夏の辛いランニングやジョギングを楽しくする方法

夏のランニングやジョギングは暑くて辛いですが、楽しくすることもできます。

ランニングやジョギングに限ったことではありませんが、何かを楽しむコツは自分なりの目標やゴールを設定することです。ランニング以外の目標を設定すると、ランニングを楽しむことができます。

この記事では、夏のランニングやジョギングを楽しくする方法を紹介します。夏のランニングにうんざりしている人は参考にしてみてください。

1.真夏のランニングやジョギングを楽しくする方法

1-1.いろんなジュースやアイスを試す

夏のランニングやジョギングは辛いですから、コンビニや自動販売機でジュースやアイスを買うようにしてください。

せっかくですから、いろんなジュースやアイスを食べつくすのがおすすめです。ランニングが辛い夏を、気になるジュースやアイスを試す機会にしてください。

例えば、いつも同じジュースを飲む人は、違うジュースを選んでみてください。ジュースにはスポーツ飲料だけではなく、栄養が入っているものや炭酸飲料もあります。新しいものを試すだけでも楽しみになります。

私は普段コンビニに行きませんし、自動販売機でジュースを買うこともほとんどありません。しかし、7月や8月の暑い時期にはジュースを買うこともあります。

ジュースは新作が多いですし、いくつかのコンビニを回ればかなりの選択肢があります。

 

ランニングやジョギングの距離も増える

ジュースを飲むと気力が回復するので、ランニングの距離を増やすこともできます。夏に長い距離のランニングができない人は、ジュースを買うべきです。

500mlのジュースでランニングできる距離が5kmほど増えるなら、効率的な投資ですし熱中症対策を兼ねることもできます。

私はLSDというランニングのトレーニングをしたことがあります。これは長距離のランニングをすることで、持久力を鍛えるものです。私がLSDをするときには、好きなジュースやアイスを食べるようにしています。

これくらいの楽しみがなければ、ランニングも長続きしません。

 

1-2.別の目標を持つ

夏のランニングやジョギングは辛いですから、速く走ったりタイムを更新することはできません。タイムの更新を目標にしていると、ランニングがつまらなくなります。夏にランニングするなら、別の目標をもつようにしてください。

例えば、私は7月と8月に月間走行距離を増やすことにしました。普段の月間走行距離は200kmくらいですが、7月と8月には250kmを目標にしています。月間走行距離を増やすことは簡単にできます。

他にも、普段は通らないエリアを散策することもできます。これはマラニックと呼ばれます。

 

1-3.ゆっくり走る

暑い夏のランニングやジョギングは辛いですが、ゆっくり走れば楽です。ランニングが辛い人はゆっくり走るようにしてください。ゆっくり走るとトレーニングにはなりませんが、ランニングができないよりはましです。

私は5分/kmのペースでランニングしますが、暑い夏には10秒ほどペースを遅くします。これだけでも、ランニングがかなり楽になります。辛いときには途中でショッピングセンターなどで休むこともあります。

この方法ではランニングの負荷が弱くなりますが、ランニング月間走行距離を稼ぐことはできます。暑い夏くらいは、休みながらでも構いません。

 

2.おわりに

暑い夏でも、ランニングやジョギングを楽しむことはできます。自分なりに楽しくする方法を見つけてみてください。

この記事で紹介した方法は、タイムを追求するシリアスなランナーには適していません。シリアスなランナーには、ジムに通うのがおすすめです。ジムではエアコンが効いているので、夏でも激しいトレーニングができるからです。

シリアスなランナーは疲労回復のために、ゆっくりランニングすることもあります。ゆっくりランニングする際には、この記事で紹介した方法が役立ちます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です