ランナーが禁酒するべき理由。ランニングをする人はアルコールをやめるべき

ランニングをしている人は飲酒をする習慣がありませんか?ランニングをした後、頑張った自分へのご褒美として飲酒をする人も多いでしょうが、これを続けているとアルコール依存症になりやすくなります。

ランナーが酒をやめるべ理由は、タイムを追求することだけではありません。ランナーはアルコール依存症やアルコールによる健康問題が起きる危険が高いからです。

この記事では、ランニングをしている人はアルコール依存症になりやすいこと、禁酒をするべきである理由を紹介します。ほとんどのランナーは自分の健康状態に自信があるでしょうが、アルコール依存症に関しては、ランニングをしない人より危険かもしれません。

 

1.ランナーが禁酒するべき理由

1-1.ランナーはアルコールを飲みすぎるから

ランニングをしている人には、ランニングをすることで健康に努めているから酒を飲んでも構わないと考えている人がいるでしょう。また、ランニングで頑張った後の自分へのご褒美としてアルコールを飲む人、飲酒による肥満を防ぐ目的でランニングをする人もいます。

まずいことに、ランナーはランニングをしているという大義名分があるので、ランニングの習慣がない人より酒の量が増えやすくなります。ランニングで疲れた後は判断力が低下しますから、つい酒を飲んでしまうことも多くなります。
ランナーは経験しているでしょうが、酒を飲みすぎたとき、自分はランニングをしているから大丈夫と考えたことがあるでしょう。

酒を飲むことは悪いことではありませんが、酒を毎日飲んでいるとアルコール依存症になりやすくなりますし、咽頭がんなどの危険を高めます。ランナーはいずれ引退しますが、引退後も酒を飲む習慣は残ってしまうので、ランニングをしない人より健康を失いやすいかもしれません。

 

1-2.胸焼けの原因になるから

ランニングをしていて問題になることの1つには胸焼けがありますが、その理由は飲酒をすることで逆流性食道炎になっていることかもしれません。逆流性食道炎になると、胃の入り口がうまく閉じることができないので、胃液が食道に逆流して胸焼けになります。アルコールは逆流性食道炎になる原因の1つです。

 

1-3.肌の問題やかゆみの原因になるから

ランニングをしている人は体を酷使していますから、肌などに問題がでることがあります。日光や汗による肌荒れが多いですし、エネルギー代謝のためにビタミンを多く消費して、栄養不足になることなどがその原因です。

アルコールの代謝にはビタミンが必要ですから、ランナーで飲酒をする人はビタミンの不足になりやすくなります。私も経験していますが、ランニングをすることがきっかけで肌の調子が悪くなる人も多いです。

ランナーのかゆみの原因に関しては、以下の記事で紹介しましたので参考にしてみてください。アルコールが原因とは限りませんが、原因の1つである可能性はあります。

ランニングや運動でかゆくなる人がするべき対策

 

 

2.おわりに

ランナーが飲酒をやめる動機は、マラソン大会などのタイムが悪化しないようにするためですが、アルコールの害はそれだけではありません。タイムが悪化することは残念ですが、アルコール依存症や心身の健康を失うことは致命的な問題になります。

 

2-1.ランナーにおすすめの禁酒テスト

この記事を読んでも、ほとんどのランナーは危険性をあまり感じないでしょうから、1つだけテストをしてみることをおすすめします。1週間だけ禁酒してみてください。1週間の禁酒ができるランナーはアルコール依存症ではないでしょうし、必要なら酒をやめたり減らすこともできます。

私はアルコールを24才から30才まで飲み続けてから禁酒しましたが、酒を飲まない日中にもアルコールのことを考える期間が半年ほど続きました。私はほとんどアルコール依存症になりかけていたと思います。

数年以上の飲酒経験があるランナーは、このテストをしてみることをおすすめします。ほとんどの人はアルコール依存症ではないでしょうが、アルコール依存症に近づいているかもしれません。もし、テストの際中にアルコールへの強い衝動を感じるなら、酒をやめることをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です