頭のかゆみやふけの原因は脂漏性湿疹。治す方法は正しい頭の洗い方

頭皮がかゆい原因は脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)かもしれません。脂漏性湿疹はかゆみが強くて、頭を頻繁にかくのでふけ(フケ)が出ます。

私は男性ですが、27才から30才くらいまで脂漏性湿疹で苦しんでいました。正しい頭皮のスキンケアを学んで脂漏性湿疹を治してからは、数年たった今でも脂漏性湿疹が発症していません。

この記事では、脂漏性湿疹を治すための方法を紹介します。この記事で紹介する方法はスキンケアに基づくものであり、特別なシャンプーなどを必要としません。

脂漏性湿疹を治すのに必要なものは正しいスキンケアです。

1.頭の脂漏性湿疹

1-1.脂漏性湿疹の原因

脂漏性湿疹の原因はいろいろありますが、以下のようなものです。

  • 分泌される皮脂が多すぎること
  • 分泌された皮脂をうまく取り除けていないこと
  • 常在菌の作用によるもの
  • 栄養のバランスが悪いこと

実際には、これらが組み合わさって脂漏性湿疹が発症します。

この記事では、頭の脂漏性湿疹を治すために必要な頭の洗い方(スキンケア)を説明します。適切に頭を洗うことができれば、皮脂が多すぎたり常在菌がいても、脂漏性湿疹を解決することができます。

栄養に関しては、十分な食事をとるようにしてください。

 

1-2.頭を洗ってもかゆい

人間の体は年齢とともに変化します。思春期になると皮脂の分泌が増えますし、それ以降も年齢によって体が変化します。脂漏性湿疹の原因は、皮脂の分泌が多くなってもうまく対応できない(頭を洗えていない)ことです。

ほとんどの人は小学生の頃から風呂に1人で入るようになりますが、子供の頃に覚えた頭の洗い方を大人になっても続けます。これが脂漏性湿疹になる原因の1つです。

年齢が上がるにつれて、やり方も変える必要があります。

 

1-3.運動不足

運動不足は頭のかゆみに関係がありません。運動不足になると不健康になりそうですが、頭のかゆみとは関係がありません。

運動不足が原因と考えている人は、頭の洗い方を変えてみてください。運動を習慣にすることは難しいですが、頭の洗い方を変えるのは簡単です。

 

1-4.ストレスや怒りを感じるとかゆくなる

ストレスは頭のかゆみの原因ではありませんし、脂漏性湿疹の原因でもありません。しかし、脂漏性湿疹になっている人はストレスを感じると、頭がかゆくなることがあります。

私は脂漏性湿疹にかかっているとき、イラっとしたりストレスを感じると頭がかゆくなりました。怒りを感じると頭をかきむしる人がいますが、こういうことかと思ったものです。

脂漏性湿疹が原因で頭がかゆくなる人は、脂漏性湿疹が治ればストレスを感じても頭はかゆくなりません。

 

2.脂漏性湿疹を治す頭の洗い方

2-1.頭をお湯で軽く洗って、水気を除く

頭をシャンプーで洗う前に、お湯で軽く洗うようにします。頭皮や髪にお湯をつけるとシャンプーの泡立ちがよくなります。

軽く洗った後に髪を手で絞るなどして、お湯を十分に取り除いてください。お湯だらけの髪にシャンプーをつけても、シャンプーが流れてしまうからです。

 

2-2.適切な量のシャンプーを使う

十分な量のシャンプーを出します。脂漏性湿疹の原因の1つは分泌された皮脂をうまく取り除くことができないからですが、その理由は使うシャンプーの量が足りないからです。

ボトルに入ったシャンプーを例にとると、2プッシュは必要です。脂漏性湿疹で苦しんでいる人は、2.5プッシュくらい使ってもいいかもしれません。それで症状が収まれば、徐々にシャンプーの量を減らしても構いません。

私は1983年生まれの男性ですが、2プッシュ使っています。

 

2-3.頭皮を指の腹で洗う

指の腹を使って、頭皮をなでるようにして洗います。頭を洗うというのは髪の毛と頭皮を洗うことですが、脂漏性湿疹の場合には頭皮をうまく洗うことができていません。1か所につき10回程度は手を往復して、頭皮を洗ってください。

脂漏性湿疹が発症する場所の1つは、髪の生え際です。この理由は頭を洗う際に、頭の頂上などはしっかり洗いますが、顔と頭の境界である髪の生え際の洗いもれがおきるからです。髪の生え際もよく洗ってください。

頭を洗う際には、ブラシではなく指の腹を使ってください。指の腹は柔らかいので頭皮を傷つけませんし、頭皮を指で触って確認しながら洗えば、洗いもれもありません。

 

2-4.十分にシャンプーを洗い流す

頭のシャンプーを十分に洗い流してください。シャワーで頭にお湯をかけるだけでは不十分であり、指の腹を使って十分に洗い流す必要があります。

脂漏性湿疹ではありませんが、シャンプーの洗い流しが不十分で頭がかゆくなることもあります。

 

2-5.脂漏性湿疹を治す期間

頭を十分に洗うと脂漏性湿疹を治すことができますが、2週間程度が必要です。

頭を洗った直後はかゆみが強くなりますが、これは頭を洗ったことが湿疹を刺激するためでしょう。適切なスキンケアをしていくとやがて治まります。

脂漏性湿疹は顔に発症することもありますが、頭皮の場合は顔の場合と比べて、治りが遅いです。

 

2-6.脂漏性湿疹とシャンプー

十分に残量があるボトル入りのシャンプーを使ってください。残量が少なくなるとシャンプーが水っぽくなり、洗浄力が低下してしまうからです。

ボトル入りのものをおすすめする理由は、シャンプーの量を計ることができるからです。脂漏性湿疹を治すには、十分な量のシャンプーが必要です。

シャンプーは好きなものを使ってください。おすすめのシャンプーはありません。

脂漏性湿疹を治すには十分な量のシャンプーを使う必要があるので、高いシャンプーだとケチってしまうでしょう。それよりは、普通のシャンプーを十分に使うことをおすすめします。

結婚している男性が脂漏性湿疹を発症しているとして、妻と同じシャンプーを使うと、多くのシャンプーを使われることで嫌がられるかもしれません。この場合には、男性は自分のシャンプーを用意してください。

女性のシャンプーは高いですから!

 

3.私の経験

私は男性ですが、27才~30才のころまで脂漏性湿疹に苦しんだことがあります。

頭のかゆみが強く頭をかいていると、ふけが机の上に積もったことを覚えています。当時は脂漏性湿疹というものを知らなかったので、ストレスが原因かと思っていました。

その後、以下の工夫をしたことで脂漏性湿疹を治すことができました。

  • 残量が減って薄くなったシャンプーを使わないこと
  • 多めのシャンプーを使うこと
  • 髪が伸びた時期には、シャンプーの量を多め(2.5プッシュ)にすること
  • シャンプーする前に、髪の水気をよく除くこと

脂漏性湿疹が治ってから再び発症することはなく、いい状態を保っています。

脂漏性湿疹の原因の1つは栄養バランスの悪化であるとされていますが、私の場合は適切なスキンケアだけで治すことができたので、栄養バランスは関係ありませんでした。

 

4.頭のアトピー

アトピーの人は頭がかゆいと、頭皮にもアトピーの症状が現れたと思うかもしれません。しかし、このかゆみは脂漏性湿疹であり、脂漏性湿疹をアトピーと誤解している可能性があります。

私は子供の頃からアトピーでしたが、頭皮にアトピーが出たことはありません。また、頭がかゆくなった原因は脂漏性湿疹でした。

 

5.おわりに

脂漏性湿疹を治すには、頭皮の正しいスキンケアが必要です。一度この方法を身につければ、その後もずっと使うことができます。

おすすめのシャンプーはありません。

 

5-1.子供の頭の脂漏性湿疹

子供がいる人は、子供にも正しいスキンケアの方法を教えてあげてください。子供が小さい頃は脂漏性湿疹になりませんが、思春期の頃からフケが出る理由の1つは脂漏性湿疹です。

この状態が続くと、将来的には脂漏性湿疹になる可能性があります。

以下の記事で、子供の頭の脂漏性湿疹を治す方法を紹介しましたので、参考にしてみてください。

子供の頭のかゆみやフケの原因は脂漏性湿疹。治す方法は正しいシャンプーをすること

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です