雨の日や梅雨のランニングやジョギングの注意点

雨や梅雨でランニングができなくて困っていませんか?雨の日にランニングする簡単な方法は、いつもの服装とコースでランニングすることです。やってみるとわかりますが、雨の日でも防水性のウェアはいりません。

雨の日を休養日にする方法もありますが、タイムを追求するランナーは雨の日にも走る必要があります。ランニングの代わりに筋トレしても、体力を維持できません。

この記事では、雨の日にもランニングするための方法を紹介します。雨で走れないランナーは参考にしてみてください。

1.雨の日のランニングウェア(服装)

雨の日はいつものランニングウェアを着る

雨の日には防水性のランニングウェアが必要と思うかもしれません。しかし、防水性のランニングウェアは不要であり、いつものランニングウェアで十分です。

防水性のランニングウェアにはレインコートやポンチョ、雨がっぱなどがありますが、これらを使うとランニングが難しくなります。いつもと同じ服装でランニングするのが簡単です。

雨合羽としてごみ袋を被る方法もありますが、ガサガサして不快であり外見的にもよくありません。

手ごろなランニンググッズがあるので紹介します。

 

雨の日は帽子を被る

雨の日にランニングするには、2つの理由で帽子を被る必要があります。

1つは雨が顔にあたると辛いことです。もう1つは目に雨が入ると視界が遮られたり、目の周囲の汗や脂が目に入って目が痛くなることです。

防水性の帽子は不要で、いつもの帽子で構いません。帽子にはいろんなデザインがありますが、キャップのように帽子のつばがあるものがおすすめです。

私は綿製の帽子を使っていますが不都合はありません。髪は雨で濡れますが、目に雨が入ることはありません。

 

古いランニングシューズを履く

健康やダイエットを目的としてランニングする人は、雨の日に古いランニングシューズを履いてください。新品でも構いませんが、汚れるともったいないです。

雨の日のために複数のランニングシューズがあると快適ですが、1足だけでも構いません。雨で濡れたランニングシューズを履くのは気持ち悪いですが、ランニングを始めると気になりません。

タイムを追求するランナーは、雨の日でも古いランニングシューズを履くべきではありません。古いランニングシューズはクッションが劣化しているので、足が痛くなるからです。

以下の記事で、タイムを追求する熱心なランナーは古いランニングシューズを履くべきでない理由を紹介しました。参考にしてみてください。

雨の日に古いランニングシューズを履くのは危険

 

傘は使わない

雨に濡れないように傘を使う方法もありますが、これはランニングが辛くなります。腕を振るのに邪魔になりますし、肩がこります。

私は傘を持ってランニングしたことがありますが、かなり辛かったです。雨に濡れながらランニングするほうが簡単でした。

ランニングすると腰や肩が痛くなる人もいます。この理由の1つはランニングフォームが悪いからです。傘をさしてランニングするとランニングフォームが悪くなるので、体を痛めることにつながります。

 

2.雨の日にランニングする方法

雨の日のランニングコース

雨の日にランニングするなら、特別なコースはいりません。いつもと同じコースでランニングしてください。雨に濡れないコースを探すのは難しいですし、ほとんどの人は見つけることができないでしょう。

私は雨でも濡れないランニングコースを探してみましたが、手ごろなものはありませんでした。結局、雨の日にも同じコースで走るのが1番です。道路やアスファルトは濡れても滑りにくいので、ランニングに適しています。

私のランニングコースは晴れの日も雨の日も同じで市街地ですが、不都合はありません。雨の日にランニングをしていると周りの視線が気になりますが、雨の日にランニングするなんてすごい!と思われているのでしょう(笑)

 

雨の日のトレーニング

雨の日は走りにくいですから、速いスピードで走るトレーニングは控えるほうが安全です。滑って転ぶと怪我するだけです。

例えば、レペティションやインターバルトレーニングは速いスピードで走りますから、転んだときにも怪我しやすくなります。

私は雨の日のランニングでは、1時間の普通のランニングをします。

 

3.雨の日にランニングすると風邪をひく?

雨の日にランニングすると、風邪をひくと思うかもしれません。

私は雨の日にもランニングしますが、風邪をひいたことはありません。ランニング中は体温が下がらないですし、寒くなることもありません。免疫の強さには個人差がありますが、寒くない時期なら大丈夫だと思います。

雨の日のランニングが終わった後は、シャワーを浴びてください。ランニング中に体が冷えることはありませんが、ランニングが終わった後は体が冷えて風邪をひく可能性があります。

ランニングに限ったことではありませんが、体が濡れた状態でいるのは危険です。

 

4.おわりに

雨の日にランニングができなくて困っている人は、勇気をだして雨の日にランニングをしてみてください。ランニングを始めると、雨が気になりません。雨の日のランニングは、晴れの日のランニングより頑張っている気がします!

雨や梅雨のシーズンにはジムに通う方法もあります。ジムなら雨に濡れずに快適にランニングをすることができます。とりあえず雨の日に屋外で走ってみて、駄目ならジムに通うことも考えてみてください。

 

雨で走れないときにすること

雨の日に走れない人は他にもするべきことがあります。ランニングのトレーニングは筋トレだけではありません。

以下の記事で、ランニングできないときにするべきことを紹介しましたので、参考にしてみてください。筋トレより大きな効果があるものを紹介しました。

雨や怪我でランニングできないとき。走れないときにするべきこと

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です