ランニングで日本一周はできないけど、都道府県の横断や縦断はできる

ランニングで日本一周することに興味がありませんか?ランニングで日本一周することは難しいですが、都道府県の横断や縦断なら現実的な目標になります。

この記事では、ランニングで都道府県の横断や縦断することを紹介します。
ランニングの上級者、フルマラソンを完走して目標がなくなった人は参考にしてみてください。

1.ランニングで日本一周は難しい

ランニングを趣味にしている人は、日本一周を考えたことがあるかもしれません。しかし、ランニングで日本一周するには、以下のような問題があります

  • 必要な期間が1年以上になること(仕事を続けるのは難しい)
  • 予算(旅費)
  • 走行距離が多すぎて、足を故障すること
  • 荷物の持ち運び

ランニングで日本一周する人もいますが、ほとんどの人にとって現実的ではありません。

 

2.都道府県の横断や縦断のランニング

2-1.距離

ランニングで日本一周をすることは難しいですが、都道府県の横断や縦断なら簡単です。住んでいる都道府県にもよりますが、横断や縦断に必要な距離は50km~200km程度です。

例えば、千葉県の南端から東京にランニングするとしたら、そのコースは約120kmになります。フルマラソンの経験者はこの程度の距離を走ることはできますし、練習すれば足が故障しない距離です。

ランニングを趣味にしている人は大きな目標の1つとして、都道府県の横断や縦断にトライしてもいいと思います。自分で距離を自由に設定することができますし、ウルトラマラソンの練習にもなります。

 

2-2.日数や時間

都道府県の横断や縦断のランニングは1日から2日で終わります。3連休に挑戦することができますし、宿泊にはホテルを使うことができます。市街地を走れば、補給やトイレに困ることもありません。

ランニングの距離が100kmだと仮定すると、ランニングの上級者はこれを12時間ほどで走ることができます。慣れていない人は2日ほどの計画を立てるといいでしょう。1日目に70km、2日目に30kmを走るようにすると、余裕をもって完走できます。

 

2-3.練習の方法

100kmや200kmのランニングをするなら、ウルトラマラソンのトレーニングが必要です。ウルトラマラソンの練習を参考にしてください。

ウルトラマラソンには12時間走や24時間走、100km走や200km走などがありますから、100kmを走ることは不可能ではありません。

 

2-4.予算と荷物

必要な予算はホテル代や交通費を考えて、1万円~2万円ほどで十分です。日本一周のランニングには着替えなども必要ですが、1日のランニングなら不要です。

都道府県の横断や縦断のランニングは大きな目標を達成するためであり、タイムを測定するためではありません。ランニングと観光を兼ねたり、地元の美味しいものを食べてみるのもおすすめです。

しっかりした食事をするとランニングの邪魔になりますが、有名なお菓子の店などを見て回ると面白いかもしれません。お菓子なら補給食にもなります。

 

3.おわりに

ランニングの上級者でウルトラマラソンに興味がある人は、自分なりの目標の1つとして、都道府県の横断や縦断を考えてみてください。100km走や200km走の大会に参加してもいいですが、住んでいる都道府県で同じことができます。

おすすめのコースはありませんが、2020年の東京オリンピックの聖火リレーのコースを参考にしてみるといいかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です