ランニングやジョギングでお金を持ち運ぶ方法。小銭の音がうるさいときの対策

ランニングやジョギングを趣味にしている人は、走るときにお金や小銭を持ち運ぶときに悩んでいませんか?

お金を持ち運ぶのはランニングの邪魔になりますし、小銭の音がうるさいと快適にランニングできません。ランニングポーチなどもありますが、毎日のランニングで使うのは面倒です。

この記事では、ランニングの際にお金を持ち運ぶ方法を紹介します。趣味でランニングをする人や、マラソン大会などに参加するランナーは参考にしてみてください。

1.ランニングでお金を持ち運ぶ方法

ランニングの際には、ジュースなどを買うためのお金を持ち運ぶ必要がありますが、それには以下のような問題があります。

  1. 小銭を持ち運ぶと、その音がうるさくて不快であること
  2. 500円玉や紙幣を持ち運ぶと、おつりが困ること
  3. ランニングポーチは邪魔になること
  4. 小銭を入れる財布はランニングの邪魔になること

以下に紹介する方法は、これらの問題を解決するものです。

 

クレジットカード

ランニングでクレジットカードを持ち運ぶと、お金を持ち運ぶ必要がなくなりますし、ジュースなどを買ってもお釣りが発生しません。クレジットカードは小さいですから、ランニングの邪魔になることもありません。

コンビニやスーパーなどでもクレジットカードを使うことができますので、現金にこだわる必要はありません。

クレジットカードを持ち運ぶ際には、クレジットカードを落とさないか不安になりますが、ランニングウェアのポケットにチャックがついていれば大丈夫です。また、クレジットカードをカードケースに入れる方法もあります。

 

ランニングにおすすめのクレジットカード

ランニングにおすすめのクレジットカードは普段使わないクレジットカードです。ほとんどの社会人は複数のクレジットカードを持っているでしょうが、その中で普段使わないものをランニングで使うといいでしょう。

クレジットカードには、1年間に1度も使わないと年会費が発生するものがあります。これらのクレジットカードをランニングなどで使うと、年会費の支払いを避けることができますし、ランニングのたびに財布からクレジットカードを取り出す手間を省くことができます。

クレジットカードには使用限度額が設定されているものがありますが、ランニングで使うものには数万円などの少ない限度額がおすすめです。

1か月のランニングで数万円を使うことはないでしょうし、LSDをしたりマラソン大会などに参加する際にも、ホテル代や交通費込みで数万円程度で十分です。

 

2つの100円玉を持ち運ぶこと

2つの100円玉をポケットに1つずつ入れる方法もあります。この方法は簡単ですし、クレジットカードなどを使う必要がありません。100円玉の代わりに500円玉を使うこともできますが、おつりが邪魔になります。

私は趣味でランニングをしていますが、100円玉を1つだけ持って行くようにしています。私のランニングコースには100円で買える自動販売機がありますから、100円でも十分です。

この方法の問題点はLSDなどをすることができないこと、100円で買うことができる自動販売機が必要なことです。ランニングコースによっては、この方法を使うことはできないでしょう。

 

スマートフォンのアプリを使うこと

スマートフォンには電子マネーを入れるアプリもあります。電子マネーを使うようにすると、おつりで小銭をもらうこともありません。

この方法の問題点は、スマートフォンを持ち運ぶ必要があることです。スマートフォンはランニングで邪魔になりますから、好き嫌いが分かれます。

スマートフォンを持ち運ぶためのホルダーもありますが、毎回のランニングでホルダーを使うのは面倒です。

私はランニングをしているので経験していますが、タイムを追求するランナーはスマートフォンを持ち運びたくないでしょう。

ゆっくりのランニングをする場合には、スマートフォンが邪魔になることはありません。しかし、インターバルトレーニングやタイムトライアル、マラソン大会ではスマートフォンが邪魔になります。

 

テープで小銭を固定する

テープで小銭を固定すると、小銭がぶつかって音がすることはなくなります。しかし、ランニングのたびにテープを出すのは面倒ですし、小銭を使った後のおつりにはうまく対処できません。

 

ICカードや電子マネー

都会に住んでいる人は、クレジットカードの代わりにICカードなどを持ち運ぶ方法もあります。しかし、地方ではICカードが普及していないので、現実的な選択肢ではありません。クレジットカードなら日本のどこでも使うことができます。

私はランニングコースの近くにショッピングセンターがあるので、そのショッピングセンターが発行する電子マネーのカードを携帯することもあります。

クレジットカードを持ち歩きたくない人は、電子マネーのカードを使ってみてください。ランニングコースが固定の場合には、この方法も便利です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です