耳を動かす方法や練習方法。練習すると誰でも耳を動かせるようになる

耳を動かすことに興味がありませんか。耳を動かすには特別な才能や神経は必要ではなく、練習すれば誰でも耳を動かせるようになります。

私は高校生まで耳を動かすことができませんでしたが、耳を動かす練習をしたところ、耳を動かすことができるようになりました。練習をすると、子供だけでなく成人も耳を動かすことができるようになります。

この記事では、耳を動かすことができない人に、耳を動かす方法や練習方法を紹介します。耳を動かすことができても役に立ちませんが。

耳を動かす練習方法

驚いたように目を急に大きく見開く

耳をまったく動かすことができない人でも、驚いたときのように目を大きく急に見開くと耳が動きます。耳は目と近い位置になるので、目を大きく見開くと耳が目や眉につられて動くからです。

目を大きく見開くときに、眉毛も動かしてください。目だけを大きく見開いても、耳がつられて動かないからです。

この動きを何回も繰り返すと、耳の位置や耳を動かす要領、耳を動かす筋肉(耳介筋)がわかってきます。耳を動かすことができない人は耳が動くまで、この動きを何回も根気よく繰り返してください。

耳の動きの要領をつかむと、目や眉を動かさずに耳だけを動かすことができるようになります。

 

耳を動かす筋肉

耳を動かすのに必要な筋肉は耳介筋です。人間の耳介筋は他の動物のものより退化していますが、耳を動かす程度ならできます。耳介筋の場所は耳の裏側のつけ根にある軟骨の上側です。

 

できる耳の動き

耳を動かす練習を繰り返すと、耳を動かしたり左右の耳を交互に動かすことはできます。しかし、その動きは耳をぴくぴく動かすことだけで、象のように大きく耳を開いたり、耳を閉じるような動きはできません。

この理由は人間に備わっている耳介筋が少ないからです。耳を動かすトレーニングを重ねても、動物ほど器用に耳を動かすことはできません。それでも、他の人が見るとわかるくらいには耳を動かせるようになります。

私は左右の耳を別々に動かすことができますし、他の人が分かるくらいの動きはできます。私は眼鏡をかけていますから、耳を動かすと眼鏡も一緒に動きます(笑)

 

耳を動かすのに才能や運動神経は必要?

私は高校生の頃、この練習法で耳を動かせるようになりました。高校生の年齢では、神経を新しく発達させることはほとんどできません。

それでも耳を動かすことができるようになったということは、耳を動かすのに特別な神経や才能は必要でないということです。練習をすると、子供だけでなく成人も耳を動かすことができるようになります。

私は運動神経もあまりよくありません。

 

おわりに

練習の期間は個人差がありますが、1週間もかからないでしょう。驚いたように何度も目を大きく急に見開くと疲れるので、短い練習を1週間程度してみてください。

目を大きく急に見開く動作を数日間続けても、耳をまったく動かすことができない人には、この練習法は効果がないかもしれません。それでも気にしないでください。耳を動かすことができて得をしたことはありません(笑)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です