コミュ障と精神病の関係。会話が下手な理由は社会不安障害(SAD)かもしれない。

自分がコミュ障であったり会話が下手だと感じていませんか。コミュ障というとその人の能力が低いことが原因と思うでしょうが、実際には社会不安障害(SAD)や社交不安障害と呼ばれる精神病が原因かもしれません。

私は社会不安障害にかかっていたことがありますから、それが会話やコミュニケーション能力にどんな悪影響を与えるかを知っています。特に、自分一人のときには物事を考えることができるのに、他人がいるとそれができなくなる人は社会不安障害にかかっているかもしれません。

この記事では、コミュ障の原因の1つである社会不安障害について紹介します。


1.社会不安障害(SAD)とは

社会不安障害(SAD)は社交不安障害とも呼ばれる対人恐怖症で、精神病である不安障害の1つです。他人や状況に対して強い緊張を感じるので、他人との会話やコミュニケーションに問題が生じることがあります。

健康な人でも就職活動や面接で会話が下手になることはあるでしょうが、社会不安障害の人は普段の会話でも同じように緊張を感じることがあります。もちろん、話し相手にもよりますが。

 

1-1.社会不安障害は治療が必要な病気

会話であがったり緊張することは誰にでもありますが、社会不安障害の人はその程度が病的に強く、仕事や日常の生活に問題がでている状態です。対人恐怖症というと治療がいらない性格の問題にみえるかもしれませんが、実際には治療を必要とするものです。

 

1-2.社会不安障害の人の緊張

社会不安障害の人は以下のような緊張を病的に強く感じているので、会話に問題が生じます。

  1. 話し相手を強く怖がること
  2. 話し相手の感情を傷つけることが怖いこと
  3. 失敗して恥をかくことが怖いこと

1に関しては、対人恐怖症のイメージ通りでわかりやすいでしょう。話し相手を怖く感じると、適切な会話をすることができなくなります。

2に関しては、話し相手に十分な配慮をするのはいいことで、精神病にみえないかもしれません。しかし、話し相手の感情を傷つけることが怖い理由は、その人を傷つけると攻撃や反撃を招くからで、話し相手への配慮ではなく自分の安全確保のための行動です。

3に関しては、社会不安障害の症状に特徴的なもので、恥をかくことを極端に恐れます。恥は誰にとっても強い感情ですが、社会不安障害の人は恥をかかないことを強く意識していますし、恥をかくと普通の人よりもはるかにダメージが大きくなります。

 

2.社会不安障害の人がコミュ障で、会話が下手な理由

2-1.会話ではなく自分に意識を集中してしまうから

会話を理解したりうまく説明するには会話に集中することが必要ですが、社会不安障害の人は会話に集中することができていません。
例えば、自分の声のトーンや表情、話している日本語や内容が適切かを常にセルフチェックしています。これらに気が散ってしまうと、会話が下手になるのは避けることができません。

 

2-2.相手に過剰な配慮をしているから

社会不安障害の人は相手を傷つけないように細心の注意を払いますから、ストレートな表現をすることができなくなります。ストレートな物言いは相手を傷つけないようにする効果はありますが、程度が過ぎると有害になります。

例えば、他人が書いた文章が間違っているとすると、社会不安障害の人はそれを指摘することはできませんし、それが正しいように別の解釈をすることがあります。相手にしてみれば間違いを指摘してくれるだけでいいのですが、変な解釈をされると訳がわからなくなります。

相手を傷つけないように、相手のミスや問題を無視するかもしれません。この場合には、問題に対処することができなくなるので、仕事や日常の生活に問題がでます。

 

2-3.不安が強くてパフォーマンスが下がっているから

話し相手や話す状況にもよりますが、社会不安障害の人は会話で常にあがっている状態です。適度な緊張は人の能力を引き出しますが、緊張が強くてあがってしまっていると緊張でうまく話すことができなくなります。

社会不安障害の人は会話である程度の受け答えをすることはできますが、考えることはできなくなるでしょう。事前に考えていたことに関しては、適切に受け答えをすることができますが、その会話で新しく生まれたトピックにはついていけません。

 

2-4.恥を感じると頭が動かなくなるから

社会不安障害の人は問題や間違いを指摘されると、恥の感情で心がいっぱいになってしまって、会話に集中することができなくなります。
一般に間違いを指摘されるのはまずい状況で、その状況を解決するために最大の能力を発揮することが求められますが、社会不安障害の人はその状況で最も弱くなります。

 

2-5.脳内の情報伝達に不具合が起きているから

社会不安障害は不安障害と呼ばれる精神病の1つで、その原因の1つは脳の機能の不具合であるといわれています。神経伝達物質であるセロトニンの濃度やセロトニンの働きに問題が生じていて、それが会話や思考などの能力を下げるといわれています。

社会不安障害の病気のメカニズムはいくつかありますが、それらは他人への恐怖や緊張が原因とするもの、セロトニンの不具合を原因とするものなどです。これらが複雑に組み合わさって社会不安障害になります。

 

社会不安障害の原因はうつ病と同じ?

社会不安障害とうつ病の原因は同じでセロトニンの不具合ですから、社会不安障害の症状はうつ病の症状と似ているところがあります。
例えば、社会不安障害になるとうつ病と同じように頭が働かないことがありますが、社会不安障害とうつ病の原因が同じであると考えると、それは納得ができるかもしれません。

 

3.おわりに

コミュ障や会話が下手なことの原因は能力が低いことのように見られますが、実際には精神病が原因で起きていることもあります。自分がコミュ障であると自覚している人は、社会不安障害にかかっていないかをチェックしてみてください。

社会不安障害は頻繁にみられる心の病気で、多くの人は人生で1度くらいは発症することがわかっていますので、決して異常な精神病ではありません。

社会不安障害の治療には薬物療法とカウンセリング、自分でできる認知行動療法(CBT)などがあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です