ランニングのタイムが伸び悩むときに、ストレスを防ぐ対策や方法

ランニングのタイムが伸びずに悩んでいませんか?タイムが伸びないとストレスを感じますが、考え方を変えると気が楽になります。

私は趣味でランニングしていますが、ランニングのタイムが伸び悩むことはよくあります。しかし、ちょっとだけ考え方を変えることで、タイムが伸び悩んでもストレスを感じなくなりました。

この記事では、ランニングのタイムが伸び悩みしたときに気分が楽になる考え方を紹介します。ランニングの精神的なトレーニングの1つとして、参考にしてみてください。

1.ランニングのタイムが伸び悩むときの考え方

1-1.タイムが伸びるのは時間の問題

ランニングのタイムは必ず伸びますから、タイムが伸びるのは時間の問題です。

タイムが1か月で伸びないなら2か月かければいいですし、3か月かければ間違いなく伸びます。タイムが伸び悩むとストレスを感じますが、タイムを短期間で伸ばす必要はありません。一般ランナーには締め切りがないからです。

例えば、私は1kmのタイムが3分30秒を切ることができない時期がありました。私は当時、このタイムを出すのは無理と思うこともありましたが、今では3分20秒切りが見えています。私は当時ストレスを感じていましたが、振り返れば不要でした。

他の人も同じであり、タイムの伸び悩みは時間をかければ解決します。

 

1-2.1つ学ぶことができた

一般のランナーは素人ですから、ランニングのタイムが伸びないのも勉強と思ってみてください。経験を積むこともランニングの成長の1つです。

私は本格的なランニングを始めた1年目に、半年間で1kmのタイムを1分縮めようとしたことがあります。これは不可能な目標設定でしたが、当時の私は気づきませんでした。

私はこの目標を達成することはできませんでしたが、ベテランランナーに1つ近づいたと思っています。現実的な目標を設定できるようになりました。

 

ストレスの対処もランニングの1つ

ランニングにはいくつかの面がありますが、タイムが伸び悩むときのストレスやフラストレーションの対処もランニングの1つです。タイムが伸び悩んだときはストレス対策を学ぶチャンスかもしれません。

ストレス対策はメンタルトレーニングの1つでもあります。

 

1-3.タイムが伸びなくても悪くない

タイムが伸びなくても悪いことではありません。タイムが伸びないとストレスを感じますが、自分が劣っているわけではありません。

高校生は3年間で成果を出す必要がありますし、実業団のランナーは成績不振で契約解除になることもあります。しかし、一般ランナーはこれらを心配する必要がありません。一流選手になるのは無理ですが、それでも十分です。

タイムが伸びなくてもランニングを楽しむことはできますし、健康を維持することもできます。少し成長が遅くても恥ではありません。

 

1-4.体は成長している

神経や毛細血管はランニングのたびに発達します。体の内側は成長しているので、ランニングのタイムが伸びなくても気にしないでください。

 

スキーが上達するのは夏

スキーはランニングと違いますが、スキーが上達するのは冬ではなく夏といわれています。スキーで発達した脳の神経が整理されるには、時間がかかるからです。ランニングも同じであり、成長には時間がかかるだけです。

 

2.おわりに

ランニングのタイムが伸びないと強いストレスやフラストレーションを感じますから、これらとうまく付き合ってください。ランニングのタイムが伸びるのは時間の問題ですから、必要がないストレスで苦しむことはありません。

ランニングのタイムが伸びない人はトレーニングの方法を間違えている可能性があります。トレーニングの本などを読んでみてもいいかもしれません。

私は10kmのタイムが伸びない時期がありましたが、スピードトレーニングが足りなくて成長が頭打ちになっていたことが原因でした。他の人も同じかもしれません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です