精神病の人との結婚はできる?離婚したり失敗しないための方法

精神病の人との結婚を考えていませんか?うつ病や不安障害などの精神病の人との結婚は難しく見えるかもしれませんが、成功する可能性を上げる方法はあります。

精神病の人との結婚を考えている人には、いくつかのチェックをしてみることがおすすめです。精神病の症状の程度や内容が分かると、結婚が成功する見込みを知ることができます。頭で考えることには限界があります。

この記事では、精神病の人と結婚する前にするべきことを紹介します。精神病の恋人をもつ人、精神病の人との結婚を考えている人は参考にしてみてください。

精神病の人と結婚する前にするべきこと

1.精神病の程度をチェックすること

精神病にはいろいろなものがありますが、その程度は大きく違います。生活ができない人、日常の生活にまったく不都合がない人もいます。結婚をすることができるかは、精神病の程度によります。

例えば、潔癖症は精神病の強迫性障害の1つですが、症状には個人差があります。おにぎりを食べることができないだけの人、外出先でトイレをすることができない人がいます。
おにぎりを食べることができなくても困りませんが、外出先でトイレをすることができないと、引きこもりやニート、無職になる可能性があります。

精神病の人と結婚することを考えている人は、具体的に何に困るのかチェックしてみてください。結婚しても、ほとんど不都合がないかもしれません。

 

2.危険な精神病かをチェックすること

精神病には、危険なものや結婚に向かないものがあります。精神病の人と結婚を考えている人は、恋人の病気をチェックしてみてください。
結婚に向かない病気には以下のようなものがありますが、これらだけに限りません。

  1. ギャンブル依存症
  2. アルコール依存症
  3. 薬物依存症
  4. ゲーム依存症

例えば、ギャンブル依存症にかかっている人は結婚に向いていません。社会人として働いていても、その収入のほとんどをギャンブルに費やしてしまいますし、借金を作るようになります。ギャンブル依存症の人と結婚した場合には、常に経済的な問題に悩む可能性があります。

ギャンブル依存症を克服したり克服しようとしている人に関しては、結婚できるかもしれません。ギャンブルへの強い衝動を抑えることができれば、ギャンブル依存症が問題にならないからです。

アルコール依存症の人は、アルコールを飲むと自制心が効かなくなって暴力をふるうことがあります。健康な人でも、酒を飲むと心のブレーキが緩みますが、アルコール依存症の人はこの程度が強いです。

 

3.仕事を続けれるかチェックすること

精神病の人と結婚をする際には、その人が仕事を続けていけるかチェックしてみてください。精神病が原因で無職や引きこもり、ニートになると、生活が破綻する可能性があります。経済的な問題が原因で離婚する夫婦は多いです。

例えば、精神病にかかっている公務員に関しては、結婚をしても問題がないかもしれません。公務員だと解雇される心配が小さいですし、経済的には安定しています。出世することはできないかもしれませんが、生活が不安定になることはなさそうです。

ベンチャーや競争が激しい業界で働く人に関しては、精神病が問題になることもあります。激しい競争を生き抜くには精神的な強さが必要ですが、精神病の人はこれに向いていません。

精神病の人が生きていくには、職業をうまく選択する必要があります。精神病にかかっている恋人がうまく職業を選択できたかチェックしてみてください。

 

4.精神病について学ぶこと

精神病について学ぶこともおすすめです。例えば、ギャンブル依存症の人の人生について書かれた本を読むと、ギャンブル依存症の人と結婚した場合の問題を知ることができます。知識や経験がない人が想像をしても、ギャンブル依存症の実態を理解することはできません。経験者の話や体験談を調べてみてください。

精神病について学ぶには、本やインターネットもあります。また、精神病の恋人について、精神科の医師に相談してもいいでしょう。

 

5.同棲すること

結婚の前に同棲してみることもおすすめです。精神病の症状を近くで見ることができるので、よく観察してから結婚するか判断するといいでしょう。誰でも自分の欠点を隠したがるものですが、1年ほど同棲すると欠点を見つけることができます。

例えば、空き時間の多くをギャンブルに費やす人は、ギャンブル依存症にかかっている可能性があります。ギャンブル依存症の人は貯金をしないでしょうし、恋人や家族よりギャンブルを優先します。

戸締りなどの確認を何回もする人は、強迫性障害にかかっています。しかし、強迫性障害の人と結婚しても、あまり困らないかもしれません。戸締りなどで時間はかかるかもしれませんが、不都合はそれだけです。

 

おわりに

精神病の人と結婚する場合には、精神病が許容できるものかチェックしたり検証してみてください。精神病が問題にならなければ、結婚が失敗に終わることはありません。結婚相手のことを信じることは素晴らしいですが、相手のことを検証するのは悪いことではありません。

日本の夫婦の多くが離婚していますが、その原因の多くは性格の不一致や経済的な問題、浮気などです。精神病は問題にならないかもしれません。

 

精神病の人は結婚に向かない?

結婚に向かない人はいますが、それと精神病に関係はありません。精神病でも結婚に向く性格の人はいます。

結婚に向かない人は不誠実な人や未熟な人などですが、精神病と不誠実さや未熟さは関係がありません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です