学歴コンプレックスや劣等感を解消する方法。低学歴でもコンプレックスは消せる

学歴コンプレックスや劣等感に苦しんでいませんか?学歴コンプレックスは解消できます。難関大学を卒業したり、難しい資格を取る必要はありません。

学歴コンプレックスを解消するのに必要なことは、自分の学歴が低くても大丈夫だと感じることです。低学歴でも幸せに生きることができるとわかると、自信がついて学歴コンプレックスを解消できます。

この記事では、学歴コンプレックスを解消する方法を紹介します。学歴コンプレックスを持っている人は参考にしてみてください。

1.学歴コンプレックスを解消する方法

学歴コンプレックスを感じている人は、自分の学歴が低いことを嘆いています。しかし、自分は学歴が低くても大丈夫だと実感すると、学歴コンプレックスを消すことができます。

自分にできることを実感するために、自分にできることをすべて紙に書き出してください。できることは人によって違いますが、以下のようになります。

  1. 必要なことができる(仕事・家事・子育て・手続きなど)
  2. 時間をかければ、多くのスキルを習得できる(下手でもよい)
  3. ユーモアのセンスがある
  4. 自立している
  5. 家族を養える
  6. 良い親・子供・家族である
  7. 良い友人・同僚・上司・部下である
  8. 加齢とともに、経験や知識が増えて賢くなる
  9. 文章が書ける
  10. 税金を払うことで、国に貢献している
  11. 恋人を見つけることができる
  12. 誰かを励ましたり助けることができる
  13. 愚痴を聞くのがうまい

これらのことを書き出すと、自分は学歴が低くても大丈夫とわかります。学歴が低くても必要なことはすべてできますし、幸せに生きることができます。

偉大な科学者になったり、他人から羨まれることはないかもしれません。しかし、それでも自分に必要なことができれば十分に幸せです。

 

2.進学しても学歴コンプレックスは消えない

学歴コンプレックスを感じている人は、社会人になっても大学や大学院に進学することを考えているかもしれません。しかし、進学しても学歴コンプレックスを消すことはできません。

学歴にも上には上がいます。学歴コンプレックスを感じる人が良い大学を卒業しても、別の学歴コンプレックスを感じるだけです。

社会人がどうしても進学する場合には、大学院が大学よりおすすめです。大学院の入試は大学の入試より簡単ですし、必要なことを狭く学ぶことができます。

大学院には修士課程と博士課程がありますが、修士課程の標準年限は2年ですから大学より修了するのが簡単です。大学院を修了すると、大学を卒業するより学歴が高くなります。

大学院に入学するのに大学を卒業する必要はなく、高卒でも十分です。

 

3.他人が自分を認めてくれないとき

学歴コンプレックスを感じている人は、他人から自分の学歴を低く評価されるのが辛いです。この場合には、以下のように考えてください。

 

他人の考え方が間違っている

他人が自分の学歴を認めてくれなくても、気にしないでください。これはその人の考え方が間違っているだけです。人間は学歴がなくても十分に素晴らしいのに、その人がそれに気づいていないだけです。

例えば、多くの人が間違っていることの1つに、高学歴という言葉があります。学歴は高校や大学を卒業したかどうかで決まります。偏差値が高い大学でも低い大学でも、大学を卒業すれば同じ学歴(大卒)になります。

しかし、多くの人はこれを誤解していて、高学歴は有名大学を卒業することと考えています。間違った考え方をしている人を、相手にする必要はありません。

大学に入学するときの偏差値は18歳の学力で決まります。その時点の学力に差があっても、その差が一生続くわけではありません。

 

学歴は人間の価値ではない

学歴コンプレックスを感じている人は、高学歴の人に会うと気後れします。学歴で負けると、人間として負けたように感じるのかもしれません。

学歴は勝敗ではありません。大卒の学歴は高卒の学歴より優れていますが、大卒の人が高卒の人より優れているわけではありません。学歴は人間の価値に関係がないからです。

私は大学院を修了しているので、他の人より高学歴です。しかし、私は他の人より優れていると思いません。

 

4.私が学歴コンプレックスを解消したきっかけ

私は学歴コンプレックスを感じたことがありましたが、克服できました。参考として、私の経験を紹介します。

私は地方の国立大学とその大学院を修了しましたが、学歴コンプレックスを感じていました。私の大学は難関大学でなかったですし、名門大学を卒業した人がテレビに登場すると、心が動揺したのを覚えています。

私が学歴コンプレックスを解消したきっかけは、優れた学歴を持っていなくても大丈夫と気づいたからです。私は偉大な科学者や弁護士にはなりませんが、必要なことはすべてできます。これで十分です。

私はできないことがありますが、それでも素晴らしい人生を生きていくことができます。私は高度な数学や才能を必要としません。

学歴コンプレックスを解消するのに必要なことは、良い大学や大学院を卒業するのではなく、自分や自分の人生が十分に良いと気づくことです。

 

5.資格は学歴コンプレックスを解消しない

学歴が低い人には、難しい資格を取って自分の能力を証明したい人もいます。これは悪いことではありませんが、資格で学歴コンプレックスを解消することはできません。

難しい資格試験に合格しても、学歴は手に入らないからです。学歴コンプレックスは学歴に関する劣等感ですから、学歴でない資格は劣等感を消せません。

 

6.おわりに

学歴コンプレックスを感じている人は、自分が優れた人間であることを証明したいかもしれません。しかし、証明にこだわる必要はありません。自分は学歴に関係なく素晴らしい人間で、幸せな人生になると納得できれば十分です。

この記事で紹介した方法が参考になったら、繰り返しこの考え方を思い出してください。考え方を定着させるには、何度も同じ考え方を使う必要があります。

学歴コンプレックスを解消するために、自分はいろんなことができて幸せに生きることができるという自信を持ってください。これは自惚れや傲慢ではありません。人間は少なくとも、自分が幸せに生きるための自信が必要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です