病院で暇なときや読書ができないときにはAudibleがおすすめ

病院で入院している人は、暇なことや読書ができないことに困っていませんか。病気やけがで体が動かせなかったり弱っていると、本を読むこともつらいものです。何もせずにベッドにいるとストレスがたまりますから、娯楽が欲しいでしょう。

病院で暇な人や読書ができない人には、Audibleをおすすめします。Audibleは本の朗読を吹き込んだコンテンツであるオーディオブックを販売しているサービスです。Audibleでは紙の本とは違って、手で本を持つ必要や同じ姿勢を長時間維持する必要がないので、体が動かせない人や体力が弱っている人にもおすすめです。


1.入院中の人にAudibleがおすすめの理由

1-1.体が動かせなかったり、体力が低下していても読書ができる

病院で入院している人が読書をすることができない理由の1つは、体を動かすことができなかったり、体力が低下して同じ姿勢を維持することが辛いからです。

Audibleでは朗読を聞いて読書をするので、紙の本とは異なり本を持つ必要がなく、腕が疲れることもありません。横になりながらでも読書をすることができます。

 

1-2.消灯後も読書ができる

病院では夜の消灯時間以降は読書をすることもできません。自分用の照明を持ち込む方法もありますが、相部屋の場合には他にも人がいるので使用することがためらわれます。

朗読を聞いて読書をするAudibleの場合には、読書をするための明かりが必要ではないので、消灯時間を気にすることもありません。病院にいて眠れないときには、Audibleを試してみてください。

 

1-3.必要なものはスマートフォンかタブレットとヘッドフォンだけ

病院には私物を持ち込むこともありますが、相部屋では1人が占有する広さも限られていますし、多くの本やゲームなどを持ち込むことはためらわれます。

タブレットやスマートフォンで読書ができるAudibleを利用する場合には、何冊の本を読む場合でも1台の機器があれば十分ですので、荷物がかさばることもありません。相部屋にも充電用のコンセントはありますし、長時間タブレットを使用しても問題にならないでしょう。

音質にこだわる場合を除いて、ヘッドフォンは通常のもので十分です。病室は静かですので、ヘッドフォンから音漏れがするほどの音量で聞く必要はなく、他の人の迷惑になることもありません。

 

2.他の娯楽との比較

病院でも楽しむことができる娯楽には、テレビを見たりスマートフォンで動画が見たりゲームをすることなどがありますから、Audibleを使う必要はないと考える人もいるでしょう。しかし、Audibleには以下のような利点があります。

  • テレビ:病院で暇なときにはテレビを見ることもできますが、テレビを視聴するためにはテレビカードを買う必要があるので、意外と料金がかかります。また、消灯時間を過ぎるとテレビを見ることもできなくなりますが、自分のタブレットを使えば問題になりませんし、朗読を聞くときには照明もいりません。
  • 動画の視聴:スマートフォンやタブレットで動画を視聴することもできますが、手でタブレットを長時間持つと疲れますし、ベッドに横になって動画を見続けると首が疲れます。Audibleで仰向けで朗読を聞くと疲れません。
  • ゲーム:ゲームをすることはできますが、腕が使えなかったり同じ姿勢を維持することが辛いかもしれません。また、子供や若い人はゲームをしますが、大人はゲームをしないでしょう。
  • YouTubeのオーディオブック:YouTubeにもオーディオブックがあります。しかし、俳優や声優などのプロが朗読しているAudibleほどの品質はないかもしれません。プロの朗読は聞いていて心地いいものです。

 

3.おわりに

病院で入院すると暇でストレスもたまりますから、娯楽くらいは楽しみたいものです。Audibleが役に立つかもしれません。

Audibleには無料体験期間があるので、興味がある方は試してみてください。私は無料体験をしたことがありますが、使いやすかったので気に入っています。無料体験期間中に解約をすると、料金が発生することもありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です