愚痴を聞く方法。夫婦 友人 恋人を支えるための聞き方

愚痴を聞く方法に興味がありませんか?愚痴を聞くのは大変ですが、配偶者や友人などの愚痴を聞くと、その人を支えてあげることができます。

愚痴を聞くのは簡単ではなく、愚痴を聞くための方法を知っておく必要があります。してはいけないことを知っておくと、悪い愚痴の聞き方をしないで済みます。

この記事では、愚痴をうまく聞く方法を紹介します。愚痴を聞くことが多い人は参考にしてみてください。

1.愚痴を聞く方法

1-1.相手の愚痴を否定しないこと

愚痴の内容はつまらないことかもしれませんし、愚痴を言う人のほうが間違っているかもしれません。しかし、愚痴を言う人を否定してはいけません。その人が辛いと感じているなら、どんな愚痴でも正当なものです。

例えば、以下のような愚痴の聞き方は相手を怒らせるだけです。

  • 相手の愚痴を否定する
  • 相手に説教する
  • そんなことは大したことないと言う
  • 文句を言うな

愚痴を聞く際に相手のことを否定すると、その人との人間関係に悪影響があります。相手のことを否定するくらいなら、黙って聞くほうが効果的です。

 

1-2.不合理な思い込みを取り除く

愚痴を言う人は、失敗などが原因でネガティブになっています。しかし、ネガティブになる本当の理由は、失敗ではなくその解釈です。不合理な解釈をしていることが原因で、必要以上にネガティブになることもあります。

愚痴を聞くときには、相手が不合理な解釈をしていることを相手に伝えると、その人の辛さを和らげることができます。不合理な考え方にはいくつかありますが、以下のようなものがあります。

 

拡大解釈

拡大解釈は不合理な考え方の1つで、小さいことを大げさに考えることです。

例えば、1つの失敗でその人の人格をすべて否定してしまうことです。仕事の失敗を1つするだけで、自分の能力をすべて否定してしまう人がいますが、これは拡大解釈に苦しんでいます。

拡大解釈する必要はないと伝えると、愚痴を言う人は心が落ち着きます。愚痴を言っている人は心が疲れていて、視野が狭くなっているからです。

 

ネガティブフィルター

ネガティブフィルターは悪いところだけを見て、良いところをすべて無視してしまうことです。

例えば、今までの仕事でうまくいっていた人が、大きな失敗を1つしたとします。ネガティブフィルターをしている人は、今までの成功をすべて無視して悪いところだけを見るようになります。

ネガティブフィルターをしている人には、今まででうまくいったことに目を向けるように伝えてみてください。

 

1-3.ちゃんと聞く

愚痴を聞くときには、相手のことをちゃんと聞くようにしてください。スマートフォンでゲームしながら相手の話を聞くと、相手が怒ります。テレビをつけていても構いませんが、相手の話に意識を集中してください。

これは当たり前のことですが、普段の会話の延長として愚痴を聞くときには、このような聞き方をしてしまうことがあります。

 

2.解決策を教えるとき

愚痴を聞くときには、相手の愚痴を聞くことに集中して解決策を伝えるべきでないと言われています。しかし、これはときと場合によります。

相手が簡単に解決できる問題で苦しんでいる場合には、愚痴を聞く人は解決策を教えるべきです。問題が解決すれば、ストレスを感じなくなります。仕事で苦しんでいる場合には、解決策を伝えるべきと思います。

人間関係で悩んでいる場合には、解決策を伝えるかは状況によります。同僚との人間関係に関しては、上司に相談したら解決するかもしれません。しかし、人間関係の問題は解決が難しく、解決策がないこともあります。

この場合には、相手の拡大解釈やネガティブフィルターを見つけることに集中してみてください。相手の苦しみを和らげることができます。

 

3.愚痴を聞くのが疲れたら

愚痴の内容は退屈ですし、愚痴を聞くことは疲れることです。しかし、自分が相手の悲しみを和らげることを目的に愚痴を聞くと、愚痴を聞くのが楽になります。

例えば、私は大学の同期の友人が仕事で悩んでいるときに、愚痴を聞いてあげることがありました。友人は仕事の失敗などで苦しんでいましたが、実際には1つの失敗を拡大解釈していることで苦しんでいました。

私は友人にそのことを伝えると、その友人は以下のことを知って辛さが和らぎました。

  • 1つの失敗で、信頼をすべて失うことはない
  • 仕事はうまくいっていることのほうが多い
  • 自分は優秀でないが、十分にやっていけるくらいの能力はある

愚痴を聞くのは退屈ですが、その人を支えてあげるチャンスでもあります。

 

4.おわりに

愚痴を聞くことが多い人は、愚痴を聞く方法を学んでみてください。愚痴を聞く方法を学ぶことで、配偶者などを支えることができますし、いい人間関係を作ることにも役立ちます。

愚痴を聞くというのは、不合理な考え方を見つけて反論することでもあります。以下の本は不合理な考え方を見つけることに役立ちますので、興味がある人は読んでみてください。

 

この本に限ったことではありませんが、結婚していたり恋人がいる人は愚痴を聞く方法を学ぶべきです。愚痴を聞く機会は多いでしょうが、悪い愚痴の聞き方をしていると、人間関係を損ねるのも早くなります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です