冬の防寒対策は雨戸やシャッターを使うと簡単

もうすぐ冬になり寒い時期がやってきますが、部屋の防寒対策に興味がありませんか。

一般的な防寒対策は服をしっかりと着込むことですが、あまり厚着をすると動きにくくなり肩もこるので、あまり厚着をせずに冬の時期も快適に過ごしたいものです。結局のところ、部屋の防寒対策をしっかりするのが一番です。部屋の熱エネルギーの多くは窓から失われるので、窓に防寒対策をするのが効率的です。

この記事では、雨戸を使った防寒対策を紹介します。雨戸を使って防寒する方法の場合には、雨戸を一度閉めれば春まで効果がありますし、プチプチや断熱シートなどを買う必要もありません。作業の手間に関しても、プチプチや断熱シートを夏や冬に貼ったり外したりすることは手間が大きいですが、雨戸を閉めることは簡単です。この記事では窓に取りつけられた雨戸を使うと仮定して説明していますが、シャッターも雨戸の代わりに使うことができます。

 

雨戸やシャッターを使った断熱が良い理由

効果的に外気を遮断できる

防寒対策の基本は部屋と外気の間に空気の層を緩衝帯として作ることで、部屋の熱エネルギーが外に逃げないようにすることです。
雨戸をしっかりと閉めることによって、窓と雨戸の間にも空気の層を作ることができます。この空気の層は完全に密閉されたものではありませんが、一定の効果が得られます。

雨戸を閉めることの利点の一つは、窓が雨や雪にぬれなくなることです。水は空気よりも熱の伝導率が高いので、窓が水にぬれているとより多くの熱が部屋から失われることになりますが、雨戸を閉めるとこれを防ぐことができるようになります。
参考までに、水の熱伝導率は空気のそれより20倍ほど高いですので、雨に濡れた窓は乾いた窓の20倍の熱を失うことになります。

隙間風を防ぐことに関しても、雨戸を閉めることには効果があります。風が雨戸に遮られれば、隙間風が部屋に入ることも少なくなります。

 

外見が悪くならない

冬の部屋の防寒対策には、断熱シートやプチプチを窓に貼りつけることがありますが、窓からプチプチが見えると外見が悪くなるので、これが嫌な方もいるのではないでしょうか。一戸建ての場合は窓が外から見えるので、外見が気になります。雨戸を使って防寒対策をする場合には、外見が悪くなることはありません。また、雨戸を閉めた状態でプチプチを貼るようにすると、プチプチが外から見える心配もありません。

雨戸を閉めると日光が部屋に入らなくなり暗くなるので、日中でも電灯をつける必要がありますが、電灯の電力代は暖房費に比べると安いので、あまり心配しなくていいでしょう。部屋に一つでも雨戸がついていない窓があるなら、それほど暗くなりません。電灯の電力代を気にするのであれば、これを機会にLED灯を使ってもいいかもしれません。

 

 

日光の吸収率が高い

冬のような寒い時期には日光の熱もありがたく感じますが、窓に白いカーテンや白い障子をつけている場合には光を反射してしまうので、日光を十分に吸収することができません。これに対して、日光の吸収率が高い鉄製の雨戸を使えば、日光の吸収率を高めることができます。雨戸が熱を吸収しても部屋を暖めることはできませんが、雨戸と窓の間に暖かい空気の層ができるので、部屋の防寒に役立ちます。
車を持っている方は経験があるでしょうが、車の屋根やボンネットは周囲よりも暖かいことがありますが、雨戸もこれと同じことになります。

カーテンに関しては、白ではなく黒いカーテンを使うと日光の吸収率を高めることができます。しかし、雨戸を閉めるほうがカーテンを取り換えるよりも簡単です。また、雨戸は日光がある日中だけでなく夜にも防寒効果を期待することができます。

 

おわりに

家の全ての雨戸を閉めなくても、いくつかの雨戸を閉めるだけでも効果があるかもしれません。試してみてください。なお、この記事では雨戸を使うことを説明しましたが、シャッターを雨戸の代わりにすることもできるはずです。

他の方法としては、窓の隙間をふさぐテープを貼るなどの方法もありますが、これらは雨戸による防寒対策と併用することもできます。

プチプチの正式名称は気泡緩衝材というそうです。知りませんでした!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です