うつ病などの心の病気の人には、早寝早起きがおすすめ。早寝だけでも効果がある

うつ病や不安障害などの心の病気にかかっている人には、早寝早起きがおすすめです。早寝早起きをすると疲れて無気力になることを防ぐことができるので、病気とうまく付き合っていくことができるからです。

この記事では、心の病気の人が早寝早起きするべき理由を紹介します。早寝早起きができない人は、早寝だけでもしてみてください。早寝早起きは健康に良いといわれていますが、早寝だけでも十分に役立ちます。

1.心の病気の人に早寝早起きがおすすめの理由

1-1.疲れると無気力になるから

うつ病や心の病気の人が困ることの1つは、身の回りのことです。食事や入浴、歯磨きができなかったり、気力が足りないのでするのに時間がかかります。

心の病気の人は経験していると思いますが、やる・やらないで葛藤して時間が過ぎることがあるはずです。

これを避けるには、疲れて無気力にならないように早寝するのが1番です。早寝すると生活のスケジュールが前倒しになるので、疲れて無気力にならなくなります。

例えば、24時に風呂に入るにはかなりの気力が必要ですが、20時に風呂に入ることは簡単です。20時に風呂に入るなら、入るかどうかで葛藤して時間が過ぎることもありません。

私は不安障害になっていてうつ病になったこともありますが、20時に風呂に入るなら手間取りません。疲れていないので、気力が残っているからです。私は20時頃に風呂に入るようにしてからは、風呂にほとんど困りません。

 

1-2.朝ならできるから

心の病気の人は会社や病院に行く前なら、身の回りのことができるかもしれません。夜に入浴や歯磨きができなくても、朝ならできる人がいます。不思議なものですが、他人と会うためには身なりを整えることができます。

この場合には、夜に風呂に入るのではなく、朝に風呂に入ればいいでしょう。夜に帰宅したら歯を磨いて寝るだけにしてみてください。

 

1-3.怒りや恨みを止めるため

心の病気に限ったことではありませんが、怒りや恨みは人間を消耗させます。ストレスが強い人には、怒りや恨みを止めるために早寝するのが1番です。

 

2.心の病気の人におすすめのスケジュール

心の病気の人は疲れて無気力にならないように、以下のスケジュールがおすすめです。試しに数日間だけやってみてください。少なくとも私の場合には、風呂と歯磨きで困ることはなくなりました。

  • 風呂:20時までにする(早朝にしてもいい)
  • 夕食や料理:21時までにする
  • 夜の歯磨き:22時までにする
  • 就寝:23時までにする
  • 朝の起床:6時までにする(朝に風呂に入るなら5時30分)

独身者は夕食を外食にするのがおすすめです。家事の手間を省くことができますし、家に帰って歯を磨いて寝るだけなら疲れていてもできます。

家に帰って食事をしながら酒を飲むのが1番悪いパターンであり、入浴や歯磨きができなくなります。

 

3.仕事が忙しい人のための工夫

仕事が忙しい人の場合には、早寝早起きができないかもしれません。この場合には、自分なりに工夫してみてください。

例えば、職場で夕食をとったり歯を磨くことはできます。近くのコンビニで弁当を買って職場で食べた後に、職場で歯を磨いてください。トイレで歯を磨く人はいますから、職場で歯を磨くのはおかしいことではありません。

うつ病の闘病期間は数年以上になることがありますから、歯磨きは重要です。私は不安障害がひどかった頃に歯を磨くことができなかったので、かなり歯の状態が悪くなりました。

 

4.うつ病や心の病気は早寝早起きで治る?

早寝早起きをしても、うつ病や心の病気を治すことはできません。しかし、うつ病や心の病気でも身の回りのことをしっかりとすることができれば、病気とうまく付き合っていくことはできます。早寝早起きができない人は、早寝だけでもしてみてください。

他にも、栄養がある食事や運動は、うつ病や心の病気を改善する効果があるとされています。しかし、これらは調子を整えることに役立ちますが、治療になりません。

 

5.おわりに

早寝早起きをすると、生活と仕事以外のことができなくなるかもしれません。しかし、心の病気にかかっている人は仕事と生活だけできれば十分です。
心の状態が良くなって余裕ができてから、他のことをしたらいいと思います。

寝る間を惜しんで資格勉強などをする人がいますが、これはうつ病や不安障害などの心の病気の人には無理です。資格勉強をするくらいなら、早く寝るか認知行動療法(CBT)を学ぶようにしてください。

認知行動療法はうつ病や不安障害の治療で使われる方法の1つで、心の癖を修正するものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です