パソコンの肩こり、首こりを治す運動はランニングがおすすめ

仕事やゲームなどでパソコンを長く使う人は、猫背や肩こり、首のこりに悩んでいませんか?これはIT猫背とも呼ばれるものです。パソコンを長く使うと猫背になって、肩こりや首のこりがおきますが、猫背や肩こり、首のこりを治すこともできます。

私はパソコンを長く使う生活をしているので、肩こりや首のこりが辛いことを知っています。私は大学生の頃から猫背になっていて、社会人になってからは肩こりや首のこりにも悩むようになりました。
私は猫背を治す方法をいくつか試してみましたが、最も効果があったものはランニングをすることです。

この記事では、パソコンを長く使う生活をしている人に対して、パソコンが原因で起きる猫背や肩こり、首のこりを治す方法を紹介します。パソコンを使う生活をやめることはできませんが、猫背や肩こり、首のこりを治すことはできます。

 

1.パソコンを使うと猫背になったり肩や首がこる理由

1-1.マウスとキーボードを操作するために姿勢が前かがみになるから

マウスを使用すると利き腕を前に出すので、利き腕の肩がこります。
キーボードを使用するときには両腕を前に出すので、背中が丸くなって猫背になります。
背中が丸くなると体の重心が前に移動するので、それにあわせて首が前に出るストレートネックになります。ストレートネックになると、前に出た頭の重さを首が支えるのに負担がかかって、首がこるようになります。
普通の姿勢では、首は背骨の真上にある頭を簡単に支えることができますが、ストレートネックになって頭が前に突き出ると、首の負担が大きくなります。

パソコンを使う姿勢に気をつけることはできますが、キーボードやマウスを操作する限り、猫背になることを防ぐことは難しいでしょう。

 

1-2.正しい姿勢を維持するための筋肉が弱くなるから

パソコンで仕事をする人は1日の多くの時間をパソコンに使いますが、猫背になっている時間が長く続くと、体がそれにあわせて適応します。
具体的には、猫背が自然な姿勢になったり、正しい姿勢を維持するための筋肉が使われなくなって弱ります。

猫背や肩こり、首のこりを解消する方法にはストレッチや腕回し、肩回しなどがありますが、これらはほとんど効果がありません。一時的に血行を良くすることはできますが、すぐに姿勢が悪くなるからです。

 

1-3.スマートフォンの使用が猫背を悪化させるから

スマートフォンがない時代にパソコンを使っても猫背にならなかった人は、パソコンだけが猫背の原因でないかもしれません。
例えば、スマートフォンを使うと腕を伸ばして背中が丸くなるので猫背になりますが、スマートフォンとパソコンの使用が組みあわさって猫背になっている可能性があります。パソコンの1日あたりの使用時間が少なくても、スマートフォンの使用時間が長いと猫背が悪化します。

 

1-4.パソコンのゲームをしすぎているから

パソコンを使う理由の1つにはゲームがありますが、パソコンでゲームをすることはプレイステーションなどでゲームをするより、はるかに猫背になりやすくなります。キーボードやマウスを操作するだけでなく、強く集中するのでディスプレイに顔を近づけたり、2~3時間程度は休憩なしにゲームを続けることも普通にあるからです。

ゲーム用のコントローラーを使うことができる場合には、コントローラーを使ったほうが猫背にはなりにくくなります。

 

1-5.加齢による体力や筋力の低下は関係ない

年を取ると全体的に筋肉が弱くなるので猫背になることもありますが、これはほとんどの猫背とは関係がありません。パソコンを使う人の多くは70才以下でしょうが、この年齢では猫背になるほど筋力が低下しないからです。

親類などで70才程度の人の姿勢を見てみるとわかりますが、ほとんど猫背の人はいないでしょう。猫背の原因は老化ではありません。

 

2.私がパソコンの猫背と肩こり、首のこりを自分で治した方法

2-1.10年以上猫背だった私が猫背を治した方法

私は大学生の頃からパソコンを長く生活をしていたので、猫背になっていました。私が猫背になった原因は、コンピュータ系の学部に進学したのでパソコンを使う時間が長かったことや、パソコンでゲームをする時間が長かったことです。

私は大学を卒業した後、IT業界で働くようになってから、1日のほとんどの時間でパソコンを使って生活していました。この頃にはひどい猫背と肩こり、首のこりに悩むようになっていて、仕事中には頻繁に腕回しや肩回し、ストレッチなどをしていましたが、痛みを治すことはできませんでした。

いくつかの猫背を治す方法を試してみましたが、最終的に私が猫背を治すことができたものはランニングでした。2013年にランニングを始めてから、猫背や肩こり、首のこりに悩むことはほとんどありません。

 

2-2.ランニングで猫背や肩こり、首のこりを治すことができる理由

パソコンを使うと猫背になったり肩や首がこりますが、その理由は正しい姿勢を維持するための筋肉が弱くなるからです。
パソコンを使う限りマウスとキーボードを操作する姿勢は同じですが、ランニングで正しい姿勢を維持するための筋肉を鍛えると、筋肉が弱ることを防ぐことができます。

人間の骨格はランニングをするときに姿勢が正しくなるようにできていて、猫背でランニングをすることができません。ランニングをすると、正しい姿勢を維持するための筋肉も鍛えられます。
例えば、30分間のランニングをすることは、正しい姿勢を維持するための筋トレを30分間していることと同じです。

ランニングが猫背を治す理由と、猫背を治すランニングの方法は以下の記事で紹介しました。参考にしてみてください。

猫背を矯正する方法はランニングがおすすめ。猫背の原因と対策

 

3.おわりに

仕事で長時間パソコンを使う人はランニングなどの方法で、猫背や肩こり、首のこりを治す必要があります。これらは自然に治りません。

猫背や肩こり、首のこりを防ぐためのパソコングッズもありますが、パソコングッズは猫背や肩こり、首のこりを治すことはできず、健康の維持をサポートするだけです。タイピングがしやすいキーボードやアームチェアなどもありますが、ランニングで正しい姿勢を維持する筋肉を鍛えるほうがおすすめです。

 

3-1.ランニングは腰痛対策にもおすすめ

この記事では、パソコンを長く使う仕事をしている人の猫背や肩こり、首のこりの原因と対策を紹介しましたが、腰痛も大きな問題です。

椅子に長く座る生活をしていると、運動不足や血行不良、正しい姿勢を維持するための筋肉が弱くなって腰痛になります。これはパソコンを使う人だけではなく、運転の仕事をしている人にもみられます。

ランニングには腰痛を予防する効果もありますので、ランニングを試してみることをおすすめします。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です