頭が固い原因。頭を柔らかくする方法は考え方を変えること

頭が固いと言われませんか?頭が固い人でも、頭を柔らかくする方法があります。頭の固さは能力ではないからです。

頭が固いと言われると、自分の能力が足りないと思うかもしれません。しかし、頭が固い原因は考え方の癖です。

この記事では、頭を柔らかくする方法を紹介します。頭が固いと言われる人は参考にしてみてください。

1.頭が固いとは

頭が固いというのはいろんな意味がありますが、考え方の選択肢が狭かったり融通が利かないことです。理解力や発想力が低いことは、頭の固さと関係ありません。

頭が固くなる原因には、以下のものがあります。

  1. 不合理な考え方の癖をもっていること
  2. 他人に対する遠慮が強いこと
  3. 自己主張不足

この記事では、これらが原因で頭が固くなっている人を対象に、頭を柔らかくする方法を紹介します。

 

2.頭を柔らかくする方法

最善にこだわらない

頭を柔らかくするためには、最善にこだわる癖を直す必要があります。最善を目指すのは良いことですが、程度がひどければ弊害も生まれます。

射撃の的には100点・90点・80点などがありますが、100点の面積は小さいです。100点にこだわると、選択肢が狭くなります。80点以上で良しとするなら、選択肢を多くすることができます。

仕事に厳しい人は頭が固いことがあります。これはその人の考え(100点)以外を認めないからです。100点にこだわる人は、他人の考えを受け入れることができません。

100点の答えは80点の答えより優れていますが、これは机上の空論です。実際にはどちらも十分に役立つからです。他人の考えも80点くらいはありますし、第三者から見れば同じです。

 

五十歩百歩をやめる

私は他人とつまらないことで口論になったことがあるので、それを例として紹介します。

ある仕事に関して、私とその人と違うやり方をしていました。2人のやり方は違いますが、結果はほとんど同じでした。私はその人と一緒に仕事をしたときに、どちらのやり方を使うかで口論になりました。

その人はより優れた方法にこだわっていたために、私の方法が許せなかったのでしょう。私は最終的に譲歩しましたが、その口論を見ていた第三者はどっちでも同じと言っていました。

 

ルールを見直す

どんな職場にもルールがありますし、すべての人は自分のルール(道徳)を持っています。頭を柔らかくするには、このルールを見直す必要があります。ルールに縛られると、選択肢を狭めてしまうからです。

社会人が守るべきルールは法を必ず守ること、常識をできる限り守ることです。このルールを守る限り、どんな方法を使っても構いません。

 

冠婚葬祭や歓送迎会に参加する必要はない

例えば、多くの人は友人や親戚の結婚式に律儀に参加します。これは良いことですが、自分の多くの時間と金をかけてする必要はありません。新郎新婦は結婚式に欠席できませんが、他の人は欠席しても構いません。

結婚式に参加しなかったとしても、別の機会に改めて祝福すればいいだけのことです。帰省したときに、新郎新婦にお祝いを伝えることはできます。

職場の歓送迎会でも同じです。嫌いな同僚の歓送迎会に参加する義務はありません。歓送迎会に参加するのは常識ですが、義務ではありません。お世話になった上司や好きな同僚の歓送迎会にだけ参加すれば十分です。

私は相性が悪かった上司の歓送迎会に参加しなかったことがありますが、特に問題はありませんでした。相手もそれを望んていたのかもしれませんが。

 

自己主張を学ぶ

融通が利かない原因の1つは、他人への過剰な遠慮や自己主張不足です。頭を柔らかくするとは、一般的な方法とは違う考え方をすることです。この考え方を守るには、自己主張が必要です。

例えば、会社の歓送迎会を欠席するには自己主張が必要です。他の人に遠慮しすぎている人は、歓送迎会を断ることができません。

 

3.おわりに

この記事で紹介した方法を使うと、頭を柔らかくすることができますが、慣れるために練習が必要です。これらの方法を定着させるには、繰り返して使う必要があります。

例えば、冠婚葬祭や歓送迎会のイベントを断るようにしてみてください。これだけでも、自分の費用と時間を節約することができます。最初は気まずい思いをするかもしれませんが、慣れると気になりません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です