きれいに印鑑を押す方法。印影がかすれないように押印するには

印鑑をきれいに押すにはコツと道具が必要です。この2つを守るだけで、印鑑を押すときに失敗しなくなります。

この記事では、きれいに印鑑を押す方法を紹介します。印鑑をうまく押せない人は参考にしてみてください。この記事の方法を使うと、印鑑がかすれたり斜めになることを防げます。

1.きれいに印鑑を押す方法

大事な書類に押印する前に練習する

印鑑は一度押すと消せないですから、失敗できません。大事な書類に印鑑を押す前に、他の紙で練習してください。これは印鑑を押すための準備運動と同じです。

これは朱肉をチェックするためでもあります。乾いた朱肉を使うと印影がかすれます。また、新しい朱肉だとインクが付きすぎることもあります。準備運動でうまい具合を見つけてください。

 

ゴム製の台を使う

印鑑をきれいに押すには、印鑑が紙に少しめり込む必要があります。紙の下にゴム製の台を敷いてください。高い台は不要であり、100均で売っているもので十分です。

印鑑を頻繁に押す人は、ゴム製の台を机の引き出しやカバンに入れておくようにしてください。台のサイズは数センチほどですから、邪魔になりません。私は自分の机に常備しています。

 

印鑑の外周を紙に押し付ける

印鑑を押すときによくある失敗の1つは、印影の外側がかすれてしまうことです。印鑑の外周を紙に押し付けるようにすれば、外側がかすれません。

印鑑の外周を均一に紙に押し付けるには、印鑑で円を書くように手を動かしてください。外周の一部が少し紙から浮くようにすると、圧力が強くなってきれいな外周の印影ができます。

例えば、印鑑の右側を押し付けるときには、左側が少し浮きます。

私は印鑑を紙に押し付けた状態で、印鑑を2回ほど回転します。私はこのやり方を使うようにしてから、印影の外側がかすれなくなりました。

 

印鑑を右から押す

印影が斜めになってしまう原因は、印鑑を上から下に押すからです。

これを防ぐには、印鑑を右側(利き手側)から紙に押すようにしてください。横から見ながら印鑑を押すと、最後まで斜めになりません。

 

2.おわりに

印鑑をうまく押せない人は、この記事で紹介した方法でしばらく練習してみてください。新しい方法を覚えるには、繰り返す必要があります。

印鑑をきれいに押すことができなくても、書類の効力に問題はありません。あまり神経質にならないでください。あまりにも印影がひどいなら、その隣に押印すれることができます。

私は印鑑をきれいに押す方法を、金融機関に勤めている人から教えてもらいました。金融機関の人は印鑑を押す機会が多いので、コツを知っています。金融機関に勤めている友人がいる人は、実演してもらってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です