エアコンやクーラーは節約しないほうがいい理由

エアコンやクーラーは電気代が高いですが、使うのがおすすめです。電気代を節約するためにエアコンを使わない人もいますが、これは時間や快適な生活を犠牲にしているだけです。

この記事では、電気代がかかってもエアコンやクーラーを使うべき理由を紹介します。エアコンを節約して使わない人は参考にしてみてください。

1.エアコンを節約しないほうがいい理由

1-1.人生を楽しむため

人間の寿命には限りがありますし、健康で幸せな期間はさらに短いです。この限られた短い時間を快適に生きるには、エアコンを節約するべきではありません。

例えば、私は最近になって歯が痛くなりましたが、歯が痛いと何をしても楽しくありません。歯の痛みから逃げることはできないですし、他の楽しみをすべて台無しにするほど痛いです。

人間が幸せなのは健康なときだけです。この限られた幸せな時間を有意義に生きるには、エアコンを使って快適に生活するべきです。暑い部屋にいると苦しいですが、これは病気で苦しむのと同じです。

 

1-2.無気力を防ぐため

暑いと無気力になりますが、これは時間とエネルギーの無駄になります。学生や社会人は自由な時間が限られていますから、暑さで時間を無駄にするべきではありません。

暑くて横になっているうちに眠ってしまい、休日が終わってしまうのはもったいないです。エアコンを使って室内を快適にすれば、休日を楽しむことにも役立ちます。

例えば、私は空いた時間を使ってブログを書いています。これができる理由の1つは、エアコンや扇風機などを使って快適な環境を確保しているからです。
暑くて辛ければ、ブログを中断していたかもしれません。

 

1-3.仕事や勉強の投資

エアコンを使って快適に生活することは、仕事や健康への投資にもなります。エアコンを使うのがもったいない人は、投資としての価値を考えてみてください。

例えば、暑くて睡眠不足になると、仕事や勉強の効率が落ちます。人間は睡眠不足になると判断能力が低くなりますし、頭の働きも低下します。私は睡眠不足になると、仕事に影響が出るのを感じます。

 

2.節約のしすぎに注意

収入を増やすことは難しいので、節約でお金を貯める人もいます。節約してお金を貯めるのは良いことですが、それも程度によります。極端な節約生活を続けると、人生が苦しくなります。

節約できることはいくつもありますが、エアコンや冷暖房などの費用を節約するのはやめるべきです。冷暖房費を真っ先に節約する人もいますが、快適に生きていくことができなくなります。

 

3.現在のエアコンの消費電力は昔より少ない

電気代を節約するためにエアコンを使わない人は、昔の考え方をしているかもしれません。

昔はエアコンの消費電力が多かったので、エアコンを使うと電気代が高くなりやすかったです。また、昔は現在ほど気温が高くないので、エアコンを使わなくても我慢できました。

しかし、現在のエアコンは省エネが進んでいるので、昔ほど電気代が高くなることはありません。また、現在の気温は昔より高くなっているので、エアコンを使わないと耐えることができません。

興味がある人はエアコンの消費電力の推移を調べてみてください。エアコンの電気代は10年前や20年前より安くなっています。

エアコンを使わないようにしても、あまり電気代を節約できません。

 

3.おわりに

若い人には、食費や冷暖房費を切り詰めて節約する人もいます。健康な若い人は問題がないかもしれませんが、ある程度の年齢の人がこれをまねすると病気になるだけです。自分の年齢を考えて、節約しないことも選択肢の1つです。

エアコンや冷暖房費で節約するとしたら、設定温度を工夫してください。設定温度が一度違うだけでも、消費電力が大きく違います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です