ウォーキングしても寿命は伸びないし、長生きしない。伸びる寿命は1年だけ

ウォーキングすると寿命が伸びると思っていませんか?長生きのためにはウォーキングが良いと知られていますが、これは間違いです。ウォーキングに寿命を伸ばす効果はほとんどありません。

ウォーキングでどれくらい寿命が伸びるかはわかっています。ウォーキングで伸びる寿命は最大で1年だけですし、もっと短い可能性があります。寿命を伸ばすには、味付けが薄い食事をしたほうがウォーキングより効果的です。

この記事では、ウォーキングをしても長生きできないことを紹介します。長生きしたり寿命を伸ばすことに興味がある人は、参考にしてみてください。

1.ウォーキングしても寿命に差はない

ウォーキングの時間や頻度で寿命に違いがあるなら、都会と地方の人で寿命に大きな差が出るはずです。都会の人は地方の人よりウォーキングの時間が長いですし、頻度も大きいからです。
しかし、都道府県別の寿命を比べるとわかりますが、寿命はほぼ同じです。

例えば、東京や神奈川などの都会では、移動に電車やバスを使うのでウォーキングの時間や頻度は多いです。東京や神奈川の社会人は就職から定年退職までの40年間、1日に1時間以上のウォーキングをしているはずです。

長野や鳥取などの地方では、移動手段はほぼ車だけです。通勤や買い物などの外出では車を使いますし、200m先のコンビニに行くときにも車を使います。成人は1人1台の車を持つのが普通であり、自転車も使いません。

 

都会と地方の平均寿命の差

地方の人と都会の人では、ウォーキングの時間や頻度が40年以上にわたって大きく違いますが、その平均寿命はあまり変わりません。
都会と地方の人の平均寿命をいくつか紹介します(男性、小数点以下切り捨て)

  • 平均寿命が1番長い県:滋賀81歳
  • 平均寿命が1番短い県:青森78歳
  • 都会の県の平均寿命:神奈川81歳、東京81歳
  • 地方の県の平均寿命:長野81歳、鳥取80歳
  • 全国平均:80歳

平均寿命が短い青森に関しては、ウォーキングが寿命に影響しているかもしれません。しかし、以降で説明するように、ウォーキングの効果はほとんどありません。

 

高齢の時期に歩いても寿命は伸びない

都会の高齢者は若いころだけでなく、高齢になってからもよく歩きます。若いころから歩いてきているので、歩くための体力や生活習慣を身につけているからです。

地方の高齢者はほとんど歩きません。高齢になっても車に乗り続けますし、車に乗れなくなると家にいる時間が長くなります。地方の人は車に乗り続けてきたので、高齢になってから歩くのは無理だからです。

都会の高齢者は歩き続けて地方の高齢者は歩かないことになりますが、そのウォーキングは寿命に影響しないということになります。

 

2.寿命は他の要素で決まる

青森などの東北エリアでは、塩分濃度が高い食生活をしていることが知られています。平均寿命が短い県は青森や岩手、秋田などの東北の県であり、これらの地域の人は高血圧などの生活習慣病になりやすいです。東北エリアの人の平均寿命が短い理由は食生活です。

ウォーキングして体力を維持しても、高血圧で脳梗塞を発症すると寿命は縮みます。青森などの東北エリアの人に限っては、食生活を改善するだけで寿命が伸びる可能性があります。

寿命を伸ばすためには、ウォーキングを頑張るより食生活に気をつけるほうが効果的です。ウォーキングを頑張っても寿命は伸びませんが、味付けを工夫すると1歳ほど伸びます。

 

3.ウォーキングで伸びる寿命は最大で1年

食生活で寿命が縮む東北エリアを除くと、最も平均寿命が短い県は和歌山で80歳です。地方である和歌山の平均寿命が80歳、都会である神奈川の平均寿命が81歳ですから、ウォーキングで寿命が伸びるとしても、それは1歳だけです。

この寿命の差は、ウォーキングだけで決まるわけではありません。地方や都会では生活スタイルが大きく違いますし、医療の水準も違います。これらの要素を除くと、ウォーキングが寿命に与える影響はほとんどありません。

 

4.おわりに

ウォーキングすると寿命が伸びるという考えがありますが、その影響はほとんどありません。ウォーキングで伸ばせる寿命は最大で1年ですが、実際にはより短いです。

ウォーキングは健康の維持に役立ちますから、健康寿命を伸ばすことはできるかもしれませんが、寿命を伸ばすことはできないでしょう。この理由は、現代では医療が発達していて病気の人も長生きできるからです。

 

4-1.早歩きやランニングなら効果がある?

通常のウォーキングをしても寿命を伸ばすことはできませんが、早歩きやランニングをすると寿命を伸ばせる可能性があります。ウォーキングで寿命を伸ばしたい人は、早歩きやランニングをしてみてください。

早歩きやランニングは普通のウォーキングと異なり、速く移動するための筋肉や毛細血管を発達させることができます。また、早歩きやランニングは普通のランニングより移動スピードが速いですから、より長い距離のウォーキングができるようになります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です