テスラ TESLA メンズ HyperDri ランニングショーツ のレビュー・評価

ランニング用のハーフパンツには、TESLA メンズ HyperDri ランニング ショーツがおすすめです。

私はこのハーフパンツを履いてランニングしていますが、これに満足しています。ランニングしやすいですし、価格も高くありません。

この記事では、TESLA メンズ HyperDri ランニング ショーツの評価・レビューを紹介します。ランニング用のハーフパンツを探している人は参考にしてみてください。

1.テスラのランニングショーツMBH25の感想

1-1.普通のランニングには十分

私は趣味でランニングしています。このハーフパンツには特別な機能がないかもしれませんが、一般人が趣味でランニングする程度ならこれで十分です。

私は毎日1時間ほどランニングしますが、これで困ったことはありません。私のランニングのペースは5分/kmくらいです。

 

1-2.ポイント練習もできる

私はインターバルトレーニングや閾値走、レペティションなどのポイント練習をすることもあります。これらはランニングの能力を高めるためのハードなトレーニングです。

私がテスラのハーフパンツを履いてポイント練習をしたところ、問題なくすることができました。

例えば、私がレペティションをするときには200mを32秒~36秒ほどで走りますが、このスピードでも大丈夫です。

 

1-3.インナーがついている

このハーフパンツにはインナーがついています。インナーがついているハーフパンツは初めてでしたが、不都合はありませんでした。インナーがあっても動きやすいですし、股間が蒸れたりしません。

 

1-4.カジュアルなら5インチ以上がおすすめ

ランニングではなくカジュアル用として、ハーフパンツを履く人もいます。カジュアルのハーフパンツとしては、5インチ以上のものがおすすめです。

3インチや4インチのハーフパンツは、速いランニングや陸上をする人が履くためのものです。男性のカジュアルな服としては苦しいかもしれません。

私は男性で身長が181cmです。私は5インチのMBH25を買いましたが、このハーフパンツの長さは膝の上の15cmになります。

 

1-5.チャック付きポケットが便利

ハーフパンツに家の鍵や小銭を入れることもありますが、それにはこのハーフパンツの後ろにあるポケットが役立ちます。このポケットにはチャックがついているので、物を落とす心配がありません。

例えば、私はショートインターバルトレーニングで200mのダッシュを繰り返すときには、チャック付きのポケットに小銭を入れます。

また、左右のポケットに物を入れると、ランニングの邪魔になって嫌がる人もいます。このタイプの人は後ろのポケットを使うといいでしょう。

このポケットはあまり大きくないので、家の鍵や小銭を入れるのが限界です。スマートフォンを入れることはできないと思います。

 

1-6.安い

ハーフパンツのブランドにはいくつかありますが、このハーフパンツは高くありません。私はこれより高いハーフパンツを他にも持っていますが、他のものと同じくらいこのハーフパンツに満足しています。

私はテスラのハーフパンツだけでなくランニングタイツも使っていますが、このランニングタイツも気に入っています。私は今後もテスラのスポーツウェアを使っていくつもりです。

テスラのスポーツウェアを使ったことがない人は、試してみてください。

 

2.こんな人におすすめ

このハーフパンツがおすすめの人は、以下のような人です。このハーフパンツのサイズには3インチ、4インチ、5インチがあります。

  • 普段のランニングで履くハーフパンツが欲しい人(4インチか5インチ)
  • 特別な機能を求めない人(5インチ)
  • 本格的な陸上や短距離のランニングをしている人(3インチか4インチ)
  • カジュアルなハーフパンツが欲しい人(5インチ)

サイズによって、ポケットの有無などが異なります。興味がある人はチェックしてみてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です