人前で電話をすることが怖いのは電話恐怖症。その原因と対策

人前で電話をしたり、電話をすることを見られることに強い不安や恐怖、苦痛を感じていたり、恥をかくことを恐れていませんか。それは電話恐怖症と呼ばれるもので、精神病の1つである社会不安障害(SAD)の症状です。社会不安障害はあがり症や対人恐怖症とも呼ばれます。

電話を怖がる理由には2つあり、1つは電話をすることに慣れていないこと、もう1つは電話恐怖症であることです。電話をする経験をある程度積んでも、電話をすることへの恐怖や不安が消えない場合には、電話恐怖症を疑うべきです。

私は精神病である社会不安障害(SAD)にかかっていて、その症状の1つとして電話恐怖症にかかっていました。社会人として働き始めたことをきっかけに電話をしたり、電話を受けることに恐怖を感じるようになりましたが、今ではほぼ電話恐怖症を克服することができています。

この記事では、電話恐怖症の原因と克服の方法を紹介します。これは私が電話恐怖症を克服した経験に基づいていますが、他の人にも有効です。もし、電話をする恐怖が強い場合には、不安を和らげる方法である認知行動療法(CBT)を組み合わせると、電話恐怖症を克服することがより簡単になります。

1.電話恐怖症

1-1.電話恐怖症は精神病の社会不安障害(SAD)の症状の1つ

電話恐怖症は精神病の社会不安障害(SAD)の症状の1つです。社会不安障害は社交不安障害とも呼ばれる対人恐怖症であり、恥をかいたり低い評価をされることを強く恐れるものです。

健康な人でも恥をかくことを恐れますが、社会不安障害の人はその程度が非常に強くて、仕事などの日常生活に問題が起きるものです。これが悪化すると引きこもりやニートになることもあるとされています。

 

1-2.電話恐怖症の人が電話を怖がる理由

電話恐怖症の人は電話をするときに、以下のような不安を強く感じます。これらの不安は健康な人でも感じることがあるでしょうが、電話恐怖症の人はこの不安や苦痛を健康な人より強く感じます。

  1. 話し相手に馬鹿と思われないか心配すること
  2. 話し相手とうまくコミュニケーションが取れないことを心配すること
  3. 周りの人に、自分のコミュニケーションを見られること
  4. 周りの人に、自分のコミュニケーションが下手だと思われること
  5. 自分の電話のやり方が下手で、上司などに怒られること

電話恐怖症の人が恐怖を感じるには条件があって、周りの人や話し相手との距離感がある程度近いことです。これは社会不安障害(SAD)の他の恐怖症でも同じです。
例えば、まったく面識や関係がなくて距離感が遠い人、家族など距離感が近すぎる人に対しては恐怖を感じません。友人や会社の同僚などの中程度の距離感の人に対して、恐怖を感じます。

 

2.私が電話恐怖症を克服した経験

2-1.電話恐怖症になったきっかけ

私は中学生のときに不登校を経験していますが、その頃から社会不安障害にかかっているので、電話恐怖症でもありました。
学生の頃には電話をする機会がないので気づきませんでしたが、就職活動をしたり社会人として働くようになると電話をする機会が多くなるので、自分が電話恐怖症であることに気づきました。

中学生の頃に電話恐怖症になったはずですが、それが表面化したのは就職活動をしたり社会人として働き始めてからです。

 

2-2.症状

ほとんどの電話恐怖症の人と同じだと思いますが、私の電話恐怖症は職場で周りに人がいるときに電話をかけること、電話番として電話を受けること、私が電話をしているところを他の人に見られたり聞かれることに恐怖を感じました。

私の話し方や話す内容などが他人にチェックされていたり、下手なコミュニケーションをしていないかをいつも不安に感じていました。

 

2-3.電話恐怖症を克服したきっかけ

私の電話恐怖症は今でも少し残っていますが、ほとんど克服することができました。その理由は電話をする経験を十分に積んだことです。
私は職場で後輩が入社するまでの1年程度は電話番をしていましたが、それが電話恐怖症を克服するのに役立ちました。

これは他の恐怖症でもそうですが、恐怖や不安を感じる状況を繰り返し経験することは、恐怖症を克服するのに有効な方法です。この方法はエクスポージャ(暴露療法)と呼ばれるもので、他の恐怖症の克服にも使うことができます。

 

3.おわりに

電話恐怖症の人は十分な電話の経験を積むことで、電話恐怖症を克服することができます。これは私に限ったことではなく、他の人も同じです。

電話恐怖症になっても社会生活や日常生活ができなくなることはありませんが、恐怖や苦痛が非常に強い場合には精神科に通院したり、カウンセリングを受けることがおすすめです。

 

3-1.電話恐怖症の人がなりやすい他の恐怖症

電話恐怖症の人は、恥をかくことに不安や恐怖を感じやすい性質があるので、社会不安障害の他の恐怖症にもなる可能性があります。電話恐怖症の人はこれらに心当たりがないかをチェックしてみてください。

  • 会食恐怖症:人前で食事をして恥をかくことを恐れるもの
  • スピーチ恐怖症、プレゼンテーション恐怖症、あがり症:
    スピーチやプレゼンテーションをすることを恐れるもの
  • 書痙:人前で文字をかくことを恐れるもの
  • 面接恐怖症:就職活動の面接で他人から評価されることを恐れるもの

私は社会不安障害にかかっているので、これらをすべて経験したことがあります。他の人も同じでしょう。

不安障害の他の病気としては、一定回数の確認や繰り返しをしないと落ち着かない強迫性障害(OCD)、電車やバスに乗ることや歯医者など身動きができない状況を恐れる広場恐怖などがあります。

この記事で恐怖症を紹介しましたので、他にも恐怖症がないかをチェックしてみてください。

恐怖症を克服するための認知行動療法(CBT)と効果や方法の一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です