正月太りを利用して、ランニングのカーボローディングをしてみた


ランニング

ランニングやジョギングしたりマラソンに参加する人は、カーボローディングをしてみませんか?カーボローディングは炭水化物を多く食べてエネルギーを貯めることです。

私は趣味でランニングしているので、カーボローディングを試してみました。カーボローディングしてわかったことは、カーボローディングは難しくて練習が必要ということです。ただ食べるだけではありません。

この記事では、私が正月太りを利用してカーボローディングしてみた結果を紹介します。

カーボローディングとは

カーボローディングはマラソンに参加する人が行う食事方法の1つで、数日間かけて多くの炭水化物を食べて、体にエネルギーを貯めることです。

マラソンでは多くのエネルギーを使いますから、そのエネルギーを貯めるために行います。カーボローディングするとタイムが伸びると言われています。

カーボローディングで食べるものは炭水化物がメインであり、餅や大福などが選ばれます。

 

正月太りを利用したカーボローディング

私は2019年の年末から2020年の年始を利用して、カーボローディングをしてみることにしました。

年末にはすき焼きなどのカロリーが高いものを食べますし、正月には餅を食べるのでカーボローディングに適しているからです。これは正直に言うと正月太りですが、カーボローディングと同じです(笑)

私が年末年始にカーボローディングをしたことで、体重が59kgから61kgに増えました。数日間でこれだけの体重が増えたわけですから、十分にエネルギーをため込むことができました。

カーボローディングと並行して、テーパリングもしました。テーパリングは走る距離を減らして体力を温存することです。

私は毎日のランニングで10km~14kmを走りますが、年始には8kmに抑えました。カーボローディングとテーパリングをして、コンディションをベストの状態にするためです。

 

カーボローディングをした結果

私は1月4日に10kmのランニングをしてみて、カーボローディングの結果を検証してみました。10kmは少し短いですが、カーボローディングの成果を検証するには十分な距離です。

私がカーボローディングした結果は失敗でした。増えた体重は2kgだけでしたが、ランニングしていると体が重くて遅くなったからです。

十分に炭水化物をとっていたので、エネルギーは十分です。しかし、体が重いと走りにくいですし、足がついてきませんでした。長距離を走ることはできますが、スピードが出ません。

10kmは短いので、カーボローディングの効果が現れる前にランニングが終わったのかもしれません。しかし、重くなった体で10kmを走るのが辛いのに、マラソンやハーフマラソンのタイムが良くなるとは思いませんでした。

私の感想では、カーボローディングをしないほうが速く走れました。体重が2kg以上増えてしまうと、スピードが遅くなるだけです。

 

カーボローディングの正しいやり方の見つけ方

カーボローディングするなら、人によって増やすべき体重が違います。他のランナーを参考にしながら、自分なりに手探りして正しい方法を見つけてください。何回か試すうちに、自分にとって正しい方法が見つかります。

走るスピードによっても、最適な体重は異なります。速い人は体重が軽いですし、体重が増えるとその影響も大きくなります。一般の市民ランナーがアスリートのやり方をまねることはできません。能力が違いすぎるからです。

例えば、私は身長が181cmの男性ですが、ベストの体重は59kgです。私がカーボローディングするなら、増やす体重を0.5kgに抑えます。体重が2kgも増えると遅くなるとわかったからです。

カーボローディングで食べるものは餅やお菓子などの炭水化物にして、カーボローディングの期間を本番の前日にします。これ以上の期間をかけると、体重が増えすぎて体が重くなりますし、体重の調整が難しくなるからです。

前日の昼食と夕食で甘いものを食べるなら、体重は本番までに0.5kgほど増えます。私にはこの程度のカーボローディングで十分です。

人間の脂肪は1gあたり7kcalですから、カーボローディングで貯めたカロリーを計算することができます。0.5kgの体重が増えると、そのカロリーは3500kcalになりますが、これはマラソンを完走するのに十分です。

 

おわりに

この記事を読んでカーボローディングに興味が出てきた人は、同じようにカーボローディングを試してみてください。日曜日が本番と仮定すると、金曜日・土曜日を利用すれば実験できます。

本番前に初めてカーボローディングするのはおすすめしません。要領がわからないので、タイムが遅くなることにつながります。私は正月太りを利用してカーボローディングしてみましたが、いい勉強になりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です