家事や生活で時短する方法

社会人の方や主婦の方は、生活や家事に時間がかかりすぎて困っていませんか。ほとんどの方は自分なりの工夫で時間を節約しているでしょうが、自分で考えることには限界もあります。

この記事では、私が使っている生活や家事で時短をする方法を紹介します。この中の1つでも、他の方に役に立つとうれしいです。

生活や家事で時間を節約する方法

1.お金の管理を簡単にして、時間を節約する

1-1.1つの口座で入金と支払を行う

クレジットカードを登録した銀行口座を1つ作っておき、その口座で全ての入出金をするとお金の管理が簡単になります。例えば、給料の振りこみ、ガスや電気などの公共料金の支払い、普段のスーパーでの買い物や生活費の支払いなどを全て1つの口座で完結することです。給料が振り込まれる限りはマイナスになることはありませんし、他の口座からお金を移す必要もありません。

複数の口座を持っていて、支払いのカテゴリーで口座を使い分ける人もいますが、複数の口座をチェックすることは面倒ですし、時間を節約することはできません。

1-2.クレジットカードを使うと、管理が簡単になる

オンラインバンキングでクレジットカードの支払い履歴を見ることができるので、公共料金などの支払いだけでなく、スーパーでの支払いもクレジットカードですることをおすすめします。家計簿をつけたり生活費を管理することも簡単ですし、レシートを管理する必要もありません。

1-3.ATMを使うのは1か月に1回にする

私は1つの口座で支払いを管理するようにしています。月に1回程度はATMで現金を引き出すこともありますが、ATMを使わない月もあります。

1-4.インターネットで口座のチェックをする

口座の引き落としをチェックするだけなら、オンラインバンキングだけで十分ですし、銀行の窓口やATMを利用する必要はありません。

月末などに家計簿をつける際も、時間をかけてレシートを探したりノートに記入するより、パソコンでオンラインバンキングの履歴を見たほうが早いです。

 

2.時短のためにお金を使う

お金を使うと時間を買うことができるので、時間を節約することができます。お金を節約することは大事ですが、時間を買うことを選択肢に入れると、より効率的な人生になります。

2-1.節約を見直す

若いときには収入が少なかったでしょうから、数千円の節約をするために時間や手間をかけたことがあるでしょう。しかし、収入が増えたり結婚して可処分所得が増えた場合には、数千円の節約に意味がなくなることがあります。

私は学生の頃にはお金がなかったので、パソコンの道具を買うにしても近所の電気屋を見て回ることで数百円の節約をしていましたが、ある程度の年齢になってからはそれをすることをやめました。数百円の節約のために、1時間以上をかけるのは不合理だと悟ったからです。

2-2.便利な道具を使う

便利な道具を使うと家事の時間を節約することができます。
例えば、衣類の乾燥機を使うと洗濯物を干す手間を省くことができますし、冬の時期にコインランドリーの衣類の乾燥機を使いに行くよりも時間を節約することができます。衣類の乾燥器の電気代に関しては機種や洗濯物の量にもよりますが、一月あたり1000円~2000円程度ですみますので、あまり問題になりません。

2-3.自炊をやめる

節約の定番は自炊することですが、時間の節約の点からすると効率が悪くなることがあります。数人分を作るなら十分に合理性がありますが、1人分の食事を作るために自炊をしてもお金の節約になりませんし、時間の節約の観点からは意味がありません。

 

3.毎日、少しの雑用をする

少しの仕事であっても、それが毎日積もっていくと大きな量になります。少しの空き時間を利用して雑用をすると、仕事がたまることを防ぐことができます。おすすめの雑用は書類や新聞紙の廃棄、家計簿の記入、簡単な掃除機かけなどです。

私は職場で、書類にシュレッダーをかけるのが面倒で廃棄するべき書類を貯めこんだことがあります。その職場を離れる際にまとめてシュレッダーにかけましたが、毎日30分ほどはシュレッダーをかける日が2週間程度は続きました。仕事を貯めこむのではなく、毎日1分間だけシュレッダーをかけるべきでした。

私が考える無駄なものの1つが年末年始の掃除です。家族全員で掃除をしても、掃除をする人の動線が重なって邪魔になりますし、普段掃除をしないところを掃除する必要はありません。

 

おわりに

時短を考える際には、生活や家事の品質を下げることも1つのポイントです。必要以上に高い質の仕事をすると時間と効果のバランスをとることができませんから、手を抜くことも大事なことです。許容できる範囲を探すには、少し短めの時間制限を設けて、少しだけ仕事の手を抜いてみることをおすすめします。それでうまくいくなら、仕事の質を下げていもいいでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です