ジェットコースター恐怖症を克服する方法

ジェットコースターに乗ることが怖い人はジェットコースター恐怖症です。ジェットコースター恐怖症を克服することは難しくありません。ジェットコースターに乗るまでの恐怖は強いですが、乗れば恐怖はすぐに消えるからです。

私はジェットコースターに乗ることが怖いジェットコースター恐怖症でしたが、1回で怖さを克服できました。恐怖を克服することは自信につながったり、劣等感を取り除くことにつながるのでおすすめです。

ジェットコースター恐怖症を克服する方法にはいくつかありますが、精神病である不安障害の治療にも使われる認知行動療法(CBT)がおすすめです。

この記事では、私の経験と認知行動療法に基づいて、ジェットコースター恐怖症を克服する方法を紹介します。

恐怖を克服する方法は慣れ

ジェットコースター恐怖症の克服には、認知行動療法(CBT)の1つであるエクスポージャ(暴露療法)が役に立ちます。

これは恐怖を感じることを繰り返し経験することで、恐怖に慣れたり恐怖を感じなくするものです。慣れると恐怖を感じなくなります。

ジェットコースターに乗れなくて困っているのに、ジェットコースターに何回も乗って恐怖に慣れるというのは無理に見えます。しかし、恐怖に慣れる段階的なステップを使うとこれができるようになります。

ジェットコースター恐怖症を克服するには、必ずジェットコースターに乗る必要があります。イメージトレーニングだけでは克服できませんし、回避しても克服できません。

ジェットコースター恐怖症を克服するには、数回はジェットコースターに乗る必要があります。1回でも成功すると、2回目以降はかなり楽になります。余裕があれば1日に何度も乗ってください。

 

ジェットコースター恐怖症を克服する方法

ジェットコースター恐怖症を克服するために、以下のステップを使って段階的に恐怖に慣れていきます。最終的には、ジェットコースターに乗れるようになります。

これらのステップを踏んでも、恐怖は完全になくなりません。しかし、あるステップをクリアすると、次のステップに進むことが簡単になります。

  1. 画像検索などでジェットコースターを見る
  2. YouTubeでジェットコースターの動画を見る
  3. 友人からジェットコースターに乗った感想を聞く
  4. どのジェットコースターに乗るか決める(簡単なものにする)
  5. 遊園地に行って、ジェットコースターをしばらく眺める
  6. ジェットコースターから降りてきた人を見て、大丈夫だと確認する
  7. ジェットコースターの列に並ぶ
  8. ジェットコースターに実際に乗る
  9. 何回もジェットコースターに乗る

ジェットコースターに乗る前に、画像や動画などを見てジェットコースターに乗る事前調査をしてください。知らないものは怖いですが、動画などを見ると勉強になって恐怖が弱くなります。

友人からジェットコースターに乗った感想を聞いてください。友人ができるなら、自分にもできることがわかります。同じことをすればいいからです。

ジェットコースターの怖さには違いがあります。初心者はあまり怖くないジェットコースターに乗ってください。ジェットコースターに似ているバイキングなどに乗ってもいいでしょう。

成功した経験がある人を見ることは、恐怖を克服するのに役立ちます。ジェットコースターから降りてきた人たちを観察してください。小さい子供ができるとわかると、自分にもできると自信がつくかもしれません。

ジェットコースターの列に並んで恐怖に耐えてください。逃げ出したくなりますが、ここで逃げ出すとジェットコースター恐怖症を克服できません。

実際にジェットコースターに乗ってください。乗ってから数十秒は恐怖が強いですが、乗ってしまえば恐怖はすぐに消えます。ここまでできると、ジェットコースター恐怖症の克服は成功します。

ジェットコースターから降りて余裕があれば、何回もジェットコースターに乗ってください。数回ほど乗って大丈夫だとわかると、ジェットコースターは怖くないと確信できて、ジェットコースター恐怖症を完全に克服できます。

 

ジェットコースター恐怖症を克服するコツ

目をつぶらない

ジェットコースターに乗っているときの恐怖を和らげるには、体をかがめて足元を見てください。目から入る情報を遮断できます。ジェットコースターから光景を見ることはおすすめしません。恐怖が強くなります。

目をつぶると同じことができますが、視界がなくて怖いですし回転の影響を受けやすくなります。個人差もあるので、好きな方法を試してください。

ジェットコースターに2回目以降に乗るときに余裕があれば、光景を見てもいいでしょう。

 

トイレに行っておく

ジェットコースターに乗る前にトイレに行っておいてください。失禁する心配はありませんが、トイレで余計な心配をすると恐怖が強くなります。

 

食事を少なめにする(嘔吐を防ぐ)

食事の量を少なめにすると、嘔吐したり気持ち悪くなる可能性を減らすことができます。神経質になる必要はありませんが、最善の準備をしたほうがいいでしょう。最善の準備は恐怖を和らげることにつながります。

 

前日の睡眠は十分にとる

睡眠不足は体調に悪影響を与えますし、車酔いや船酔いにもなりやすくなります。もちろん、睡眠不足になると神経質になったり不安になりやすくなります。

 

誰かとジェットコースターに乗る

友人と一緒にジェットコースターに乗る理由は、その場に踏みとどまるための意地を与えてくれることです。逃げ出すのは悪いことではありませんが、ジェットコースターの恐怖症を克服するには、最後まで踏みとどまる必要があります。

逃げるのが恥ずかしくて、最後まで辛いことをやりきれたことはあるでしょうが、それはジェットコースター恐怖症の克服にも有効です。

 

心の中で大丈夫と繰り返す

ジェットコースターに乗って恐怖が強くなったら、心の中で何回も大丈夫と繰り返して言ってください。これは恐怖に対する気逸らしになって、恐怖が強くなることを防ぎます。

 

私がジェットコースター恐怖症を克服した経験

私はジェットコースター恐怖症でしたが、2012年にこれを克服できましたので、その経験を紹介します。私は1回でジェットコースター恐怖症を克服できましたから、他の人にも参考になるかもしれません。

 

乗ったジェットコースターはレイジングスピリッツ

私は2012年まで一度もジェットコースターに乗ったことがありませんでしたが、付き合いの関係でどうしてもジェットコースターに乗る必要がありました。

私が乗ったジェットコースターは、東京ディズニーシーのレイジングスピリッツです。

 

ジェットコースターに乗るまでは緊張が強い

ジェットコースターに乗るまではすごく緊張しましたし、不安が強かったことを覚えています。

私は過去に広場恐怖症にかかっていて、バスや電車に乗ることができない時期があったので、初めて乗るジェットコースターで広場恐怖が再発しないか不安だったこともあります。

意外に思うかもしれませんが、ジェットコースターに乗っているときよりも、待っているときのほうが不安や恐怖は強くなります。

 

ジェットコースターに乗ると恐怖は数十秒で消える

ジェットコースターに乗ってから数十秒は緊張しました。ジェットコースターが移動を始めると、私は足元だけを見てひたすら恐怖に耐えるだけでしたが、30秒もすると恐怖が次第になくなっていきました。

その後は、ジェットコースターからの景色を見る余裕もできました。ジェットコースターに乗ると恐怖は数十秒で消えますが、この理由は脳がジェットコースターを安全なものであると判断するからです。

 

 

 

おわりに

ジェットコースター恐怖症を克服すると、自信がついたり劣等感を取り除くことができます。私には人生でいい思い出がありますが、その1つは恐怖症を克服したことです。

ジェットコースターが怖い人は克服してみてください。いい思い出になります。

 

ジェットコースター恐怖症は精神病?

ジェットコースター恐怖症は、ジェットコースターに乗ることに強い苦痛や恐怖・不安を感じるものですが、これ自体は精神病ではありません。

精神病の条件の1つは強い苦痛や日常生活に支障がでることですが、ジェットコースターに乗れなくても生活に問題がないからです。

ジェットコースターだけではなくバスや電車にも乗ることができない場合には、精神病である不安障害の1つの広場恐怖の可能性があります。症状が当てはまる人は広場恐怖について調べてみてください。

恐怖症を克服するための認知行動療法(CBT)と効果や方法の一覧

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です