会話であがり症になる原因と克服する方法。テクニックはいらない

会話のあがり症に悩んでいませんか?
あがり症は克服することができるものです。あがり症の克服に必要なものは、あがりを感じる状況を何度も経験することと、あがり症の原因になる不合理な考え方の癖を取り除くことです。

私は精神病の不安障害や社会不安障害(SAD)にかかっています。社会不安障害は対人恐怖症とも呼ばれるもので、あがり症に似ていますがより病的なものです。私は社会不安障害をほとんど克服することができましたが、社会不安障害を克服する方法はあがり症の克服にも役立ちます。

この記事では、健康な人の会話でのあがり症を克服する方法を紹介します。
あがり症は健康な人でも経験するものですが、その不安や緊張などが病的に強い場合には、社会不安障害の可能性もあります。

 

1.あがり症になる理由

1-1.経験不足

あがり症になる理由には、会話をする相手に慣れていないこと、会話をする状況に慣れていないことがあります。どちらか1つに該当することも、その両方に該当することもあります。

例えば、異性と話すことであがり症になる人は、同性の友人と話すことに慣れていても異性と話すことに慣れていません。
就職活動の面接や取引先であがり症になる人は、面接や取引の状況に慣れていません。

 

1-2.否定的な結果を恐れていること

あがり症の人は否定的な結果を強く恐れています。あがり症でない人も否定的な結果を恐れますが、あがり症の人はその程度が強いという特徴があります。

これはあがり症になる状況を考えてみるとわかります。あがり症の人は就職活動の面接などの重要なイベントであがり症になりますが、重要でないイベントではあがりません。

 

1-3.恐れを生み出す不合理な考え方や心の癖

あがり症になる人は不合理な考え方をする考え方や心の癖があります。この心の癖は社会不安障害にも共通するものです。不合理な心の癖はいくつかありますが、あがり症に関係するものは以下のようなものです。

  • 白黒思考:物事を成功と失敗で判断すること。成功でなければ失敗と考える
  • ネガティブフィルター:物事の良いところを無視して、悪いところだけを見る
  • 破滅思考:物事が失敗したときに、破滅的な結果になると考える

 

例:上司と話すことに対してあがり症になる場合
上司との会話であがり症になる人は以下のような考え方をしているかもしれません。

考え:上司との会話では十分にうまく話したり説明しないといけない。そうでなければ、怒られたり問題が起きる。

この考え方は正しく見えますが、以下のような不合理な考え方が含まれています。

  • 白黒志向:うまく話せない会話を失敗と考えていること。
    意思の疎通ができれば十分なのに、それでは失敗と考えていること。
  • ネガティブフィルター:会話に良いところがあったり意思の疎通ができてもこれらを無視して、悪いところだけを見ていること。
  • 破滅思考:うまく話せないとき、問題が起きると考えていること。
    会話には重要でないものもあるが、すべての会話を重要と思っていること。

 

2.あがり症を克服するトレーニングの方法

あがり症を克服するには、以下の方法であがり症の原因となっているものに対処する必要があります。

この記事は健康な人のあがり症を克服するための方法を紹介していますから、トレーニングの内容も簡単なものになっています。あがり症の程度が強い場合には、もっと段階的にあがり症を克服するトレーニングが必要になります。

 

2-1.経験と場数を踏むこと

あがり症になる状況を繰り返し経験すると、あがり症を克服することに役立ちます。これはただの根性論ではなく、精神病の社会不安障害やスピーチ恐怖症などを克服することにも共通しています。

話すことを練習しておくことも、経験を増やすことにつながります。
例えば、上司と話すときには土壇場で考えるのではなく、話す内容と順番を事前に考えておいてください。

 

2-2.否定的な結果になっても、大したことがないと思うこと

何か悪いことが起きたとしても、それが大したことはないと知っておくと、あがり症を克服することに役立ちます。

例えば、私は就職活動をしているときに、ある会社の面接に失敗したことがありますが、別の会社に就職することはできました。会話でうまいことが言えなかったり、うまい説明ができなかったとしても悪いことにはなりません。話下手と思われますがそれだけです。

 

2-3.恐れていることが現実にならないことを確認すること

あがり症の原因の1つは不合理な考え方をしたり破滅的な結果を想像することですが、これが実際に起きないことを確認すると、あがり症を克服することに役立ちます。

上司との会話の例

上司と話すことに対してあがり症になる人は、上司との会話がうまくいかなかったり良い印象を与えることができなかったとしても、解雇されたり低い評価を受けることがないことを経験してみてください。評価が多少下がる可能性はありますが、致命的にはならないでしょう。

 

3.おわりに

あがり症は克服することができるものです。あがり症であることに強い苦痛や不安を感じている人は、あがり症を克服するトレーニングをしてみてください。

 

3-1.あがり症の克服に会話のテクニックは役に立たない?

あがり症の克服には会話のテクニックが役立つかもしれませんが、それよりも不合理な考え方を取り除いたり、会話の経験を積むほうが効果があります。話が下手でもあがり症でない人は多くいます。また、私はあがり症をほとんど克服することができましたが、会話のテクニックは必要ありませんでした。

会話のテクニックは悪い影響を与える可能性もあります。会話のテクニックにこだわりすぎると、かえって会話がうまくいかないからです。
例えば、会話のテクニックの1つに結論から話すというものがありますが、これは日常の会話ではまず使われません。日常の会話では、話の前置きや状況の説明をしてから結論を話します。もちろん、このテクニックは異性を口説くときにも使われることはないでしょう!

 

3-2.あがり症と精神病の関係

あがり症は健康な人でも経験することですが、その不安や苦痛が非常に強い場合には精神病である社会不安障害(SAD)や対人恐怖症などの可能性があります。この場合には、自分で治すことは難しいので、精神科医に通院したりカウンセリングを受けることがおすすめです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です