子供がゲームをするべき理由。ゲームの効果とは

子供がゲームばかりしていると、親は心配になるでしょう。大人から見れば、ゲームは娯楽になっても学ぶことはないし、子供の学力や体力の低下につながるように見えます。しかし、ゲームにはプラスの効果もあります。例えば、学校では友達との会話のネタにもなります。社会人は会社や飲み会の会話でパチンコなどのギャンブルの話をするでしょうが、子供にとってはゲームがそれに対応します。

この記事では、子供がゲームをするべき理由を紹介します。なお、この記事でいうゲームとはプレイステーションなどの一般向けのゲームのことを指します。パソコンやスマートフォンでするゲームのことではありません。

 

子供がゲームをするべき理由

1.ゲームを楽しむことができるのは若いうちだけだから

大人になるとゲームをすることがなくなりますが、それは大人の感性が子供とは違っていて、ゲームをしても面白いと感じなくなるからです。ゲームがいつでもできると思うのは錯覚です。子供はせっかくゲームを楽しむことができる感性を持っているのですから、ゲームを楽しむべきです。今しかできないことをやれという言葉がありますが、子供にとってゲームはまさにそれです。

私は33才のころに、10年以上前に発売されたゲームで当時はプレイできなかったものをプレイする機会がありましたが、面白いとは思いませんでした。魔法や強すぎる主人公などの設定がもう受け付けなくなっていたからです。
感性が変わると楽しめなくなるのはゲームだけではありません。例えば、若いときには肉を満腹になるまで食べたいと思いましたが、最近はそれほどではありません。私よりも年上の方を見ていると、胃もたれを心配して肉をほとんど食べない人もいます。

 

2.ゲームは思い出作りになる

ゲームは人生に役に立つものではありませんが、ゲームをすることはいい思い出になります。人生とは思い出づくりであるという言葉がありますが、私はこれに賛成です。

私は子供のころ多くのゲームをしましたが、それらはいい思い出ですし後悔していません。私の幸せな子供時代にゲームは不可欠のものでした。私の両親は共働きで夜まで帰ってこないこともあって、小学生だった私が寂しくないようにゲームを買ってくれたこともあります。

アスリートを目指すなど、特別に集中するものがある場合を除いて、普通の子供はゲームをしたほうが幸せです。医学部に入ることはできなくなるかもしれませんが、ほとんどの子供には関係ないでしょう。

 

3.ゲームの描写は漫画の描写より健全

子供にとって、娯楽でゲーム以外の選択肢には漫画がありますが、漫画のほうが問題かもしれません。

例えば、ゲームで使用される描写には不健全なものは少ないです。一般のコンシューマー向けのゲームでは、性的な描写をしたものはほとんどありませんし、性的な描写を含むものは明確に年齢制限がされています。しかし、漫画には子供向けのものでも性的な描写や残酷な描写が多く出てきます。私の個人的な見解ですが、漫画では乳首などの性的な部位を隠す限り、暴力的なものを含むいかなる性的な描写でも許容されるのではないかと思います。

暴力的な描写に関しても、ゲームのものはマイルドな表現になっていますが、漫画ではかなりきついものが見られます。例えばRPGのゲームなどでは、主人公が敵を倒すとその敵は画面から消えるだけですが、漫画では人を何度も殴りつけたり殺害するなどのシーンはよくあります。

ゲームを心配するよりは漫画が与える悪影響を心配したほうがいいでしょう。一度、親は子供がどんな漫画を読んでいるかチェックしてみるべきです。

 

おわりに

親は子供がゲームをプレイすることを問題視するのではなく、一緒にやってみてはどうですか。家族でプレイできるゲームはありますし、ゲームは親と子供が同じ時間を過ごすための道具になります。
学校の先生は子供を相手にするのでこのことをよく知っています。子供のころ、学校の先生とゲームや漫画、アニメのことを話した経験があるでしょうが、それは先生が子供の心をつかむためです。

ゲーム機にもいろいろな選択肢がありますが、プレイステーションなどの据え置き型のものをおすすめします。据え置き型のゲーム機の場合、親は子供がゲームをする時間を管理することができます。スマートフォンのゲームでは子供は際限なくプレイするでしょうが、居間のテレビを使うゲームの場合はそれができません。また、親は子供がプレイするタイトルに関しても、チェックすることができます。

ゲームのジャンルに関しては、RPGなどストーリーがあって終わることができるものがいいでしょう。私の見解ですが、ゲーム中毒やゲーム依存症はストーリーがなく際限なくプレイできるゲームで発症しやすいという印象があります。例えば対戦ゲームでは、ある対戦が終わると次の対戦がすぐに始まるので、きりがいい終わりはなかなかありません。

 

ゲーム依存症やゲーム中毒を克服する方法


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です