ランニングで小顔にしたり体を引き締める方法。すぐにできる小顔効果とは?

顔を小さく見せる小顔効果や、体を引き締まったように見せる方法に興味がありませんか?ランニングをすると汗をかくので、顔を小さく見せたり体の筋肉を際立たせることができます。この効果は一時的なものですが、短時間で小顔効果や体の引き締め効果を得ることができます。

この記事では、ランニングに小顔効果や体を引き締まったように見せる効果があることを紹介します。

 

ランニングに小顔効果や体の引き締め効果がある理由

1.水分を失うから

ランニングをすると汗をかいて水分を失うので、肌がしぼんで顔が小さく見えたり、体が引き締まったように見えます。もちろん、これは汗をかいて水分が減っているだけなので、水分補給をすると元に戻りますが。

私の場合を例にとると、ランニングで汗をかいた後は頬が少しこけて、額の血管が浮きでます。体に関しても、上半身の肌がしぼんで胸や腹の筋肉が浮きでるので、普段より筋肉質に見えます。

 

小顔効果や体の引き締め効果を感じるためのランニング

顔や体を引き締まったように見せるには、ある程度の汗をかく必要があります。試しに、30分~60分程度のランニングをしてみてください。気温にもよりますが、これくらいの時間のランニングをすると、小顔効果や体の引き締め効果を感じることができる汗をかくはずです。

小顔効果を得る方法にはいくつかありますが、ランニングは短時間で多くの汗をかくので他の方法より簡単です。

 

ボディービルダーが筋肉を浮きだたせる方法

ボディービルダーは肉体美のために筋肉を鍛えていますが、筋肉をよりはっきりと見せるために、汗をかいて肌をしぼませることがあります。これはボディービルダーが大会の前に行うものですが、小顔効果に興味がある人はボディービルダーの方法を調べてみてもいいかもしれません。

 

2.痩せるから

ランニングをすると痩せるので、顔が小さくなります。この効果はすぐに得られるものではないので、ランニングを数か月続ける必要があります。もちろん、ランニングで痩せる部位を選ぶことはできないので、顔が小さくなるには時間がかかるでしょう。

私の場合を例にとると、私は腹周りと顔に脂肪がつきやすいので、ランニングで体重が減るときには腹周りの脂肪が減ってから、顔の脂肪が少なくなります。

 

 

おわりに

ランニングの小顔効果や体の引き締め効果には、ダイエットによるものと汗をかくことによるものがありますが、長期的にはダイエットの効果のほうが汗をかく効果より優れています。ランニングを長期間続けると痩せるでしょうから、特別な方法や一時的な効果を必要としなくなるかもしれません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です