1日に3回、歯磨きをしたら気づいたこと

1日に朝と夜の2回、歯を磨く方は多いでしょうが、1日に3回歯磨きをしませんか。昼に歯磨きをすると口臭も減りますし、自分や他人が快適に過ごすことができる時間が増えます。

私は33才の頃から昼にも歯磨きをするようにしました。最初は面倒だと思いましたが、慣れると面倒ではなくなりますし、口臭などの問題も減るので今では昼にも歯を磨くことが当たり前になりました。

この記事では、私が歯を3回磨くことを続けて気づいたことを紹介します。

 

歯を1日に3回磨いて気づいたこと

自分でもわかるくらい口臭が減った

1日に3回歯を磨くようにしてから、自分でも気づくほど口臭がなくなりました。1日に2回の歯磨きをしていた頃は、朝の7~9時の間の歯磨きと夜の24時にする就寝前の歯磨きしかしていなかったので、夕方になると自分の口臭を感じることもありました。私は口臭がそれほど強くありませんが、10時間もたてば口臭も出ますし、夏の暑い時期には唾液も乾くので口臭も強くなります。これは他の方も同じでしょう。

私が歯磨きを1日3回する理由はもう一つあり、趣味でランニングをしていることです。口を開けてランニングをすると唾液も乾くので虫歯になりやすいですし、自分でも口臭が少し気になります。

営業職など他人と会う機会が多い仕事をしている方は、歯を1日に3回磨くことをおすすめします。社会人になると他人の口臭を指摘することはまずありませんが、相手は気になっているかもしれません。口臭をごまかすためにはガムをかむ方法もありますが、歯磨きをしたほうが効果が高いですし安くて済みます。もちろん、歯磨きには口臭を防止するだけでなく、歯の健康を守ることができます。

 

将来に投資していると考えるようになった

歯を磨くことは健康な人生を生きることに必要ですが、節約や将来への投資としての効果もあります。例えば、40代以上になると歯周病になって歯を失うことが多く、それは医療費の増加につながります。

私は33才のころに歯が痛くなって歯医者に行ったことがきっかけで、自分の歯を大事にするようになりました。歯を大事にすることをおすすめします。

将来に投資する方法に関しては、資格勉強や貯蓄などを考えることが普通ですが、歯を磨くことも将来への投資になります。自分の健康は金で買うことができませんし、悪化してからだと高額な医療費がかかるようになります。
私はいくつかの資格を持っていますが、それが将来に役に立つかはわかりません。それが求められる仕事をしているかはわかりませんし、知識も古くなるからです。しかし、私の歯は私が死ぬときまで役に立ちます。

 

慣れると面倒ではない

私が1日3回の歯磨きをするようになった頃は、昼の歯磨きをすることが面倒だったものです。朝と夜の歯磨きをすることは慣れていましたが、昼にもするのは慣れていなかったからです。しかし1か月も我慢して続けると、昼の歯磨きをすることが面倒ではなくなります。今では、昼に歯を磨かないほうが不快です。

昼に歯磨きをする際のポイントは、朝と夜の歯磨きより少し短めにすることです。時間に余裕があるなら昼の歯磨きも夜の場合と同じようにしっかりとすることが一番ですが、少しくらい短めでもいいでしょう。夜の歯磨きは10分以上の時間をかけてしっかりと行うでしょうが、これと同じことを昼にするのは時間的に現実的ではないかもしれません。

私が夜の歯磨きをするときには、テレビを見ながら10分以上の歯磨きをしますが、昼の歯磨きに関しては10分もしません。夜には1つの歯について30回のブラッシングをしますが、昼の場合には20回ほどです。

 

おわりに

1日に3回の歯磨きをすると歯の摩耗が心配になる場合には、柔らかい毛で作られた歯ブラシを使うといいでしょう。実際には、歯磨きの回数よりも歯ブラシを使うときに強い力で歯を磨くほうが問題になります。歯医者に行った際に、歯磨きについて医師に相談してもいいかもしれません。私は歯科衛生士さんに相談したことがありますが、親切に教えてくれました。

社会人の方は忙しかったり、歯磨きをするための場所がなくて昼の歯磨きをすることができないかもしれません。その場合には、市販のうがい薬だけでも使うことをおすすめします。水だけのうがいよりははるかにましでしょう。
歯磨きをする場所はトイレでもできますが、トイレの水でうがいをしたくないなら、ペットボトルのお茶でうがいをすることもできます。フッ素が含まれた歯磨き粉を使う場合には、うがいをしないことによってフッ素が歯に定着することを促進することもできます。

私がおすすめする歯磨きアイテムは以下のものです。

 

子供の虫歯の対策、大人よりデンタルフロスを使うべき理由


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です