トイレの便座がずれる、動くのを直す方法

洋式トイレの便座がずれませんか?洋式トイレの便座のずれは自分で修理できます。業者に依頼する必要はありません。

この記事では、洋式トイレの便座のずれを直す方法を紹介します。

1.便座のずれを直す方法

洋式便座の下にはねじがありますが、このねじが便座と便器を固定しています。便座がずれる原因は、このねじが緩んでいるからです。このねじを締め直せば、便座のずれを解決できます。

私の家の洋式トイレのねじはプラスチック製でしたから、手で締め直すことができました。ドライバーを使う必要がなく、1度覚えたら簡単です。

ねじは便座の下にあるので締めにくいですし、力がいるので女性には難しいかもしれません。家に男性がいるなら、男性に任せるのがおすすめです。

家族がいる場合には、便座のずれの直し方を教えてあげてください。私の家族は誰も便座のずれの直し方を知りませんでした。便座がずれるのは不便ですが、我慢して使っていたみたいです。

私は1983年生まれですが、便座のずれを直したことはありませんでした。ほとんどの人は便座のずれを直す方法を知らないでしょう。

 

2.便座がずれる原因

トイレの便座には体重がかかるので、それを支えるねじが緩むのは仕方ないです。しかし、他にも便座がずれやすくなる原因があります。

洋式トイレに座る際に、腰かけるのではなく便座に乗っかるようにして座る人がいます。このタイプの人は便座に全体重がかかるので、ねじが緩みやすくなります。

私は子供の頃からの癖で、洋式トイレに乗っかるように座ります。家族には内緒ですが、家のトイレの便座がずれやすいのは私のせいかもしれません(笑)

 

3.便座のずれに接着剤を使わない

トイレの便座を固定するのに接着剤を使う方法もありますが、この方法はやめるべきです。接着剤の力はそれほど強くないので、体重を支えることはできません。ねじを締め直すほうがおすすめです。

便座を固定するねじが寿命になっている場合には、ねじだけを交換する方法もあります。

 

4.おわりに

洋式トイレの便座が左右にずれて困っている人は自分で直してみてください。業者を呼ぶ必要はありません。

トイレの便座のずれを直して気づいたことですが、洋式トイレは自分でメンテナンスができるものにするべきです。洋式トイレを買う際には、自分でメンテナンスできるものを選ぶといいかもしれません。

私は洋式トイレやメーカーにこだわりはありませんが、勉強になりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です