能なものが使われています。また、初心者用のランニングシューズは上級者用のランニングシューズよりクッションが厚くなっていて、衝撃を吸収することに優れています。

靴とは違いますが、足の問題に対処するためのランニングアイテムもありますから、ランニングアイテムを探してみることもおすすめです。

 

5.普段より高めの靴を履いてみる

普段の靴より高い値段の靴を履いてみることもおすすめです。高い靴には良い素材が使われていたり、足へのあたりが柔らかい素材が使われていることがあります。靴のデザインが同じでも、靴の素材によって足への負担が違います。

 

おわりに

自分の足に合った靴を見つけることができない人は、今までと違う方法を試してみてください。違う選択肢を試すと違った結果を得ることができます。

女性の場合は職業にもよりますが、ハイヒールやパンプスよりランニングシューズなどを履くほうがおすすめです。歩きやすくて足への負担も小さいですし、靴の寿命も長いです。ハイヒールなどにこだわらなければ、靴の選択肢はかなり広がります。

 

爪が内出血するとき

趣味でランニングする人は足の爪が内出血することがあります。この理由は足の爪がランニングシューズにぶつかるからです。

私は趣味でランニングをしているので、爪の内出血を経験しています。その対策で有効だったものは大きめのランニングシューズを履くこと、今までと違うブランドのランニングシューズを履くことでした。

ランニングをしない人でも同じように内出血することがあるかもしれません。サイズやブランドを変えてみてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です