家事で指示待ち夫を改善する方法。夫が自分から家事をするようになるには

夫が家事をしなかったり、妻からの指示待ちになっていませんか?指示待ち夫は妻にとって不快ですが、これを解決する方法もあります。

夫が家事の指示待ち人間になる理由の1つは、妻が原因かもしれません。夫は妻から言われなければ自発的に家事をするのに、妻から指示されることで自発性を失うことがあります。このタイプの夫の場合には、妻が夫の自発性を回復して、自分から家事をするようにできるかもしれません。

この記事では、妻が家事の指示待ち夫を解決するための方法を紹介します。夫のことで悩んでいる妻は参考にしてみてください。

1.夫が指示待ちになる理由

夫が自分から家事しない理由には、以下のようなものがあります。複数の理由があてはまることがあります。

  1. 夫は家事が嫌いだから(面倒)
  2. 夫が家事のやり方を知らないから
  3. 夫は家事を自分の仕事と考えていないから
  4. 夫が妻を尊重して、指示を待っているから

1に関しては、夫が家事を嫌っている場合です。

2に関しては、夫が家事の方法を知らない場合です。ほとんどの男性はある程度の家事ができますが、1人暮らしを経験していない男性は家事ができないこともありますし、必要な家事を認識していないこともあります。

3に関しては、夫が家事を自分の仕事と考えていない場合です。力仕事は男性の仕事というイメージがありますが、料理や掃除などを男性の仕事として考えない夫もいます。

4に関しては、夫が妻のことを尊重して家事に手を出さない場合です。夫は家事ができますが、妻の考えや指示を尊重して自発的に動かない状態です。

この記事で紹介する方法は、2、3、4の場合を解決する方法です。1は難しいかもしれません!

 

2.家事の指示待ち夫を解決する方法

2-1.妻が夫に家事の方法を教える

男性には家事の方法を知らない人もいます。1人暮らしを経験した男性は家事をすることができますが、家事をできない男性もいます。夫が家事の方法を知らない場合には、妻が夫に家事を教える必要があります。

おすすめの家事は洗濯や掃除機がけなどです。これらの家事は簡単で、すぐに習得できるからです。夫はネットに入れて洗うものを習う必要がありますが、数回の失敗を経験すると後は上手くできます。

 

2-2.妻が夫に指示しない

家事の指示待ち夫を解決するには、妻が夫に家事を指示するのをやめる必要があります。

妻が夫に家事を指示すると、夫は家事に関して指示待ち人間になります。夫は妻の指示を無視することもできますが、妻を尊重して指示を受け入れます。夫が妻からの指示を待つことに慣れると、自分から家事をしなくなりますし興味もなくなります。

夫は妻からの指示がなくなると最初の頃は戸惑いますが、しばらくすると自発性を取り戻して自分から家事をするようになります。また、夫が家事に自発的になると、家事を便利にするアイテムなどにも興味をもつようになって、家事が上達します。

 

2-3.妻が夫のやり方を尊重する

妻が夫に家事の方法を指示する限り、夫は自分で考えなくなります。これを解決するには、妻は夫が自分の方法で家事することを認めるべきです。夫の方法が合格点に達しているならそれで十分です。

例えば、妻の方法が90点で夫の方法が80点だとしたら、どちらの方法でもうまくいきます。90点の方法は80点の方法より優れていますが、80点の方法でも十分であとは趣味の問題です。
妻が夫に指示するべきなのは、夫の家事がひどい場合だけです。

女性同士なら口出ししない

女性同士でも家事の方法や点数が違うのは普通ですが、女性は互いの家事に干渉しません。同じように、妻は夫の家事に干渉するべきではありません。

面白いことに、妻が別の女性の家事に口出しするのをためらっても、自分の夫に口出しするのはためらいません。これは悪いことではありませんが、夫の自発性を損ねます。

 

2-4.夫の家事は簡単なものにする

指示待ち夫を解決するには、夫は簡単で妻がこだわらない家事を担当するべきです。これらの家事なら、妻が夫に指示する必要がないからです。

例えば、以下の家事は簡単で方法も固定していますから、妻が夫に口出しする必要がありません。また、夫は家事で機転が利かないと思いますが、固定の家事なら機転も不要です。

  • 洗濯
  • 掃除機かけ
  • 窓ふき
  • 新聞や雑誌のごみ出し(廃品回収やその荷造り)
  • 必要なものの買い物や補充

反対に、夫は料理や赤ちゃんの育児を担当するべきではありません。これらはやり方が複雑ですし、女性がこだわる分野だからです。夫が不器用な方法でおむつを交換したり赤ちゃんに食事をさせていると、妻は必ず口を挟みます。

家事に限ったことではありませんが、2人のリーダーが同時に同じところで活躍することはありません。どちらかが主導権を握りますし、負けたリーダーは指示待ちになります。

 

3.おわりに

妻は家事の指示待ち夫が嫌いかもしれませんが、これは必ずしも悪いことではありません。以下のように良いこともあります。

1つ目の良いことは、夫が妻を尊重していることです。男性は自分と対等以上か尊重している人の指示だけを受け入れます。部下や後輩からの指示を受け入れる男性はいません。

2つ目の良いことは、夫と妻の主導権争いを回避できることです。夫は家事をしないことで、妻との主導権争いを回避しています。夫が家事に細かく関わると、夫は姑のようになるかもしれません。
妻と姑の仲が悪い原因の1つは主導権争いです。

最も良い方法は夫と妻が互いの家事の分担を決めて、互いに口出ししないことです。主導権争いを回避しながら互いの自発性を尊重できるので、夫が家事の指示待ち人間になることもありません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です