アトピーや乾燥肌の人は、風呂断ちするべきでない。風呂に入らないとかゆくなる

アトピーや乾燥肌の人は、風呂断ちに興味がありませんか?風呂断ちは入浴をやめたりその頻度を減らすものですが、アトピーや乾燥肌を悪化させる可能性があります。

私はアトピーで乾燥肌の体質ですが、風呂に入るための方法を学んだこと、栄養を十分に取るようにしたこと、下着や服などの材質を工夫したことでアトピーや乾燥肌の症状を抑えています。風呂断ちは必要ありません。

この記事では、アトピーや乾燥肌の人を対象に、風呂断ちをするべきではない理由を紹介します。アトピーや乾燥肌に苦しんでいる人は参考にしてみてください。

1.風呂の入り方の種類

風呂に入る頻度や方法には、以下のようなものがあります。

  1. 風呂にまったく入らないこと(完全な風呂断ち)
  2. ひどく汚れた場合に限って、入浴すること(部分的な風呂断ち)
  3. 2~3日に1回、入浴すること
  4. 毎日、入浴すること

これらのうち、1と2はアトピーや乾燥肌の人に適した方法ではありません。風呂に入る頻度や方法は個人の自由ですが、肌に悪影響があるからです。

おすすめの方法は4です。風呂につからずにシャワーだけを浴びるようにすると、乾燥肌を防ぐことに役立ちます。また、お湯の温度を38度~40度にすると、体温が高くなることを防いでアトピーのかゆみがでにくくなります。

 

2.アトピーや乾燥肌の人が風呂断ちするべきでない理由

風呂断ちは肌の病気になる

風呂に入らないと、肌が汗や皮脂で汚れたままになるのでアトピーや乾燥肌以外の病気になります。アトピーや乾燥肌の人は、肌のバリア機能や保湿機能に問題があるので、肌は汚れた状態に耐えることができません。

アトピーや乾燥肌の人がなりやすい肌の病気は、汗荒れや脂漏性湿疹などです。

例えば、アトピーの人は夏に肌が荒れますが、この原因は汗です。汗は自分の体液ですが、汗に含まれているミネラルなどが肌に悪影響を与えます。汗をかいたら、汗を取り除くために風呂に入る必要があります。

脂漏性湿疹は成人や思春期以降の子供が発症するものであり、その原因の1つは皮脂を十分に取り除いていないことです。風呂に入らないと皮脂を取り除くことができなくなり、脂漏性湿疹が問題になります。

 

風呂断ちは治療法でない

アトピーや乾燥肌の人のための治療の1つは、風呂に入って肌を清潔に保つことです。風呂に入らないで肌を不潔に保つことは、治療法ではありません。

風呂断ちはアトピーや乾燥肌を治すための民間療法の1つです。肌を良くする民間療法はいくつかありますが、これらは効果が期待できるとは限りません。

民間療法をすることで、アトピーや乾燥肌が改善することはありますが、アトピーや乾燥肌は悪化と改善を繰り返すものですから、民間療法が効いたとは限りません。

私は小さい頃からアトピーだったので、父が草の汁を煮詰めたものを私に塗ってくれましたが、効果がありませんでした。これは風呂断ちとは違う民間療法ですが、風呂断ちも似たようなものです。

 

3.風呂に入る必要がないというのは間違い

風呂に入る必要がないという考え方はありますが、その根拠は以下のようなものがあります。

 

昔の人は風呂に入らなかった

現代の日本人と昔の人の生活スタイルがまったく違うので、参考にできません。昔はアレルゲンなども少なかったでしょうし、食べるものも違います。

また、昔の人は現代人と違う肌の病気(ノミなど)に苦しんでいました。これらを解決するために、人間は風呂に入るようになりました。

 

海外や発展途上国の人は風呂に入らない

清潔な環境で生まれ育った日本人は、発展途上国の人を参考にできません。小さい頃から清潔にしているのに、急に生活スタイルを変えることはできないからです。

日本人と海外の人は体質や遺伝子なども違います。これらの違いを無視して、風呂に入らないことだけに注目するのは間違いです。

 

野生動物は風呂に入らない?

人間は野生動物と違うので、参考にできません。野生動物は皮膚の病気にならないと考える人もいますが、これは間違いであり、野生動物が皮膚の病気になることはあります。

野生動物は肌荒れすると感染症にかかりやすくなって、死ぬことが多くなります。野生動物は死んでも人目につかないので、病気にならないと誤解されていますが。

 

生活に支障が出る

アトピーや乾燥肌の人は社会で生きていくわけですから、周りの生活水準に合わせる必要があります。日本では、風呂断ちはほとんど受け入れられていないので、社会で生きていくには不都合があります。

例えば、風呂に入らないことで乾燥肌が治ったとしても、頭のにおいなどの体臭などが問題になります。

 

4.風呂に入るのが辛いとき

風呂断ちをしたい動機の1つは、風呂に入ることが苦痛だからです。アトピーや乾燥肌に苦しんでいるときには、風呂に入ることが苦痛です。この場合には、かゆみ止めの薬を使うのが簡単な解決策です。

苦しい時期に薬を使うのは悪いことではありません。また、風呂に入らないと肌が悪化することにつながります。

 

5.おわりに

風呂断ちに興味がある人は、風呂断ちをする前にアトピーや乾燥肌の人のための入浴の方法を調べてみることがおすすめです。適切な方法で風呂に入ると、アトピーや乾燥肌とうまく付き合っていくことができます。

以下の記事で、アトピーの人のための風呂の入り方を紹介しましたので、参考にしてみてください。乾燥肌の人のための風呂の入り方は、アトピーの人の風呂の入り方と同じです。

アトピーの人のための風呂の入り方 体の洗い方

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です