へその洗い方。へそのかゆみやにおいを防ぐスキンケアの方法

へそがかゆくなったり匂いがでて困っていませんか?その原因はへそを洗っていないことです。へそを洗わないと、汗や皮脂などの汚れがへそにたまってかゆみやにおいの原因になりますから、へそを洗ってスキンケアをする必要があります。

へそを洗うと腹への刺激になって、腹痛になるという考え方があります。しかし、これはへその洗い方が悪いのであって、正しくへそを洗うと腹が痛くなることはありません。私は数年以上へそを毎日洗っていますが、へそが痛くなったことはありません。

この記事では、石鹸とシャワーだけを使ってへそを洗う方法(スキンケア)を紹介します。特別な石鹸は必要でなく、普通の石鹸で十分です。
へそのごみを取り除くには綿棒などを使う方法もありますが、石鹸とシャワーで毎日洗うほうが簡単で効果が高いです。へそは見づらい位置にありますから、へそを見ながら掃除するのは疲れる作業でもあります。

 

1.へそを洗うことは必要

へそを洗わない人もいますが、へそを洗うことは必要です。へそは汗をかきやすい部位ですし、分泌された汗や皮脂がたまるとへその皮膚を刺激して、炎症などが起きるからです。例えば、夏の時期には汗荒れになります。

私は趣味でランニングをしているので多くの汗をかきますから、へそを洗わないとへそがにおうようになったり、かゆくなることを経験しています。汗の分泌量には個人差があるでしょうが、へそを洗っておくことが無難です。

 

2.へその洗い方

2-1.石鹸で軽く洗うこと

へそを洗うにはシャワーで不十分であり、石鹸を使う必要があります。特別な石鹸は必要でなく、手や脇などを洗うための普通の石鹸で十分です。

風呂に入って体を洗うときに、石鹸を指につけて数秒程度でへそを洗ってください。へそを強く洗う必要はなく、石鹸がついた指で触る程度で十分です。へそを石鹸で洗ってからシャワーで石鹸を洗い流してください。

 

2-2.へそを指や爪で掃除しないこと

へそにたまったごみを取り除くために、指や爪などでへそを掃除するのはやめることをおすすめします。へその皮膚は傷つきやすいので、指や爪で掃除しようとすると皮膚から出血します。

石鹸とシャワーで軽く洗うだけでも十分に汚れを取り除くことができるので、へそのごみがたまることはほとんどなくなります。へそにはしわが多いですが、このしわの部分に限ってごみがたまることはあります。しかし、その量は少ないので、かゆみやにおいが問題になることはありませんし、外見からもほとんどわからない程度です。

 

3.おわりに

へそを洗うと腹が痛くなるという考えもありますが、これはその洗い方が強いからです。石鹸とシャワーで洗う程度なら、腹が痛くなるほどの刺激はありません。この記事で紹介した方法は指でへそを触る程度ですから、腹が痛くなることはないでしょう。

参考までに、私は20代の後半までへそを洗いませんでしたが、特に問題はありませんでした。私がへそを洗うようになったきっかけは、趣味のランニングで多くの汗をかいてへそがにおうようになったことです。
ランニングなどの運動をしている人は、へそを洗うようにしてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です