うつ病や不安障害などの精神病、ストレスで料理ができないときの対策

うつ病(鬱病)や不安障害、強いストレスで苦しんでいる人は、料理ができなくて困っていませんか?女性や妻、母親などがうつ病になると料理をすることができなくなって、家族に迷惑をかけることがあります。

うつ病などの精神病になっている人は病気の治療に専念することが理想的ですが、実際にはそれができるとは限りません。精神病になっても家族などへの責任はありますし、料理ができないことで自責の感情を感じる人もいます。

この記事では、うつ病や不安障害で料理ができない人を対象に、料理をする以外の選択肢を紹介します。料理をすることができない人、料理をすることができないことが悪いことだと感じている人は参考にしてみてください。

 

1.料理ができないことは悪いことではない

うつ病や不安障害であったり、ストレスが強くて料理ができない自分を責める人がいます。料理をするのは女性や妻、母親が多いですから、自分を責める感情は以下のようなものになります。

  1. 料理ができない母親や妻はダメな人間だ
  2. 料理をしないのは甘えや怠けだ
  3. 配偶者や子供のためにも料理ができないなんて!
  4. 他の人ができている当たり前のことができないなんて!

これらの自責の感情を感じることもあるでしょうが、これらを無視するか反論してください。料理をできないと100点満点の人間とは言えないかもしれません。しかし、他にできることを十分にするなら、60点くらいは取ることができますし、状態が良くなってから料理をすれば十分です。料理をできないことは致命的なことではありません。

うつ病や不安障害の人は不合理な考え方で自分を苦しめることがありますが、料理ができないことで自分を責めるのは、不合理な考え方をしているからです。

 

2.料理ができないときの対策

料理をすることができないと家族に迷惑をかけることがありますが、以下の方法で、その迷惑を小さくすることができますので、試してみてください。
家族の不満を小さくすることは、うつ病や不安障害で苦しんでいる人が家族からの理解を得るのに役立ちます。

 

2-1.外食を積極的に利用する

精神病やストレスで疲れ切って料理をすることができないなら、外食をすることがもっとも簡単な対策です。外食は料理をする必要がありませんし、食器などを洗う必要もありません。

一人暮らしをしている人は料理をすることを諦めて、外食に切り替えてしまうほうが簡単です。一人暮らしで料理をしてもあまり食費を節約できませんし、時間とエネルギーの無駄です。

おかずとして総菜を買う方法もあります。総菜を買うと外食より食費を節約することはできますが、食器を洗う必要があるので、外食より手間がかかります。年配の夫婦などはこれをしているケースがありますが、年をとると料理をすることが面倒になるのでしょう。

 

2-2.サプリメントなどを利用する

料理をすることができない時期には、栄養が偏ることがあります。この栄養の偏りを解決するには、サプリメントを使うのがおすすめです。サプリメントは長期的に飲んでも問題がありませんし、簡単に栄養を補給することができます。

栄養をしっかり補給しても、うつ病やストレスが強い状態を回復することはできませんが、栄養がなければ回復に必要な気力もわいてきません。

 

2-3.簡単に食べれるものを用意しておく

うつ病やストレスで料理をすることができない場合には、簡単に食べることができるものをあらかじめ準備しておく方法もあります。レトルト食品でも十分ですし、パンやシリアルなども選択肢の1つです。

この方法は家族をもっている人におすすめです。うつ病やストレスで気力がなくなっている時期でも、家族に対する責任を果たすことができます。また、簡単に食べることができるものを用意しておくと、家族が不満に思うこともなくなります。

 

2-4.宅配サービスを利用する

あまり普及していませんが、料理を宅配するサービスを使う方法もあります。これは食べることができる状態の料理が自宅に送られてくるものです。あまりなじみはないかもしれませんが、インターネットなどで調べみてください。

 

3.おわりに

うつ病や不安障害に苦しんでいたり、ストレスで疲れていても食事をする必要はあります。精神病の治療には数か月から数年が必要なこともありますから、料理ができないことにうまく対処できる方法を見つけてください。

うつ病や不安障害の人が最優先でするべきことは精神病の治療です。料理をすることができなくても気にしないでください。元気になってからまた料理をすれば良いだけです。

 

3-1.家事を簡単にする方法

料理をすることができない人は、食器洗いなどの家事をすることもできないでしょう。食器洗いに関しては、紙コップや紙皿を使ったり、サランラップを使って皿を汚さずに食事をする方法もあります。
これは災害などで水が使えないときに皿洗いの水を節約する方法ですが、うつ病や不安障害の人の家事にも役立ちます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です