ゴミのにおい対策でおすすめはチャック付きの袋。匂いがもれないし便利

ゴミの匂いが漏れて困っていませんか?生ごみの匂いは強いですが、チャック付きの袋を使うと簡単に対処できます。

袋から匂いがもれる原因は2つあり、空気が袋の口からもれること、袋の材質が防臭に適していないことです。適切な袋を選べば、高い防臭効果を期待できます。

この記事では、ゴミの匂いがもれない袋として、チャック付きの袋をおすすめします。匂いで困っている人は参考にしてみてください。

1.チャック付きの袋がおすすめの理由

1-1.チャックは匂いを閉じ込めるのに便利

チャックは空気をしっかりとシャットアウトできるので、匂いが漏れるのを防ぐのに役立ちます。

試しに、身近にあるチャック付きの袋で空気が閉じ込められているかを確認してみてください。空気や匂いがほとんど漏れていないはずです。

チャックがついていない袋の口を閉じても、あまり防臭効果はありません。これはわずかに空気が漏れているからです。袋の口を縛ってテープで閉じる方法もありますが、テープを使うので煩わしいです。

テープよりはチャック付きの袋を使ってください。私はいくつかの防臭の方法を試してみましたが、これが簡単でした。チャックを閉じてからテープを使う方法もあります。

 

1-2.袋の防臭効果が高い

袋の防臭効果は材質で決まります。チャックがついた袋はしっかりしているので、防臭効果が高いです。

料理で使うような袋は柔らかくて薄いので、防臭効果は低いです。薄い袋の口をしっかりと閉じることはできますが、袋から匂いがもれます。

チャック付きの袋でおすすめの材質はプラスチックですが、プラスチックにもいろいろあります。袋はしっかりしていて、指で破れないものを使ってください。破れないほどの強度がある袋は、防臭効果も高いです。

洗剤やシャンプーなどの詰め替え袋は、材質がしっかりしたプラスチックで防臭効果が高いです。似たような材質の袋を探してみてください。

 

2.おすすめの防臭袋

チャックが付いた袋にはシリアルやお菓子、サプリメントの袋などがあります。サイズはいろいろありますから、自分で試してみてください。サプリメントの袋は小さいですし、お菓子の袋は中くらい、シリアルの袋は大きいです。

シリアルの袋はしっかりしているので、防臭に優れた材質です。ある程度の厚みがありますし、破れることはないでしょう。

私はシリアルやお菓子を食べたときに、チャック付きの袋を捨てずにとっておきます。多くの防臭袋を必要としない人、ごみの量が多くない人はこれだけで十分です。

赤ちゃんがいる家庭では、おむつのために多くの防臭袋が必要になります。この場合には、専用の防臭袋を買う必要があるかもしれません。専用の防臭袋には多くのサイズがありますし、多くの袋を1度に入手できます。

 

3.袋の2枚重ねは効果がない

同じ袋を2枚重ねても、防臭効果を高めることはできません。1枚でしっかりと防臭できる袋を使うようにしてください。チャック付きの袋は防臭効果が高いので、1枚で十分です。

私は薄い料理用の袋を2枚重ねしてみましたが、少し匂いがもれました。空気は袋の口から漏れていなかったので、問題は袋の材質でした。チャック付きの袋を使うようにしてからは、匂いが漏れることはありません。

同じチャック付きの袋を繰り返し使う場合には、その袋を汚したくないかもしれません。この場合には、汚れを防止するための袋も使ってください。

例えば、おむつなどをチャック付きの袋に入れるときには、1枚目の袋で汚れを閉じ込めておき、2枚目のチャック付きの袋でにおいを閉じ込めます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です