散髪のときに会話がなくて気まずいとき。会話が苦手な人の対策

散髪に行くと理容師(美容師)との会話がなくて気まずい思いをしていませんか?会話が続かないと気まずいですが、よく考えてみると気まずい思いをしなくても良い理由があります。

散髪で会話がなくて気まずい思いをしている人は、いくつか見落としていることがあります。散髪の客と理容師の会話が長続きしないのは普通ですし、理容師にとってはうれしいことです。会話がないことは気まずいことではありません。

この記事では、散髪で理容師との会話が続かなくて気まずい思いをしている人を対象に、その対策を紹介します。

1.散髪で会話がなくて気まずいときに知るべきこと

1-1.理容師は会話がなくても気にしない

散髪をしているときに、理容師と会話をしないと気まずく感じるかもしれません。しかし、理容師はまったく気まずいと思っていませんし、会話をしない客のことを気にしてもいません。

理容師が気まずさを感じない理由は、会話をしない多くの客を相手にしているからです。理容師は多くの客の散髪を毎日しますから、客との会話が途切れることに慣れています。理容師は客との会話が続かないことでストレスを感じているなら、商売をやっていくことができません。

客は理容師との会話がないと気まずいでしょうが、それは客が気まずさに慣れていないからです。客が散髪に行く頻度は2か月に1回程度ですから、気まずさに慣れないのでしょう。

 

理容師は会話がないとうれしい

理容師にとって、会話がないことは気まずいことではありません。自分の仕事に集中できますし、余計な気を遣わなくて済むからです。

別の客を待たせているときには、その客のことも配慮する必要があります。ゆっくりと会話をしながら散髪をしていると、別の客はうんざりするでしょう。

散髪をしているときに会話が続かなかったときには、他に客がいないかをチェックしてみてください。理容師は本当に急いでいるのかもしれません。

 

理容師は職人と同じ

理容師は客と会話をすることもありますが、専門技術をもつ職人であり自分の仕事に集中したいでしょう。理容師は楽しい会話を楽しむことはできますが、客と無駄な会話をしても仕方ありません。

 

1-2.会話がなくても問題はない

理容師との会話がなくても問題はありません。散髪の仕上がりに影響はありませんし、理容師の気分が悪くなることはありません。もちろん、散髪の料金も同じです。

ほとんどの人は理容師と会話がなくて気まずい思いをしたことがあるでしょうが、それ以降もその散髪屋に行くことができているでしょう。会話がないことで、入店拒否されることもありません。

デートでもそうですが、会話を無理に続けるとかえって失敗します。

 

1-3.他の客は会話がなくても気にしない

理容師との会話がなくて気まずい人は、他の客のことをチェックしてみてください。ほとんどの人は理容師との会話が長続きしませんし、会話が途切れても気まずさを感じません。

例えば、男性の客は寝ていることが多いですし、女性の客は雑誌を読んでいることが多いです。ほとんどの人は理容師と会話が続くことはありません。

客が理容師と会話をしないことはよくあることですから、無理に理容師との会話を続ける必要はありません。もちろん、客や理容師のコミュニケーション能力が低いわけでもありません。

 

私が散髪に行くとき
私が散髪に行くときのことを参考として紹介します。
私は散髪を始めてから10分程度は理容師と世間話をします。この世間話が終わった後は、鏡を見ながら散髪の進行具合を見るようにしています。

自分の散髪の具合をチェックしていると、細かい修正をお願いすることができるようになりますし、気まずさから気を逸らすことができます。客は自分の散髪の仕上がり具合をチェックするべきですが、会話をしているとそれができません。

 

2.おわりに

会話がなくて気まずい思いをしたくない人は、無理にでも会話を続けようとすることがあります。しかし、会話が自然に進むのは良いことですが、無理に会話を続ける必要はありません。

散髪で理容師との会話がなくて気まずい思いをしている人は、この記事のことを思い出してみてください。

 

2-1.最初の10分間の会話を用意しておく

散髪を始めてから10分間ほどの会話のネタを用意しておくと、理容師と会話がなくても気まずい思いをしなくてすみます。
最初から最後まで会話がないと気まずいですが、散髪が始まってしばらくしてから会話がなくなっても、気まずい思いをしません。

おすすめの会話のネタは天気やそのときに盛り上がっている話題などです。

私の場合
私が理容師と会話するときのネタをいくつか紹介しますので、参考にしてみてください。私が会話のネタによく使うのは質問です。

例えば、理容師が使っている鋏、客が座る椅子などに関することです。試しに、会話のネタに困っている人は散髪屋の椅子の値段を聞いてみてください。椅子の値段がかなり高いことに驚くでしょう。

芸能人などには、特徴的な髪型をしている人もいます。その髪型のことで理容師との会話が楽しくなることもあります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です