通勤ランや帰宅ランでスーツと革靴をどうする?スーツのしわを防ぐ方法と対策

通勤ラン(通勤ランニング)や帰宅ラン(帰宅ランニング)をする人は、スーツや革靴など荷物の持ち運びに困っていませんか?スーツをたたむとしわになりますし、革靴は重たくて大きい荷物ですからランニングの邪魔になります。

この記事では、通勤ランや帰宅ランをする人を対象に、スーツや革靴の対策を紹介します。

 

1.通勤ランや帰宅ランでのスーツと革靴の対策

1-1.スーツを会社に常備しておくこと

通勤ランや帰宅ランをする人は、スーツを会社に常備しておくことがおすすめです。通勤ランや帰宅ランの際にスーツを持ち運ぶことは難しいですが、会社にスーツを常備すればこの問題がなくなります。

私服で勤務する人は、来客に備えてスーツを会社に常備していることがよくありますから、ランナーが職場にスーツを常備しておいてもいいでしょう。
例えば、役員は外部の人との打ち合わせが多いですから、通常のスーツとフォーマルスーツを会社に常備することが多いです。

スーツにはクリーニングが必要ですが、この頻度は2か月~4か月に1度で十分です。クリーニングが必要なときに限って、家にスーツを持って帰ってください。シーズンが終わるタイミングでスーツを持って帰るだけなら、毎日の通勤ランや帰宅ランを妨げることはありません。

 

会社にロッカーがない場合

会社にロッカーがない人はスーツバッグにスーツをたたんでおくと、スーツがしわになることを防ぐことができます。また、スーツバッグを机の横にかけておくことができます。

机を使って作業をしている人の場合には、机の1番下にある大きい引き出しにスーツをたたんで入れる方法もあります。机の引き出しに鍵をかけることができるなら、防犯の点からも安心です。

職場の個人スペースは人によって違いますから、うまい方法を考えてみてください。

 

1-2.革靴も会社に常備しておくこと

革靴は重たくて大きいですから、通勤ランや帰宅ランで持ち運ぶことは難しいです。革靴もスーツと同じように、会社に常備しておくことがおすすめです。革靴に関してはスーツと異なり、毎日ローテーションをする必要がなく会社に1足だけ常備するだけで十分です

私服で勤務することができる会社では、会社にスリッパなどを置いておく人もいますから、革靴を会社に常備しておいても問題にならないでしょう。

会社に革靴を常備しておく人は、家に置いておく革靴と会社に常備する革靴の2足が必要になります。革靴が1足しかない場合には、作業をする場所が急に変わったときに困りますので、家に少なくとも1足の革靴を置いておくことがおすすめです。

 

1-3.革靴の代わりにランニングシューズを履くこと

通勤ランや帰宅ランのランニングシューズでそのまま勤務すると、会社に革靴を常備する必要がありません。

ランニングシューズには色やデザインが控えめで、スーツを着ながらでも履くことができるものがあります。
例えば、色が黒で統一されているランニングシューズに関しては、スーツとセットで着用しても違和感がありません。フォーマルな場面では難しいですが、通常の勤務では問題にならないでしょう。

デザインが控えめのランニングシューズには多くのものがありますから、職場の雰囲気や同僚の靴を観察して問題がなさそうなランニングシューズを探してみてください。
デザインが控えめのランニングシューズには、以下のようなものがあります。

 

ランニングシューズにこだわりがある人は、そのランニングシューズで黒色のものを試す方法もあります。職場でそのランニングシューズを履くことができない場合でも、通常のランニングで履くことができますから無駄になりません。

 

2.おわりに

スーツで勤務する人はワイシャツやネクタイなども必要になりますが、これらは軽いのでランニングの際に持ち運んでも問題になりません。

通勤ランや帰宅ランをする際には、毎日ではなく週に2回~3回にすることがおすすめです。通勤ランや帰宅ランを毎日するとスーツの運用が難しくなりますが、週に2回程度なら簡単です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です