ランニングで腹が冷えるときの対策。腹の冷たさを解消する方法

冬などの寒い時期にランニングをする人は、腹が冷えて困っていませんか?ランニング中に腹が冷えるのはよくあることですが、この対策をすることもできます。

この記事では、冬のランニングで腹が冷えて困っている人を対象に、腹の寒さに対する対策を紹介します。

 

1.ランニングで腹が冷えるのを防ぐ方法

1-1.スポーツ用の腹巻

腹の冷たさを解決するには、腹巻を使う方法があります。

腹巻にはスポーツ用のものもありますが、家で使うものでも十分です。ランニングでタイムを追求する人はスポーツ用の腹巻を使うべきですが、まずは家で使っているものを試してみてください。それで腹の保温がうまくいくなら、スポーツ用の腹巻を購入してみてください。

腹巻の代わりに、タオルや服などを腹に巻き付ける方法もありますが、これらをすると動きにくくなるのでおすすめしません。

 

1-2.裏起毛されたランニングタイツ

裏起毛されたタイツは腹の体温を維持するのに役立ちます。
体に密着するランニングタイツは冷たい空気が腹に触れることを防ぎますし、上半身のランニングウェアをタイツの中に入れることもできます。上半身のランニングウェアをタイツの中に入れると外見が悪くなりますが、上にランニングジャケットやパーカーを着ると、外からは見えなくなります。

裏起毛されたタイツは足や下腹部の体温の維持にも役立ちます。
上半身の保温に関しては、パーカーやランニングジャケット、ランニングウェア、シャツの3枚がありますから、十分に体温を維持することができます。
足や下半身の保温に関しては、ランニングタイツしかないので保温力が低いですし、足で冷えた血液が腹に流れると、腹が冷えることにつながります。

私は趣味でランニングをしているので経験していますが、もっとも寒さを感じるのは下半身です。上半身は保温がしっかりしていますし、手は毛糸の手袋などがありますからほとんど寒くありません。しかし、表面積が大きい下半身の保温をするのは薄いランニングタイツだけですから、冷たい空気を感じます。

 

1-3.懐炉

腹の体温を維持するには、腹の近くで懐炉を使う方法もあります。ランニングタイツや腹巻の中に懐炉を入れると腹が温かく感じますし、ランニング中にもずれません。

懐炉を使うことの問題点は費用が高いことです。寒い時期のランニングで毎日懐炉を使うと、そのシーズンにかかる費用は数千円になるかもしれません。ランニングが終わってからも懐炉を使うことはできますから、会社や学校などで懐炉を使う人はランニングの懐炉をそのまま使うこともできますが。

 

1-4.ランニングのペースを上げること

腹が冷えて問題になるのは男性より女性が多いでしょうが、この理由はランニングのペースが男性より遅いことです。ランニングペースを早くすると発熱の量が増えるので、腹の体温を維持することに役立ちます。

筋肉の量が少ない女性は男性より体温が低いですが、これはランニングで腹が冷えることと関係がありません。男性と女性の体温の差は0.5度くらいですし、ランニングの際中には十分な発熱量があるので体温の差は問題になりません。

私は1983年生まれの男性で体重が62kgですが、気温が3度のときに、5分/kmのペースで1時間のランニングをしても腹が冷えることはありません。ランニングで腹が冷える人はこれより速いペースで走ってみてください。
ランニングで消費されるカロリーは熱になりますから、ランニングの消費カロリーを上げることが体温の維持につながります。

 

1-5.スポーツジムに通うこと

冬の寒い時期に限って、ジムに通う方法もあります。ジムは屋外ほど寒くないですし、ランニングウェアを工夫する必要もありません。冬の時期に雪が降ってランニングができない人は、ジムに通うことも考えてみてください。

 

2.おわりに

腹が冷えると体調が悪くなったり、下痢になることもあるので注意してください。ランニングは健康の維持に役立ちますが、体が冷えると風邪を引くことにつながります。十分なスピードでランニングをするなら体が冷えることはないですが、寒さを感じるなら問題があります。

この記事ではいくつかの方法を紹介しましたが、ランニングウェアを使う方法がおすすめです。ランニングウェアを買うとずっと使うことができるので、トータルの費用は他の方法より安くなります。
私は冬のランニングのためにランニングタイツを買いましたが、ランニングがしやすくて温かいので気に入っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です