広場恐怖症の克服におすすめの方法はバス

電車やバスなどに乗れなくなる広場恐怖(広場恐怖症)にかかっていませんか?広場恐怖は精神病の1つですが、自分で克服できます。

広場恐怖を克服するには乗り物に乗る必要がありますが、バスに乗ることがおすすめです。バスは手軽ですぐに降りれて必要な費用も高くないので、広場恐怖の人がチャレンジしやすいからです。

この記事では、広場恐怖を克服する方法としてバスに乗ることをおすすめします。広場恐怖の人は参考にしてみてください。

1.広場恐怖の克服にバスがおすすめの理由

1-1.時間や距離を調整できるから

広場恐怖を克服するにはバスなどの乗り物に乗る必要があります。バスは乗る時間や距離、駅の数を調整できるので、広場恐怖の克服に適しています。

電車などの選択肢もありますが、電車は乗る前に目的地の駅を決める必要があるので、電車に乗ってから変更できません。これは広場恐怖の人にとってやりにくいです。

スイカなどのICカードが使える人は電車でも構いません。スイカだと事前に切符を買う必要がないので、目的地の駅を決める必要がないからです。耐えれなくなったらいつでも電車を降りれますし、耐えれたら乗り続ければいいだけです。

バスに乗って恐怖に耐えることができそうなら、バスから降りるのをできるだけ遅らせてください。30分間ほど乗ることができれば十分ですし、1時間も乗れれば広場恐怖を克服したと確信できます。

最初は1駅分の距離から始めて、徐々に駅の数を増やすのがおすすめです。

 

1-2.バスは一駅の間隔が短いから

バスは各駅を巡回しますが、各駅間の所要時間は数分程度で短いです。広場恐怖の人が練習をするなら、バスはやりやすいです。

広場恐怖の人はバスに乗ると強い恐怖を感じますが、数分程度なら恐怖に我慢できるはずです。数分程度の我慢から始めて、バスに連続して乗る時間を徐々に長くしてください。

恐怖が続く時間は長くて20分~30分程度ですから、これだけの時間に耐えることができれば、広場恐怖を克服できます。

 

1-3.通勤や通学に使えるから

広場恐怖にかかっている学生や社会人は、通勤や通学でバスを使うと広場恐怖を克服することに役立ちます。広場恐怖を克服するには、頻繁に恐怖に向き合う必要があるからです。通勤でバスに乗ると、毎日広場恐怖に向き合えます。

1か月ほど、バスを使って通勤や通学してみてください。1か月ほどバスで通勤や通学しても料金はそれほどかかりません。もちろん、バスに数回乗るだけで広場恐怖を克服できそうなら、通勤や通学で使う必要はありません。

 

広場恐怖を克服したきっかけは通勤

私は広場恐怖にかかっていましたが、乗り物の広場恐怖をほぼ完全に克服できました。私は今ではバスや電車に乗ることができますし、恐怖を感じません。

私が広場恐怖を克服できたきっかけは、通勤で電車に乗る必要があったことです。毎日、電車に1時間ほど乗り続けるのは、広場恐怖の克服に役立ちました。私が電車通勤を始めてから広場恐怖を克服するのにかかった期間は、1か月もありません。

広場恐怖の人にとって、電車通勤やバス通勤は耐え難いものに見えます。しかし、電車やバスから逃げられない状態になることは、広場恐怖を克服するためのモチベーションを与えてくれます(逃げられないだけですが)

精神病が辛い場合には、逃げることは悪くありません。しかし、広場恐怖の克服に限っては、逃げないほうがいいと思います。

 

2.おわりに

バスに乗るとお金はかかりますが、広場恐怖を克服できるならその価値があります。広場恐怖を克服するのに1か月ほどかかるとすると、必要な金額の合計は1万円程度で済むでしょう。

バス以外の選択肢には電車がありますが、料金はほとんど変わりませんし克服に必要な期間も同じです。好きなほうに乗ってください。スイカなどのICカードを使えるなら、電車はバスと同じように乗りやすいからです。

広場恐怖を克服するには、精神科やカウンセリングに通院する方法もありますが、とりあえずバスか電車に乗ってみてください。バスか電車に乗るだけで、広場恐怖を克服できるかもしれません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です