デンタルフロスのおすすめの使用頻度は、少なくとも1日2回

デンタルフロスの使用頻度でおすすめは1日に2回です。夕食後や就寝前にデンタルフロスをするだけでは、十分ではありません。

この記事では、デンタルフロスを1日に2回使うことをおすすめします。歯の健康に興味がある人は参考にしてみてください。

1.デンタルフロスの使用頻度

1-1.バイオフィルムやプラークは数時間でできる

デンタルフロスを使ったり歯磨きをする理由は、プラークやバイオフィルムなどを取り除くことです。歯磨きは歯の全体の掃除、デンタルフロスは歯間の掃除に適しています。

プラークやバイオフィルムは長くて24時間でできますが、1日1回のデンタルフロスと歯磨きでは足りません。プラークやバイオフィルムは24時間たたなくても、歯に悪影響を与えるからです。

私は1日に3回歯を磨きますが、2回歯を磨くのとは大きな違いを感じます。自分でも口臭が少なくなったと思いますし、口の中の不快感が違います。歯磨きと同じように、デンタルフロスも1日に1回では足りません。

歯磨きの回数が1日に2回か3回の人は、試しに1日に3回歯磨きをしてみてください。違いを実感することができます。

 

1-2.デンタルフロスは時間がかからない

デンタルフロスにかかる時間は歯磨きより短いですし、デンタルフロスは歯磨きより簡単です。1回の歯磨きにかかる時間は10分以上のはずですが、デンタルフロスなら数分で終わるはずです。

歯磨きは1つ1つの歯を丁寧に磨くことですから、ある程度の時間がかかります。しかし、デンタルフロスは歯間を掃除するだけです。

忙しい学生や会社員でも、朝食後や昼の休憩時間にデンタルフロスをするだけの時間はあるでしょう。

 

1-3.おすすめのタイミングは朝と夜

デンタルフロスを使うタイミングでおすすめは、朝食後と夕食後です。

夕食後にデンタルフロスが必要なのは明らかですが、朝食後にもデンタルフロスをしてください。起床後は口の雑菌が増えていますし、朝食でたまったプラークを取り除くことができるからです。

昼食後にもデンタルフロスを使うのがおすすめですが、学校や会社などでデンタルフロスを使うのは難しいかもしれません。デンタルフロスを使うのは目立ちますし、日本では少数派です。

私は会社で歯磨きしている人を見かけたことはありますが、デンタルフロスを使っている人は見たことがありません。

 

2.おわりに

歯磨きだけでは、歯間の掃除を十分にすることはできません。1日に2回はデンタルフロスも使ってください。

デンタルフロスを1日に3回使うことが理想ですが、これは難しいと思います。ほとんどの学生や会社員には、1日に3回の歯磨きと2回のデンタルフロスが現実的だと思います。

おすすめのデンタルフロスはありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です