ランニングやリズム運動をしても、セロトニンは増えない

ランニングやジョギング、ウォーキングなどのリズム運動をすると、セロトニンが増えると言われています。しかし、これは効果がないかもしれません。

セロトニンはうつ病や不安障害などの精神病に関係があるとされています。運動すると、セロトニンが増えてこれらの病気が改善すると言われています。

私は趣味でランニングしていますが、ランニングでセロトニンが増えるとは感じません。私のセロトニンは増えたかもしれませんが、その効果を感じません。

この記事では、ランニングなどのリズム運動をしてもセロトニンが増えない理由を紹介します。この記事は私の個人的な経験に基づくものです。

1.ランニングやリズム運動でセロトニンが増えない理由

1-1.方法が分かっていない

リズム運動はセロトニンを増やすとされていますが、セロトニンを増やすのに必要な運動や強度・時間は知られていません。これでは、どれくらいの運動をしたらいいかわかりません。

運動の指標にはいくつかありますが、以下のようなものです。

  • 内容
  • 頻度
  • 1回あたりの時間
  • 強度
  • 有酸素運動か無酸素運動

例えば、ランニングを30分間するとセロトニンが増えるかもしれませんが、30分間では足りないかもしれません。ランニングやウォーキング・ガムなどの運動強度は違いますから、必要な時間や頻度も違うはずです。

 

1-2.増えるセロトニンの量がわかっていない

精神の安定効果やうつ病などの治療効果を期待するには、増やすセロトニンの量を把握する必要があります。しかし、ランニングなどのリズム運動で、どれだけセロトニンが増えるかわかっていません。

 

薬とセロトニン

セロトニンはうつ病に関係があるとされていて、うつ病を治療するのに必要な薬の量はセロトニンの量に基づいて決められます。

例えば、うつ病の薬の1つであるSSRIは、分泌されたセロトニンが分解(再取り込み)されないようにすることでセロトニンの濃度を増やします。
分泌されたセロトニンの分解率を何%に抑えるには、必要な薬の服用量は1日あたり何ミリグラムというように決まります。

しかし、ランニングなどの運動をすると、セロトニンの分解率を何%にできるという話は聞いたことがありません。うつ病などの治療法の1つは投薬ですが、ランニングにこれと同じ効果があるとは言えないと思います。

 

2.ランニングで強迫性障害は治らない

私は趣味で2013年からランニングしていますが、中学生の頃から不安障害の強迫性障害(OCD)にかかっています。

強迫性障害は、セロトニンの作用に問題が起きることで発症する病気ですから、ランニングするとセロトニンが増えて強迫性障害が治りそうです。しかし、私の強迫性障害は治りませんでした。

私はランニングをしているので、十分な時間・頻度・量・強度のリズム運動をしています。これでも強迫性障害が治らないなら、ランニングしてもセロトニンが増えないか、増えるセロトニンの量が不十分かもしれません。

ウォーキングやガムを噛んでも同じだと思います。これらの運動はランニングより時間・量・強度で劣りますから、ランニング以上の効果を期待することはできないでしょう。

私は1日に1時間ほどのランニングをしていて、月間走行距離は200km、ランニングのスピードは5分/kmくらいです。私は屋外でランニングしているので、十分な日光を浴びています。

 

3.ランニングすると幸せになるのはセロトニン?

セロトニンは幸福に関係するホルモンであり、ランニングで幸福感を感じるのはセロトニンが増えるからだという考えもあります。しかし、セロトニンが関係しているとは限りません。

例えば、ランニングが楽しい理由はアドレナリンやエンドルフィンなどが分泌されるからであり、セロトニンは関係がないかもしれません。

ランニングでタイムが伸びるとうれしくて興奮しますが、これはセロトニンによる作用ではないと思います。

 

4.おわりに

ランニングなどのリズム運動をするとセロトニンを増やせるかもしれませんが、効果を期待するべきではありません。セロトニンが増えたらラッキーと思う程度にするべきです。

うつ病などにかかっている人には、精神科に通院して治療を受けることがおすすめです。精神科の医師にランニングをすすめられたら、ランニングを試してみるのもいいかもしれません。医師は薬をすすめると思いますが。

おすすめの運動や薬はありません。

 

4-1.運動と強迫性障害

この記事は運動とセロトニンに関するものですが、運動と強迫性障害の関係を以下の記事で紹介しましたので、参考にしてみてください。

私はランニングや筋トレなどを試してみましたが、強迫性障害を治すことはできませんでした。

ランニングや運動で強迫性障害OCD(不安障害)は改善しない

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です