ランニングで乾燥肌が改善するとは限らない。悪化を防ぐ方法は?

秋や冬になると乾燥肌で困っていませんか?ランニングなどの運動をすると、汗をかいて皮脂腺を刺激して乾燥肌を改善することができますが、ランニングをしても乾燥肌を改善できるとは限りません。

ランニングで乾燥肌を改善できない理由は、ランニングをするのに必要な栄養を摂取していないこと、汗の対処に失敗していることです。

この記事では、ランニングが乾燥肌を改善する理由と悪化させる理由、悪化を防ぐ方法を紹介します。ランニングをしても乾燥肌が改善しない人は参考にしてみてください。

1.ランニングが乾燥肌を改善する理由

1-1.汗をかいて皮脂腺が活発になるから

ランニングをして汗をかくことは皮脂腺にプラスの影響を与えます。乾燥肌になる原因の1つは皮脂の分泌量が減ってしまうことですが、ランニングで皮脂腺を活発にすると皮脂の分泌量が増えて、乾燥肌を改善することにつながります。

 

風呂につかると乾燥肌を悪化させる?

ランニングなどの運動をしなくても、風呂につかることで皮脂腺を活発にすることはできますが、お湯で皮脂が失われてしまうという副作用もあります。ランニングにはその副作用はありません。風呂につかっても乾燥肌になる人は、ランニングをしてみてください。

私は乾燥肌ではありませんが、この理由は趣味でランニングをしていて汗を十分にかくからです。私は入浴するとき、風呂につからずシャワーだけにしていますが、乾燥肌ではありません。風呂につからなくても、乾燥肌を防ぐことはできます。

 

ストレッチやウォーキングでは効果がない

運動にはストレッチやウォーキングなどもありますが、これらでは乾燥肌を改善することはできません。ストレッチやウォーキングは負荷が小さい運動で汗をかかないからです。

ストレッチやウォーキングをしても乾燥肌を改善することができない人は、ランニングに切り替えてみてください。汗の量の違いを実感することができます。

ストレッチは運動不足の解消にならない。ランニングかウォーキングをすべき

 

2.ランニングが乾燥肌を悪化させる理由

2-1.栄養が不足するから

ランニングをすると多くのエネルギーを消費するので、エネルギー代謝のために多くの栄養が必要になります。糖の代謝にはビタミンB1が必要ですし、脂肪の代謝にはビタミンB2が必要です。ランニングなどの運動習慣を始めても、ビタミンなどの栄養の摂取量を増やさない場合には、栄養不足になって肌に悪影響を与えます。

乾燥肌を改善するためにランニングをする場合には、積極的にビタミンなどの栄養を補給するようにしてください。肌に良いビタミンの代表的なものにはビタミンCがありますが、必要なビタミンはこれだけではないので、バランス良く摂取してください。

 

必要な栄養量の計算

性別や年齢によって異なりますが、成人が1日に必要とするカロリーは2000kcal程度です。ランニングで消費するカロリーを600kcalと仮定すると、その合計は2600kcalになりますから、エネルギー代謝に必要なビタミンはおよそ1.3倍になります。

私は趣味でランニングを続けていますが、ランニングによる栄養失調や乾燥肌を予防するために、ビタミンを意識的に多く摂取しています。
例えば、水溶性のビタミンB群に関しては、成人の標準的な基準量の2倍~3倍の量を摂取しています。

ランニングをする人が積極的に補給するべき栄養には、ミネラルやたんぱく質もあります。
ミネラルに関しては、冬にランニングをしても汗をかく量が少ないので、不足する心配はあまりないでしょう。
たんぱく質に関しては、持久系のアスリートが1日に摂取するべき量は体重[kg]×1.2です。これはアスリートの場合ですから、趣味でランニングをしている人はこれより少なくても大丈夫です。

 

2-2.汗で肌荒れするから

夏には経験している人も多いでしょうが、汗は肌荒れの原因になります。ランニングなどの運動をして汗をかいた後、その汗を放置することは肌が悪化する原因になりますし、乾燥で弱くなっている肌にダメージを与えます。

ランニングで汗をかいた後はシャワーを浴びてください。冬にランニングをしてそれほど汗をかいていない場合には、あまり気にする必要はありません。

運動をすると汗をかきやすい部位は胸の中央、背中、わきの下、尻などです。これらの部位が乾燥肌になっていて困っている人は、ランニング後にシャワーを浴びることがおすすめです。

 

3.おわりに

肌の入れ替わりには28日程度が必要ですから、乾燥肌を改善するためにランニングをする人は積極的な栄養補給と汗の対処を1か月~2か月は続けて下さい。

 

3-1.私が乾燥肌を改善した方法

私はアトピー性皮膚炎にかかっていることもあり、乾燥肌に苦しんでいた時期があります。自分なりの工夫をしたことで、アトピー性皮膚炎を改善することができましたし、入浴後に保湿剤を塗る必要がなくなるほど乾燥肌も改善しました。

私が乾燥肌を改善した方法を以下の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

冬の乾燥肌とかゆみの対策。保湿剤を使わずに自分で治す方法

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です