買い物で選べないときにすぐに決める方法

インターネットでオンラインショッピングをするときは、なかなか買うものを決めることができずに悩んだことがあるでしょう。店での買い物とは異なり、インターネットでの買い物では際限なく悩むことができるので、時間を浪費したり疲れてしまうことがあります。

私は店での買い物やレストランでの食事の際にはあまり悩みませんが、アマゾンなどのオンラインショッピングでは商品の調査に時間をかけすぎることがよくありました。しかし簡単なルールを決めてからは、早く決断をすることができるようになり、買い物を楽しむことができています。

この記事では、私が買い物で素早く決断する方法を紹介します。

 

買い物で素早く決断する方法

1.悩まない金額を決めておく

買い物をする前に、悩まずに商品を購入する金額を決めておきます。例えば1000円以下の商品に関しては、欲しいと思ったらすぐに買うようにします。ほとんどの日用品の価格は1000円程度であり、普段の買い物で困ることはなくなるでしょう。もちろん、お金の使い過ぎを防ぐために、買い物の予算を決めておくことをおすすめします。

悩まない金額のルールに関しては、その人の収入や商品の種類なども考慮して決めるといいでしょう。ルールの数を少なくすると簡単になります。例えば日用品に関しては1000円、服に関しては3000円などです。

買ったものに満足しなかった場合には、勝ったことを後悔するかもしれません。私の場合には、1000円程度であればあまり気になりません。数千円だとしばらく鬱になりますが。自分が失敗しても許せる金額も考えて、悩まずに購入する金額を決めるといいでしょう。

 

2.悩む時間を決めておく

商品を買う前に悩む時間を決めておくと、決断を早く行うことができるようになります。この方法は買おうとしている商品の候補に明確な優劣がない場合に有効です。意外に思うかもしれませんが、商品に明確な優劣がない場合には、どちらを買っても結果は同じです。

例えば、アマゾンで高い評価を得ている複数の商品から一つを選ぶときには、どれを選んでも同じように満足します。この理由は、買い物では正解が一つに限られているわけではなくどれも正解だからです。

 

3.この方法に慣れる

この方法を身につけると買い物が楽になりますが、慣れる必要があります。日記や手帳などにメモしておいて、次回の買い物でこの方法を試すといいでしょう。

 

私の経験

私はよくアマゾンで買い物をしますが、ネットには商品に関する多くの情報やレビューがあるので、できる限り多くの情報を集めようとして疲れきってしまったことがあります。

例えば、1000円程度のマウスを買った際には、調査に数時間をかけてしまいました。アマゾンには同じような評価の商品が複数あり、どれも明確な優劣がなかったので選ぶことができなかったのです。
最終的にはマウスを購入することができましたが、数時間の調査による疲れと、決断をすることができないもどかしさが残りました。楽しいはずの買い物が、楽しくありませんでした。

私はこのときの経験から、1000円以下のものに関しては30分以内に決断するようにしました。その結果、悩むことがなくなり買い物を楽しめるようになりましたし、素早く決断することができる自分に満足するようになりました。時間や調査の労力を節約する効果もありましたが、自分に満足することができたことが一番の成果です。

 

おわりに

次にインターネットショッピングやランチを食べる際に、この方法を試してみてください。1000円程度のことに関して悩まないことにするだけで、大きな効果があります。

高いものを買うときや、保険などの月ごとの費用が発生するものに関しては、好きなだけ悩むといいでしょう。それらには悩むだけの価値があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です