座る姿勢に気をつけても猫背を治すことはできない。猫背の矯正にはランニングがおすすめ

猫背になるとパソコンを使ったりスマートフォンを使うだけでなく、何もせずに座っているだけでも辛いですから、猫背を治したいものです。

猫背の原因の1つは間違った座り方をしていることですが、座り方に注意しても猫背になった人の猫背を治すことはできません。正しい座り方をすると猫背になりにくくなりますが、それで猫背を治すことはできません。

この記事では、私が自分で猫背を治した経験に基づいて、座り方に気をつけても猫背を治すことができない理由を紹介します。

 

1.猫背の原因

1-1.筋肉の低下

背骨の骨や骨格に問題がある人などを除いて、健康な人が猫背になる理由は姿勢を維持するための筋肉が弱くなるからです。姿勢を維持するための筋肉が弱くなる理由には以下のようなものがあります。

  1. パソコンやスマートフォン、タブレットの使い過ぎ
  2. 運動不足

パソコンやスマートフォン、タブレットを使うときには姿勢が前かがみになりますが、この姿勢を維持するために使われる筋肉は、正しい姿勢を維持するための筋肉ではありません。正しい姿勢を維持するための筋肉が使われない状態が続くと、その筋力が低下して猫背になります。

ランニングなどの運動習慣がない人は猫背になりやすくなります。運動には身体能力を高めるだけでなく、体の内側の見えない筋肉を鍛える効果もあります。この筋肉は正しい姿勢を維持するために必要ですが、運動習慣がない人はその筋肉が弱くなって猫背になります。

 

1-2.間違った座り方

座り方に気をつけても猫背を治すことはできませんが、猫背になりやすい座り方はあります。以下のような座り方をしながらパソコンやスマートフォンを使うと、姿勢が前かがみになって猫背になります。

  1. 床に直接座ったり、胡坐で座る
  2. 椅子に座って、椅子の上で正座や胡坐で座る
  3. 椅子に座るが、足を組んだり両足を地面につけない

1に関しては、胡坐で座ると姿勢が前かがみになって猫背になります。床の座り方で猫背になりにくいものは正座ですが、長時間続けることは難しいでしょう。

2に関しては、足で上半身を支えて座ることができないので、上半身が前に倒れるような形になって猫背になりやすくなります。

3も同じであり、足を組んだり両足が地面についていないと、上半身を支えることができません。

 

2.座り方に気をつけても猫背が治らない理由

猫背の人は座り方に気をつけるだけで猫背を治すことができると考えるかもしれませんが、それは以下のような理由で不可能です。

 

2-1.気をつけてもすぐに元に戻るから

猫背を治そうとして座り方に注意したことがある人は経験しているでしょうが、座り方に気をつけていても、仕事やパソコンの操作に集中すると座り方が元に戻ってしまいます。何もしないでテレビを見るときでも、テレビ番組に集中するだけで正しい姿勢を維持することを忘れてしまいます。

猫背は数年間などの長い期間をかけて体が身につけたものですから、姿勢への集中が途切れるたびに猫背に戻ることは仕方ありません。
足を組まないことを継続することはできますが、座るときの背中や腰の姿勢を維持することはまず無理です。座り方に気をつけるだけで猫背を治すことはできません。

 

2-2.筋肉がつくわけではないから

猫背の原因は正しい姿勢を維持するための筋肉が低下していることであり、座る姿勢に注意しても筋肉がつくわけではありません。
確かに長期間正しく座ることを続けると、正しい姿勢を維持するための筋肉がつくかもしれません。しかし、猫背の人はそもそも正しく長時間座ることができません。

試しに、猫背の人は10分間正しく座ることを続けてみてください。背中がかなり辛くなるでしょう。

 

3.私が座り方に気をつけても猫背を治すことができなかった経験

3-1.猫背になったきっかけと試した座り方

私は高校生の頃からパソコンを使っていたので、大学生の頃には猫背でした。また、就職してからIT系の仕事をしていてパソコンを使う時間が長かったので、つらい猫背に苦しんでいました。猫背を治すためにいくつかの座り方を試してみましたが、以下のものはどれもうまくいきませんでした。

  • 座るときに尻の下に座布団などを敷く
  • 背中が丸くならないように注意して座る
  • イスに深く腰掛ける
  • 骨盤を立てて椅子に座る
  • 両足を使って上半身を支える
  • 肩や首のストレッチなどを頻繁に行う

 

3-2.私が座り方に気をつけても猫背を治すことができなかった理由

猫背を矯正することができなかった理由は2つあります。
1つ目は仕事やパソコンの操作に集中するたびに、姿勢が元に戻ってしまったことです。

2つめは正しい姿勢を維持することが辛いことです。
猫背を長期間続けていると、正しい姿勢よりも猫背をキープするほうが楽になります。当時、私はパソコンを10年以上使っていましたから、1日のほとんどの時間を猫背で座ることに慣れていました。これで、正しい姿勢を維持するというのは無理です。

私が最終的に猫背を解消することに役立ったものはランニングです。ランニングが猫背を解消することに役立つことを以下の記事で紹介しましたので、参考にしてみてください。

猫背を矯正する方法はランニングがおすすめ。猫背の原因と対策

ほとんどの人はランニングと猫背の矯正を結びつけないでしょうが、ランニングには猫背治す効果があります。

 

4.おわりに

座り方に気をつけても猫背を治すことはできません。正しく座ることは猫背にならないようにする予防効果はありますが、猫背になった人の猫背を治す効果はありません。

私が試した方法はインターネットや本で自分で学んだものですが、整形外科医の医師などは別の方法を教えてくれるかもしれません。
猫背を治す方法を3か月程度続けても効果がないなら、別の方法を試したほうがいいでしょう。

私はランニングを1~2か月程度続けることで猫背を解消することができました。ランニングをすることには費用がかかりませんし、猫背を解消するためのランニングはゆっくり走るだけで十分です。試してみてはいかがですか。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です