ランニングをすることが恥ずかしいときの対策。他人の目を気にしない方法

ランニングをすることに恥ずかしさを感じて悩んでいませんか?ランニングに慣れていない頃はランニングすることを恥ずかしく感じるものですが、その恥ずかしさを克服するのは簡単です。

私もランニングの習慣を始めた直後は恥ずかしさを感じたものですが、その恥ずかしさを克服することができました。恥ずかしさを克服するのに必要なものは慣れと、適切な服装をすることです。

この記事では、ランニングをすることに恥ずかしさを感じる人を対象に、恥ずかしさを克服する方法を紹介します。

 

1.ランニングの恥ずかしさを克服する方法

ランニングをすることに恥ずかしさを感じる理由には、以下のようなものがあります。

  • ランニングの服装が場違いであること
  • ランニングをすることに慣れていないこと
  • ランニングをするときに、他人のことを意識しすぎていること
  • 太っている人がランニングで痩せようとしていること

これらの恥ずかしさに対処するには、以下の方法があります。

 

1-1.ランニングの服装を工夫する

ランニングの服装が原因で恥ずかしく感じる場合には、ランニングの服装を工夫してあまり目立たないようにするべきです。地味なランニングウェアを選ぶ必要はありませんが、場違いな服を着ると恥ずかしく感じます。

例えば、マラソン大会に出場するランナーが着る服装はかなりカラフルですので、一般の道路でランニングをするときにはあわないでしょう。通常のトレーニングウェアがおすすめです。
下半身のランニングウェアに関しては、5インチか7インチのものがおすすめです。陸上選手が履くような3インチのものは恥ずかしさを感じます。

 

目を保護するためのサングラス

目を紫外線から守るためにサングラスをかける人もいますが、サングラスは一般道路で走るときにはやりすぎかもしれません。

目立たずに目を保護するには、UV加工された通常の眼鏡をかける方法もあります。この眼鏡はパソコンのディスプレイの紫外線から目を守るためのものですが、太陽の紫外線から目を守ることもできます。

視力が良い人は眼鏡を必要としないでしょうから、度が入っていなくてUV加工された眼鏡をかけるという方法もあります。

 

 

1-2.ランニングに慣れること

ランニングをしているときに恥ずかしさを感じるでしょうが、ランニングを続けているとその恥ずかしさにも慣れるので、全く気にならなくなります。

私もランニングを始めた頃に、恥ずかしさを感じたことを覚えています。しかし、それも数か月で慣れましたし、今ではランニングをすることにまったく恥ずかしさを感じません。

 

スポーツタイツを履き始めた頃

私は寒い時期にスポーツタイツを履いてランニングをしていますが、スポーツタイツを履き始めた頃には恥ずかしさを感じました。スポーツタイツは女性のストッキングに似ていますから、ストッキングを履いた状態でランニングをするように感じたからです。

私がスポーツタイツを履いてランニングを続けていると、スポーツタイツを履くことに恥ずかしさを感じなくなりました。今ではそれを履いた状態で買い物に行くこともあります。他人が私を誤解しないように、私はランナーの服装をしていますが。

恥ずかしさを克服するには、慣れることが一番の方法です。

 

1-3.自分が他のランナーを見るときを考える

ランニングをしているときに他人の目が気になる人は、自分がランニングをしているときに他人を見るか考えてみてください。ほとんどの人は他人に興味がありませんから、他のランナーのことなど見ないでしょう。

他の人も同じであり、ランニングをしている人に興味はありません。それぞれスマートフォンを操作したり夕食のメニューを考えることに忙しいので、他人に興味はありません。

太っている人は他人の目を気にするかもしれません。しかし、太っている人が歩くこととランニングをすることにそれほど違いはありませんから、気にしないでください。本人は気にするかもしれませんが、他人は興味がありません。

 

 

2.おわりに

ランニングをすることに恥ずかしさを感じる人は、とりあえずランニングを続けてみることがおすすめです。次第に恥ずかしさに慣れて、恥ずかしいと思わなくなります。

ランニングに限ったことではありませんが、恥ずかしさを克服するには場慣れすることが効果的です。ランニングを続けていると場慣れします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です